New Disc : Michael Baird "Thumbs on the Outside"

New Disc : Michael Baird \"Thumbs on the Outside\"_d0010432_22304889.jpg


 マイケル・ベアード Michael Baird の新作 "Thumbs on the Outside" (SWP 067) が先ほどようやく到着。オランダから発送された後、実に50日もかかった。

 SWP Records を主宰するマイケルの "Luangwa to Livingstone" (SWP 053) と "Music from Barotseland" (SWP 058) は圧巻のザンビア現地録音 4CD 2セットだったし、同じくザンビアで高齢のマエストロ2人を追い、失われつつある彼らの音楽を記録した映画のサントラ "Mutanuka and Syasiya" (SWP 066) も素晴らしい内容だった。

 それらに続く新作はマイケル自身の多重録音によるソロ・アルバム。半数ほどのトラックにはそれぞれ一人ずつゲストが加わるけれど。ループする複雑なポリリズムの上に、鳴り物系パーカッションや親指ピアノなどが幾重にも重なる。過去に日本でも人気を博した彼のソロ作と同様、エクスペリメンタルな面白さに溢れているし、リヴァーブ感もマイケルらしい処理だと思う。

 "Hello Hello Lilo" でヴォーカル参加するのは Lilo。聴こえるのは赤ん坊の声。これってマイケルの初孫では?

 "Ainu" は5拍子がベースのポリリズムで、アイヌの歌い手、安東ウメ子からインスピレーションを得て作られたという。ならば、私たち日本人との交流がもたらした音楽と言えるのかもしれない。北海道生まれの自分にとっては「どこがアイヌ?」とも思ってしまったが、「支配、差別、文化の破壊、そしてその後の絶望に苦しんでいるすべての先住民に捧げる」(to all indigenous peoples, who have suffered domination, discrimination, destrusction od culture and subsequent depair)とのこと。まあ、そういうことなのだろう。美しい曲だ。

 "Kasai Neighbours" はタイトル通り、コンゴのビートを連想させる。一人 Kasai All Stars といった様相で、アフリカに生まれ探求を続けてきたマイケルにしか生み出せないサウンドだろう。"Gabon" という気にさせながらも、全然アフリカらしくないシンセ中心のトラックもある。

 終盤は穏やかトラックが並ぶ。中でも "Resurgent" の美しいこと。まるで安東ウメ子の子守唄を聴いているかのよう。

 マイケルのソロ・アルバムとしては、これまでで一番いいんじゃないだろうか。

 以上は、ひとまず一度聴いての雑駁な感想です。(CD 受け取ってから約1時間でレビュー書いたのは多分初めてかも?)

 Thanks to Michael Baird !!!



(追記)2022/04/20

 マイケル・ベアードから連絡を受け、以下のことを教えていただいた。Michael, thanks again !!

1)トラック2 "Lilo" の声はやっぱりマイケルの初孫 Lilo という名前のお嬢さんのものだそう。

)トラック4の "Ainu" は5拍子ベースではなく、9/4拍子とのこと。それも 5/4 + 4/4 から 3/4 + 3/4 + 3/4 に移行するポリリズムなのだそう。( 'it is in 9/4, but grouped 5/4 + 4/4. Then I play 3/4 + 3/4 + 3/4 against it (= 9/4)' )1回聴いただけでは 5/4 が基本ビートで、そこにタイミングのずれた別のビートが乗っていると思い違いしてしまったようだ。訂正します。

3)トラック5の "Kasaï Neighbours" はコンゴのカサイの音楽にインスパイアされたものだが、それはずっと昔(ヒュー・トレイシーのリイシューをしていた頃?)からのことなのだそう。( 'Yes the track ‘Kasaï Neighbours’ was inspired by the group Basokin (part of the Kasaï Allstars), but the inspiration for me is also older: listen to tracks 10 and 11 on SWP 011 ‘Kanyok and Luba’, recorded in 1957. This tempo is traditional, and typical of the Kasaï region.' )







by desertjazz | 2022-04-19 22:22 | 音 - Africa

DJ

by desertjazz