人気ブログランキング |

2012年 04月 13日 ( 2 )

Madrid Museum Tour (6)

[2日目] 4月13日(金)

 5:50起床。初めてやって来たマドリッドで今日から4日間たっぷり美術館巡りをする計画。

 7:20にホテルを出て周囲を散歩。気温8度で少し寒く、セーターの上にコートを着て丁度よいくらい。近場には美味しそうなレストランが見当たらないので、海外でよくするように迷わずスターバックスに入る。ホテルのすぐそばにスターバックスがあるのは便利だ(値段は他のファストフード店の倍くらいするが、客の入りはいい)。


d0010432_2135534.jpg

 今日の目的地はプラド美術館 MUSEO NACIONAL DEL PRADO。ガイドブックに9時開館と書いてあったので、ぶらぶら歩いて少し早めに到着。そろそろ時間なのに、あまり人がいないなと思いつつ待つ。しかし開館時刻を過ぎても開く気配はない。わざわざ海外の美術館まで行って「休館」だったことが過去何度かあった。そんな悪夢も脳裏をよぎったのだが、案内板を見ると「10時開館」と書かれていたのでひと安心(どうやらガイドブックの記述の方が不正確だったようだ)。


d0010432_21363738.jpg

 一旦ホテルまで戻るのも面倒なので、近くのレストラン街を散策。その途中、宿泊先の候補のひとつに挙げていた HOTEL URBAN の前を通りがかったので、レセプションに断って少し中を拝見させていただく。オーナーがコレクションしているアフリカやアジアのアンティークアートをふんだんに飾っているのが売りらしいのだけれど、見た限りはそれほど大したものはなさそう。今後の参考まで、系列ホテルのパンフレットを頂戴する。


d0010432_2146736.jpg

 9:45にプラド美術館に戻るとチケット売り場の前はすでに長蛇の列。300〜400人くらい並んでいた。3館共通入場券 €21.60(MUSEO THYSSEN-BORNEMISZA と MUSEO NACIONAL CENTRO DE ARTE REINA SOFIA の入場券込み)とガイドブック込み €19.50 のどちらにするか迷った。結局前者にしたのだけれど、ガイドブック込みの方が徳だったことに後で気がつく(2日後に行ったソフィア SOFIA は無料で入れた一方、ガイドブック自体 €19.50 した)。

 午前中は2時間弱かけて1階フロアをまわる。美術館内のカフェ/レストランで昼食を済ませてから2階へ。15時過ぎまで鑑賞し、売店でガイドブックを買って館を出たのは15:45。かなり疲れたので、後日もう一度来ることにする。


d0010432_21371054.jpg

 ディエゴ・ベラスケスの『ラス・メニーナス(女官たち)』など、観たいと願った作品がたくさん観られて大満足。今回の旅の目的をほとんど果たしてしまった気分にさえなる。とりわけ圧巻だったのはゴヤの諸作。これまで彼にはほとんど興味がなかったのだけれど、いやはや凄い画家だ。

 ゴンブリッジの『美術の物語』でくどいほど説かれた通り、本物を直に観ることで得られる凄みを体感した。とりわけひしひしと伝わってきたののは、光を感じさせる画風とそこから沸き立つ情念のようなもの。

 今日一番の驚き&発見はヒエロニムス・ボスの『快楽の園』。子供たちがたむろっているので何かと覗いてみた先にこの大作が展示されていた。何て楽しい絵なんだろう。人間たちとともに空想上の生きものたちがカラフルにそして遊び心たっぷりに描かれてる。それも数えきれないほど。ディテールのひとつひとつがとても細かく面白いものだから、1日ずっと眺めていることだって可能だろう。画風から近代か(いや現代と言っても通じる)と思ったら、描かれたのは何と500年以上昔。全く信じられない。この絵画は実物大で鑑賞する以外観る方法はないだろう(ネットで検索してみても、全てダメだった)。今日はこれを観られたことは大収穫だった。最後にこの絵のところに戻ってから、美術館を後にした。


d0010432_2147971.jpg

 またブラブラ歩いてホテルに戻ることに。その手前の fnac でコンサートをチェックし、CDと書籍を物色。カンペールでは頼まれていたものも含めて3足購入。日本で買うのの約半額。ホテルの周囲には何でも揃っていて実に便利だ。

