人気ブログランキング |

カテゴリ:旅 - Japan( 55 )

Forest Beat:森から森へ

 転居してちょうど1ヶ月。ここに続く「森の話」。

(友人たちへの挨拶にかえて)




 住まいは広さと間取りも重要だけれど、明るいことと、静かなことと、風通しがいいことも、ほとんど絶対条件。函館、横浜、大阪と、閑静なエリアにあるマンションの上層階/南向きで、見晴らしのよいところばかり探して住んでいた(大阪だけは西向きだったが、隣が小学校のグラウンドだったので、日当りも見通しも最高だった)。

 今回も相当に苦労した結果、採光、静けさ、風通しのいずれにも十分満足できる部屋に出会うことができた。住宅街の高台にある低層マンションの最上階/南向きなので、日差しは十分だし、とにかく静か。まるで近隣には誰もいないのではないかと思うほど。

 入居してから気がついたのだが、南方正面には道をはさんで神社が隣接しており、そこの森が豊かな緑を茂らせている。これならベランダの先に高層建築が建つ可能性はほぼ皆無で、見通し良い眺望をずっと楽しめそうだ。

Forest Beat:森から森へ_d0010432_23423218.jpg
Forest Beat:森から森へ_d0010432_23424766.jpg
Forest Beat:森から森へ_d0010432_23425996.jpg
Forest Beat:森から森へ_d0010432_23431216.jpg
Forest Beat:森から森へ_d0010432_23432324.jpg

 この神社、早速早朝や夕刻に散策を楽しんでいる。なんともいい空間だ。

 ここの小さな森というか樹々は、早朝とても賑やか。午前4時半頃から様々な鳥たちが順に囁き始めて、ちょっと騒々しいくらいにもなる。だけど、この響きがとても心地よいんだな。鳴く鳥の種類が徐々に変化していって、まるで音のグラデーションを描いているかのよう。ちょっと聞き憶えのない声も混じっていることにも耳が惹かれたりも。周辺は本当に静かなのだけれど、鳥たちのさえずりは1日を通して楽しめる。そのような訳で、わざわざ音楽を流してこの静けさを乱す?のが勿体なくなることもしばしば。

(諸事情があって当面は本やレコードを自由に買える余裕がなくなってしまった。なので今年後半は極力、本もCDも買わないつもり。幸い隣には大きな図書館があるので、ここで借りて読んだり、昔読んだ本を読み返したりしたいと考えている。部屋のレイアウトも、買い集めたジャズのアナログ盤をじっくり聴き返そうというコンセプトで整理を続けている。)

 さすがに寝不足気味にもなりそうだけれど、自然の音で目覚めるというのは幸せなことだと思う。なるべく朝型生活を心がけることにしよう。これは、なんだか「森の音」好きがもたらした巡り合わせかのよう。



 今度の住まいには数名程度であれば泊まっていただくことも可能です。「新・酒乱院」(New Shuranin)にどうぞお越し下さい。お待ちしております。






by desertjazz | 2012-07-11 00:00 | 旅 - Japan

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23473916.jpg

 6月10日、日曜日。大阪3年間の生活も今日が最終日。最後はどうしようかと考えた末、奈良に行くことにした。昨日までにどうにか段ボール約200箱のパッキングを終えて、残りは明日の朝プロの仕事に任せられるところまで辿り着けた。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23475039.jpg

 思い返すと3年前に最初に出かけた先がやはり奈良の興福寺だったはず。その出発点に戻ってみようと考えて、まずは興福寺に向かった(修学旅行生たちを記念撮影する下品な絶叫が興を削ぎがっかりさせられたが、まあ奈良全体が観光産業化しているので彼だけを責められないか)。

 興福寺を訪れた一番の理由は阿修羅像を拝んでおきたかったこと。大阪に越して来てから興福寺国宝館が完成し、ここは自宅から1時間かからずに来ることができる。なのでいつでも来られると考えたのが過ちだった。結局ギリギリに(2年ほど前に一度仕事で国宝館に来ていたのに、その時には観ることができなかった)。日曜日なのでごった返しているかと思いきや、正面や脇からひとりじっくり拝むことができるくらいの余裕はすでに生まれていた(同じ解説パネルを両サイドに置いている工夫の効果もあり)。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23475938.jpg

 奈良で、というよりこの3年間の週末旅行で最も記憶に残っている場所のひとつは、春日大社〜春日山周辺の原生林。鳥の声や風のそよぎを楽しみながら歩いた春日山原始林 8kmの奥山遊歩道は本当に心地よかった。さすがに今日はそこまで歩いていけないので、「上のねぎ道」を散策しようと東方向へ。歩き始めるとこんな資料館を見つけた。和洋折衷の建築が面白い。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_2348928.jpg

 これまでとはコースを変えてブラブラ。こんないい道もあったのか。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23482066.jpg

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23483197.jpg

 春日大社や若宮神宮は素通りして一番奥の紀伊神社まで。ここまで来ると滅多に人が通らない。緑を眺めながらしばらくまったり。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23484043.jpg

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23485831.jpg

 紀伊神社まで延びる奥の院道は今回初めて発見。もっと早くに知っていたらよかったのに。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23485011.jpg

 春日大社から通じる「上のねぎ道」は実にいいよな。時間感覚が飛んで行く。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23491013.jpg

