人気ブログランキング |

d0010432_2123548.jpg

 一昨日(2/28)横浜国立大学で拝聴した長谷川秀樹先生の話の中で、コルシカのポリフォニーに関して面白いと思ったのは、スタイルの統一性が大きい(どのグループも似通っている)こと。そして、人口30万の島におよそ120のグループが存在するが、ほとんどがアマチュアで、しかもいくつかのグループをかけもちして活動している人が多いということ。どうも純然たるプロと呼べるのは、イ・ムブリニ I Muvrini とア・フィレッタ A Filetta の2組くらいのようだ。

 講義を聞いている途中で思い出したのだが、 A Filetta のライブは日本で観ているんだよな。4年前にプランクトンが招聘した日本公演を伊丹アイフォニックホールで。もしかすると Lo Còr de la Plana と A Filetta の両方を日本で観た人ってあまりいないのでは?

(思い出して CD を探して見たらフランスのコーナーにない。もしやと思ってイタリアの棚を探ると、、、やっぱりあった。自分もコルシカに対する認識ってその程度だったんだな。ゴメンナサイ。CD にはメンバー全員のサインもしっかりもらっていました。)



 マニュ・テロン Manu Théron が「ロ・コールのファーストはトラッドを並べたけれど、セカンドとサードはトラッドと自作曲とが半々」と質問に答えていた。そのファーストは電子音も加えていて、続く2作よりもモダンな印象で、対照的な音造りを感じる。

 他にも忘れないうちにメモしておきたいことが多々ある。いただいた資料にもしっかり目を通しておきたいな。





by desertjazz | 2014-03-02 21:20 | 音 - Music

d0010432_20464654.jpg

 久し振りに渋谷宮益坂 El Sur でお買い物。菊地達也さん買い付けのカンボジアン・ヒップホップのコンピ盤 "KHMER HIP HOP -CREAM OF THE KROP" を無事ピックアップ。

 欧州盤の棚をチェックするとオクシタンものの新譜数タイトルが入っていたので合わせてゲット。Daniel Loddo 率いる La Talvera は新作が出る度に買っているが、Silvio Peron を聴くのは初めてかも。こちらには Lo Còr de la Plana のマニュ・テロンも参加している。

 まずはクメールのヒップホップから聴いているところ。なんとも不思議なサウンドだなぁ。



 先日はフランスにオーダーしていた Grand Corps Malade の新作 "Funambule" もようやく届いた(まだまともに聴いていないのだが)。

 考えてみると、1年前に『失われた時を求めて』を読んで以降、読書はフランスものに偏りがちだし、聴く音楽もフランスが中心。これでまたオクシタン音楽の探求を再開するようなことになると、いよいよフランス人化が止まらなくなるか?(フランス語は全然話せないのにね。)





by desertjazz | 2014-03-02 20:45 | 音 - Music