人気ブログランキング |

2010年 02月 01日 ( 2 )

Youssou N'Dour, Le Clezio, et al.

d0010432_22202536.jpg
 Youssou N'Dour が久しぶりにドメスティック盤の新作をリリース(2009年12月)。

 - Youssou N'Dour & le Super Etoile / "Special Fin d'Annee 2009" -

 1. Salagne Salagne
 2. Tukki
 3. Ndakarou
 4. Lett Ma
 5. Atou
 6. Less
 7. Sama Dome
 8. Lima Wesu

 基本的には代表曲のリアレンジ録音を中心とする、これまでにも多かったアルバム構成。ポップで楽しいアレンジとなった (6)、傑作カセット "Vol.12" にも収録されていた名曲 (7)、バラード・ヴァージョンの (8)、といったあたりの再演がファンには喜ばれることだろう。詳しいレビューは後日にでも。

 対してインターナショナル盤の新作 "Music From I Bring What I Love" (Nonsuch) は発売延期を繰り返しているせいで、セネガル盤の新作の方が先に届いてしまった。この "Music From I Bring What I Love" は彼の最新ドキュメンタリー映画のサントラ。アドバンス DVD が事前にもらえることになっていたのだが、あいにく送られてこず、既に TV で放映されたこと(好評だったらしい)もおきよしさんからメールでお知らせいただくまで全く知らなくて、未だに観ていない。なので、映画の方も早く市販して欲しい。



 J.M.G. ル・クレジオの『調書 Le Proces-verbal 』(新潮社)を読了。定評通りに、なんとも難解で実験的要素の多いデビュー作。どう解釈したら良いのか、文学に疎い自分には手に余る作品だった。次の『大洪水』を読み始めたものの、より難しそうな文体。『砂漠』や『黄金探索者』などとは相当に異なる。なので、他の本を先に読もうかとも思う。



 最近、アフリカ盤が立て続けに到着。"Ethiopiques 24 : Golden Years of Modern Ethiopian Music 1969-1975" はややネタ切れ感(残りものっぽい印象)を受けたが、"Ethiopiques 25 : 1971>1975 Modern Roots" の方は粗野なサウンドが俄然魅力的。



 昨夜走り書きを終えてから、改めて考え直して思ったこと。

・多様な音楽を聴き続けることによって耳が肥えてくることが、ある面では「音に対する感性」の滋養と結びついていて、またそのことから生ずる苦しみにどう対処するかが「残りもの感」を払拭する解決策にもなりうるのではないだろうか。

・こうした感性は、味覚、読書、美術鑑賞から旅する感覚にまでも通ずる。いずれに於いても、それらの多様性をいかに楽しむかが、次第に重要性を増してくる。

・しかし、上に挙げた「苦しみ」は、音楽の場合には、いきなり最高のもの(何をもって最高とするかという問題もあるのだが)に触れてしまい得るといった特殊性から生ずるものでもある。

 …等々。それに、都市のアンビエント・ノイズをリラックスして聴き楽しんでいるのは、聞き疲れ(耳疲れ)から生じた音からの逃避などではなく、そこに認められる深い魅力に惹かれてのこと(だから「4'33"」とほとんど等質なのだ)である説明もすっぽり抜け落としてしまった。稿を改めて書いた方が良さそうだ。
by desertjazz | 2010-02-01 22:53

Diary 2010.01.31

d0010432_1284855.jpg
 姫路、好古園(2010.1.30)



 2010年も1ヶ月が過ぎた。このひと月長かったような短かったような。読書と料理と酒を飲むことに(?)忙しく、他のことまでにはあまり手を伸ばせず、結局やり残したことばかりだった。

 昨日はスーパーで土鍋が安売りしているのを見つけ、これ幸いと購入(多分在庫処分が始まったのだろうけれど、まだまだ鍋の季節だからね)。長年使ってきた土鍋の底のヒビが大きくなってきたので(かなり乱暴に扱ってきたことを反省)、買い替えようと思っていたところだった。そして帰宅後、ファムスを作り、ブログを書いてアップ(昨日書いた「姫路」も短いながら全面的に書き改めたので、夕方以降で計5本)した後は、夕食の支度をして食べて、それから明日の食事の準備をしたらもう深夜。買ってきた土鍋のメンテ(熱を通しての目地埋め)を今ようやく終えたところだ。

