人気ブログランキング |

2020年 09月 12日 ( 1 )

アフリカの記憶 116

アフリカの記憶  116_d0010432_15420910.jpg


 Kalahari #16 : Botswana / CKGR-Gyom 1993

 カラハリの旅をお供してくれた仲間、2人のブッシュマン、カンタ(右)とダウンゴ(左)は、親指ピアノを演奏できると言う。そこで、ハンシで買ってきた2つの楽器を手渡すと、いきなり金属キーを全て抜き取ってバラバラにしてしまった。呆然として見ていると、今度はキーを再度並べて組み直した。どうやら、弾き手によって、キーの配列や音階が違うらしい。

 実際、2人の演奏も全く異なっていた。彼らの話によると、カラハリのこの辺りに住むブッシュマンの親指ピアノには、昔から2つの潮流があるとのこと。そして、それはどうも家系的な違い?によるらしいのだ。しかし、カンタとダウンゴの他にも、ウレーホ、カロウチュベといった男たちにも演奏も聴かせてもらったのだが、彼らの演奏もまたかなり異なっていた。どうやら、同じブッシュマンの親指ピアノでも個人差が大きく、一人一人が自身の演奏スタイルを持っているようだった。

 文献を調べると、ボツワナ(カラハリ)のブッシュマンの親指ピアノは「ドンゴ dongo」と称すると書かれているものが多い。だがカンタたちは、はっきり「デング」と呼んでいた。ちなみに砂漠で見かけた弾き手は全て男性だった。おそらく女性が演奏することはないのだろう。







by desertjazz | 2020-09-12 00:00 | 旅 - Abroad