 夕食はどこにしようかとうろつくも、知られた店はどこも激混みでひとりでは入りにくい。結局ハモンセラーノの有名店にしたのだけれど、態度もサービスも悪かったな。パン持ってこなかったのにチェックに入れるし(もちろん訂正させた)、反対にハモンセラーノはメニューに書かれた料金よりも安かったしで、よく分からん。味も感動的というレベルではなく、全然楽しめなかった。まあこちらがスペイン語できない分なめられているのだろうけれど。


d0010432_2137385.jpg

 夜の雰囲気を味わいながらマヨール広場などを散歩。昨日はマヨール通りなどの路上でモノを売っているアフリカの人たちの多さに、スペインがアフリカ大陸からの窓口であることを感じたのだったが、今夜はそれほどでもなく。さっそく印象が変化してきたようだ。


d0010432_21375049.jpg

 25:30就寝。さすがに激ネム。


(続く)


(2012.09.02 / 09.12 記)




by desertjazz | 2012-04-13 00:02 | 旅 - Abroad

Madrid Museum Tour (5)

d0010432_21454285.jpg

 今回マドリッドで宿泊したのは HOTEL PRECIADOS MADRID。予約時点で Tripadvisor のマドリッドのホテル第2位と高評価だった、美術館エリアにもレストラン・エリアにもショッピング・エリアにも歩いて行ける立地だった、一番気に入ったホテルをある理由で諦めた、そして何と行っても安かったことで選んだ(何故か『歩き方』には載っていなくて、公式サイトのデザインもよくないことは引っかかり続けた)。1位のホテルにも空室があったのだけれど、内装が好みじゃないし、ほんのちょっと北にはずれた場所だったのでこちらはパス。


d0010432_21455432.jpg

 スペインの「ベストホテル25」にも選ばれていて、マドリッドでは最上位だった。そんなホテルなのにネットで調べると数室だけ格安の部屋がある。価格に惹かれてその一番安い部屋に決めてしまったのだが、実際に見て「なるほど、そうだよな」と思った次第。予想していた通りかなり狭い。


d0010432_21462754.jpg

 ダブルベッドが2つ!と思ったら目の錯覚で、奥が鏡張りになっているだけのこと。それでもこうした工夫で狭さを緩和させる工夫は嬉しい。すっきりした内装も好み。


d0010432_21465036.jpg

 不安だったのは最低ランクの部屋にもバスタブがあるかどうか。ネットで調べてもはっきりしなかった。まだ寒い季節なのでたっぷりの湯に漬かった方が疲れは取れる。昔は極寒期でも水シャワーだけで平気だったのになぁ。取りあえず持ってきた入浴剤、無駄にならなかった。


d0010432_21465885.jpg

 宿泊料金が安い最大の理由は外に面した窓がないことだと思う。内庭向きの窓があるのみで、対面は非常階段。一晩中光が差し込んでくるし、階段を昇り降りする客の声が耳障りだろうし、彼らから丸見えかも知れないので、ここを選択したのは失敗だったか。そう思って初日はアイマスクをして寝たものの(耳栓は迷って止めた)、翌日電動ブラインドがあることに気がついて、夜間は外光をシャットアウト。滞在中、騒がしいこともなかった。


d0010432_21471268.jpg

 ひとつ不便だったのは天候が分からないこと。上の天窓を見上げてもよく分からない。晴れているだろうと思って外に出ると雨だった、なんてこともあった。


d0010432_21473981.jpg

 チェックインのとき「Wifi は Free、冷蔵庫の中のドリンクも Free」と言われた。まあミネラルウォーターくらいしか入っていないだろうと思ったら、ビール2本、水2本、ソフトドリンク多数が並んでいて、これら毎日補充される。本当にタダ?(正確には宿泊料金に含まれている?)と訝しみつつビールと水は毎日飲み干していた。チェックアウト時に請求されないか、大丈夫か??

(そういえば、前回のバルセロナでも今年のペナンでもドリンクは飲み放題だったけれど。)



 宿泊してから分かったことだが、ここはショッピングエリアのまっただ中という便利な場所にある。大型デパートも fnac も隣接したブロックにあるため、ホテルから数分で行けた。

 レセプションの対応も文句なしに素晴らしかった。ここほ本当に心地よく滞在できるホテルだと思う。Tripadvisor にネガティブなコメントがほぼ皆無だったことに納得。

 このクラスのホテルに泊まれるというのは、このところの円高の恩恵。かつてパリでは毎度7000円以下のホテルを探して泊まっていたが、エレベーターの通じていない不便な屋根裏部屋ばかりで、快適さからはほど遠かった。それと比較すると天と地の違いがある。もし円安に転じたら、スペインにもう来られないだろう。だからこそ今来た。

 ただやっぱり窓がないのは味気なかったな。街の中心部なので外の景色を眺めて楽しいということはなさそうだし、道路に面していない分、周りの音が全く入ってこなくて本当に静かだった。けれども、窓がない部屋だと何だか刑務所に閉じ込められているみたい。ちょっとばかり囚人気分のホテル生活だった。


(続く)


(2012.05.09 記)





by desertjazz | 2012-04-13 00:01 | 旅 - Abroad
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30