 昨日綴ったブログ5本は推敲も読み返すこともなく、走り書きしたもの。実際自分の考えていることの表現としては多少は不正確でも構わないと考えて書いたものだ。昨年、音に対する感性が絶対的に変化したことなどは、じっくり腰を据えて買いてみたかったのだが、いつまで経っても全然書き始められない一方で、昨年考えたことはある程度まで早く吐き出してしまいたいと願い続けていたので、全く逆の発想をして、その断片だけでも書き出してみることにした。このような方法で果たして本題まで辿り着けるのか分からないし、こうしたテーマで書き続けても読み手にとって幾分かでも興味を持ってもらえるものかどうかも自信がない(多分、読まない人が大半だろう)。まあ、相変わらずブログは個人メモだという気分を引きずっているので、全然構わないのだけれど。1月に書いたもので、まあアップしておいても構わないかなと思う数本を一緒に公開したのも、同じ理由からだ。

 ただ、最近音の思索を続けているうちに、どんどん(個人的には)面白いことが思い浮かんでいて、こうした事柄は酒でも酌み交わしながら語り合った方が断然楽しいだろうし思考もはるかに活性化しするはずだろうとも思う。また、こうしたことをひとりで考えているだけだと、ある部分でどうしても自家撞着してしまうことは避けられないし。

 いずれにしても、続きはまた気が向いたときに、ということにしておこう。

 そんないつの間にか過ぎた1月なのだけれど、『日本文学史序説』全1100ページを15日間かけてじっくり読み終えたことは自分にとって大きな収穫となった。それだけでも十分有意義だったと思う。なんとか読み終えられたのには、昨年よりも一応は体調が良くなっていることが好影響しているのだと思う。それでもさすがに読書疲れがしてきたので、今は読書の方はペースダウンさせているところである。

 読書の話で思い出したが、『ロビンソン・クルーソー』の次は、ル・クレジオを最初の作品から順に読んでいこうと考え、彼のデビュー作『調書』を読み始めて、、、驚いてしまった。冒頭のページ、その『ロビンソン・クルーソー』からの一節の引用されている。こんなシンクロニシティーが読書でも相次いでいる。その都度違った本を選んでいるつもりでも、人間の趣味や趣向なんて円環的なもので、結局どこかで繋がっているなだと思わせられた一事だった。

 さて、そんな読んで食べて飲んでと快楽三昧の毎日なのだけれど、ようやく音楽の方もボチボチ聴き始めている。何を買って何を聴いているかなどについていちいち綴ることは野暮だと思う(し、なるべく人と違ったことをしたい。だから、昨年の「ベスト10」は止めてしまったのかな?? これは余談でした)ので、これも気が向いた時や、よっぽどのお気に入りを見つけたときに止めておいてもいいのかと思う。

 それでも、最近の入手盤の中から一番の変則作品(?)について少しだけメモしておこう。20年近く昔に自分が初めてアフリカに行ったときの記録(と言っても自分の姿が映っているわけではないのだが)が、DVDとして宮崎駿のスタジオジブリから市販されていることに、ずいぶん以前に気がついた。なので、手に入るうちに買っておこうと思い続けているうちに、すっかり忘れてしまっていたものを、最近一緒にネットでオーダーした。考えてみると、自分が初めてアフリカの大地を踏んだときの記録がしっかり残されているというのは、自分にとってとても幸せなことだと思う。この旅は、自由になる時間を利用して親指ピアノの探索を行ったことでも思い深いものだった。今度機会を作って皆で観ることができたら嬉しいとも思う。

 このDVDを観直して、やっぱりもう一度アフリカに行きたくなった。アフリカ再訪問は今年の目標のひとつかな。そのような思いもあって、購読中止を考えた『DO DO WORLD』も購読延長した(いや「購読」ではなくて、ずっと無料で読ませていただいているのだった、、、)。

 思えばこの20年ほどは、アフリカとインドネシアとフランスという3カ所を日本を起点にして飛び回ってきた期間だった。その間、いろいろ無理を積み重ね、ストレスを溜め込んできてしまったのだろうと思う。紛争中あるいは紛争やテロの直前か直後に訪れた国だけでも、イスラエル、エチオピア、ザイール、ナイジェリアなどなど。そろそろ、ゆったり過ごすことを考える時期なのだろう。

 一昨日、姫路の好古園で佇みながら考えていたのはそんなことだった。立体的なさりげない音にのんびり耳傾けるひとときを、今年はもっともっと持ちたいと考えている。
by desertjazz | 2010-02-01 02:23