Star Band 研究(2)

Star Band 研究(2)_d0010432_20403679.jpg


 スターバンド Star Band de Dakar の最初の4枚(Vol.1〜4)をじっくり聴き直したところ、興味深い発見がいくつかあった。


 1960年のセネガル独立を記念してイブラヒム・カッセ Ibrahim Kassé が結成したスターバンドは、70年代に入ってからレコード制作も始めた。その1枚目には、イブラヒムが所有しスターバンドが出演するクラブ名「ミアミ」を中央にデザインしたもの("LE MIAMI" BAR DANCING と書かれている)と、タイコを叩く男のイラストのものの2種類がある(どちらも番号は IK 3020)。

 収録曲はラテン色がまだ強く、ナイトクラブで演奏されるムード音楽っぽいものが多い。困りものなのは、曲目クレジットがかなり不正確なこと。例えばA面1曲目は Cortijo y su Combo の "Bamos Pa'al Monte" と書かれているが、Cortijo にそんな曲はあっただろうか? Eddie Palmieri の "Vámonos Pa'l Monte" かとも思ったのだが、私には同じ曲には聞こえない。確かに Bamos Pa'al Monte... というフレーズを口ずさんでいるものの、"Guantanamera" のメロディーに乗せて、その歌詞を変えているように聞こえるのだが。


 B面最後の "Thiely" は Du Grand Combo の曲となっている。しかしこれは明らかに "Moliendo Café (Coffee Rumba)" のカバーだろう。70年代当時のセネガルでは、曲名などはミュージシャンたちの間で案外適当に呼び合ってやりとりしていたのかもしれない。


 私はラテン音楽には疎いので、勘違いしているのかも知れない。キューバ音楽などに詳しい方からのご教示をいただきたい。


 ジャケットに "LE MIAMI" とデザインされたファースト・プレス?の裏ジャケットには、バンドメンバーが並べられている。だが、これも信用できない。このファースト・アルバムに限らず、ヴォーカリストなどがレコードレーベル面の表記とは結構食い違っているからだ。

 それでもメンバーのリストに「Thierno saxo alto」と書かれているのを見て、おや?と思った。これはオーケストラ・バオバブ Orchestra Baobab のチエルノ・コイテ Thierno Koite ではないだろうか? "Malaguena" や "Thiely" といった曲では、滑らかで麗しいアルトサックスを聴けるのだが、この音色はチエルノの演奏に間違いない(サックスはもう一人 Pape Seck が入っているのだが、彼はテナーだ)。

 私は70年代セネガルの最重要アルバムは、Le Sahel の "Bamba" (1975)、Idy Diop (Idrissa Diop) の "Dioubo" (1976)、Xalam (un) の "Daïda" (1975) の3枚だと考えている。ラテンの受容時代から脱却してンバラへと向かう姿が強く感じられるからだ。その3枚中、先の2枚にチエルノが参加している(そもそも彼は Cheikh Tidiane Tall、Idy Diop らとともに Le Sahel を結成したメンバーだ)。"Bamba" などがリリースされた1975年というのは重要な年で、Le Diamono のファースト・アルバム "Biita - Baane" のリリースも同年だ(当時 Omar Pene はまだリーダーではなかった)。そしてこのアルバムにもチエルノがクレジットされている。1975年はバオバブが Buur からアルバムを5枚(BRLP 001〜005)リリースするという大躍進を果たした年でもある。だがこれらのアルバムにはチエルノは参加しておらず、後年バオバブでの活躍を考えると、少々不思議な巡り合わせに思えてくる。

 チエルノ・コイテは Star Number One の結成にも関わっているし(ファーストとセカンドの2枚のアルバムにクレジットされている)、バオバブだけでなく、ユッスー・ンドゥール Youssou N'Dour et Le Super Etoile de Dakar での活躍も広く知られていることだろう。ンバラの人気に押されてバオバブが解散状態だった頃に、イッサ・シソッコ Issa Cissoko とともに "Set" などのレコーディングに参加し、ユッスーと来日も果たしている。

 アフリカ音楽の全アルバムの中で一番好きなのは、ユッスーのカセットYoussou N'Dour et Le Super Etoile I De Dakar "Jamm - La Paix - Vol. 12"。生涯の10枚に確実に入るほど愛聴している。中でもユッスーではなく、ウゼン・ンジャイ Ouzin' N'Diaye がリードヴォーカルを担当する(ユッスーはコーラスを添えている)"Ale Samba" が最高で、感涙ものの美しさ。柔らかく優しいサックスの調べも実に良いのだが、これもチエルノだと今頃気がついた(イッサとユニゾンしているのかな?)。


 Star Band、Star Number One、Le Sahel、Etoile de Dakar、Orchestra Baobab、、、これほどまでにセネガルのトップグループを渡り歩いたのは、恐らく彼以外にはいないだろう。そうした経歴を振り返ってみると、チエルノ・コイテはセネガル音楽シーンの生き字引的な存在、いや常にシーンの中央にいた最重要ミュージシャンだと言えるのではないだろうか。だからこそ、オランダのジャズ・ユニット New Cool Collective Big Band がチエルノへのリスペクトを込めて"New Cool Collective Big Band Featuring Thierno Koite" というアルバムを制作するなんてことも起きたのだろう。

 うーん、チエルノ・コイテの偉大さと重要性にもっと早く気がついていれば。2003年にフランスでバオバブのメンバーたちにインタビューしたのだが、ギターのバルテレミ・アティッソ Barthélémy Attisso とヴォーカル&ティンバレスのバラ・シディベ Balla Sidibe、それにイッサに少し話を聞いただけで終えてしまった。チエルノはやたらと目立つイッサの横に立つ地味な存在としか思っていなかったので、フランスで何度か会った時も、バオバブで来日した時もほとんど言葉を交わさなかった。


Star Band 研究(2)_d0010432_20452338.jpg

Star Band 研究(2)_d0010432_20452580.jpg


 悲しいことに、オーケストラ・バオバブはオリジナル・メンバー/主要メンバーがほぼ皆他界してしまった。それでも結成50周年を記念してのツアーが続行中。最近のライブ・ステージや新作レコーディングを映したビデオを観ると、その中心でチエルノが新加入した若手メンバーたちを引っ張っているように感じられて嬉しかった。

 チエルノ・コイテにはまだまだ元気に活動して欲しいと願う。彼には色々訊きたいことばかりなので、ダメ元でインタビューを申し込んでみようかな?


(スターバンドの1枚目と、それに参加したチエルノ・コイテのことだけで長くなってしまった。2枚目で発見したことなどについては、改めて書こう。)






by desertjazz | 2023-09-14 20:00 | 音 - Africa

DJ

by desertjazz