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23491981.jpg

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23493025.jpg

「中のねぎ道」(ささやきの小径)「下のねぎ道」もあることには今回初めて気がついた。

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23494257.jpg

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_23495728.jpg

Last Day in Osaka / Final \'Weekend Trip\'_d0010432_2350882.jpg

 鷺池や浮見堂を眺めながら帰ってきた。市の中心エリアであってもどこを歩いても緑が豊かで穏やか、そこが奈良に惹かれる大きな理由である。




 大阪での暮らしになかなか馴染めず、諸々のストレスなどから休日前は明け方まで呑み続け、結局貴重な休日を無駄にしてしまう生活から脱却できなかった。これではいけないし、折角関西に来ているのだからと考え、途中からは「週末旅行」と称して、なるべく無理してでもあちこちに出かけるようにした。

 だけれども、後悔先に立たずと言われる通り、時間を有効に使ってもっといろいろな場所を訪ねておけばよかった。まだまだたくさん行けたはず。関西圏の魅力がだんだんと分かってきたところだったので、正直このことは後悔している。

 仲間たちからは「十分行ったでしょ!」と笑われる(引越前日に小旅行に出かけたことにも呆れられてしまった…)。実際、京都も奈良もそれぞれ10回以上行っているはず。だけれど、桂離宮にも、平安神宮にも、金閣寺にも、飛鳥にも、さらには熊野にも四国にも行けなかった。いや、そうした詰まらない後悔よりも、奈良や京都の深い緑の中で素晴らしいひとときを過ごせたことの方がはるかに意味があるのだろう。それらは忘れようのない体感だった。

 まあ京都や奈良には来ようと思えばいつでも来られるし、行きつけの店/通いたい店にもいくつも出会えたので、きっと近いうちにまた訪ねてくることだろう。




 ということで?、このあと大阪最後の夜は本当に一緒に呑みたい仲間たちだけに声をかけて、さんざんお世話になった「かむなび」での宴へ。


(続く)






 転居して約1ヶ月。生活がそろそろ落ち着きかけてきたので、近所の評判の店を食べ歩いたり、新譜を取り寄せたり、フェスやライブについて調べたり、次の旅行計画を練ったり、首相官邸前の集会の列に加わったり、といったことを始めている。

 書店にもレコード店にもライブにも映画館にもまだ全然行けていないのだが、マドリッド旅行や長崎旅行についてはそろそろ続きを書いておけるだろうか? やること多過ぎてブログの本格的再開は難しいのだけれど、ツイートしている新作情報などについてはそのうちにまとめておきたい。


(2012.7.10 1:00 記)





by desertjazz | 2012-06-10 23:51 | 旅 - Japan

週末旅行11(10/9:京都)

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_011674.jpg

 3連休の中日に、またまた京都へ日帰り旅行。快晴、日中は暑いほどで、絶好の行楽日和だった。

 三十三間堂 > 料亭S > 伏見稲荷大社

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_07541.jpg
週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_073063.jpg
週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_074771.jpg
 三十三間堂。来るのは高校の修学旅行以来かもしれない。確かに全て違って見える1001体の本尊(十一面千手千眼観世音)よりも、その前に並ぶ仏像の数々の方に圧倒的にひきつけられた。幾つかは新薬師寺の仏像と似た印象もあるが、こちらの方がはるかにいい。圧巻たる造形美もさることながら、細やかな文様も美しく、かすかに残る彩色にもしばし目が止まる。

(それにしても物凄い混みようだった。改めてゆっくり拝みに来たい。)

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_08148.jpg
週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_081846.jpg
 昼食を予約した店まで、ぶらぶら約2キロ半散歩。

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_083992.jpg
 毎回のごとく無計画な小旅行。食後にしばし迷った末、このところ逃し続けている伏見稲荷大社へ。ところが、何なんだ、この人出は! 「おいなりさん御鎮座1300年」なる奉祝大祭の真っ最中のためらしいのだが、このような百年の一度の行事が執り行われているなんて全く知らずに来てしまった。

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_085482.jpg
 奉納されている果物の山に、バリの Offering を連想する。

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_091187.jpg
 1000の鳥居の中もごったがえし。

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_092922.jpg
週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_094447.jpg
週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_010156.jpg
 普段なら観られないだろうものが観られた。

週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_0102460.jpg
週末旅行11(10/9:京都)_d0010432_0104052.jpg
 少しだけ観た伊勢萬歳に笑う。

 伏見稲荷大社は少し山に入ると、その響きが心地よくて、来るなら平日の午前だろうと思った。近いうちに再訪したい。




 期せずして 1000 x 1000 たる散策になりし秋。





by desertjazz | 2011-10-09 23:59 | 旅 - Japan

週末旅行10(9/24:奈良)

9/24(土)

・薬師寺 > 唐招提寺 > 垂仁天皇陵



 休日を利用して奈良へ小旅行(往復たったの4時間だったので、旅行とまで称するともおかしいのだが…)。

 薬師寺の東塔が今月から解体修理工事が始まる(8年後の2019年に終了予定)ので、あわてて出かけて行った。3連休中日、快晴と絶好の観光日和(けど、今朝4時まで呑んでしまったので、気分は優れず)。

 やはり囲い込み工事が始まったところで、美しい東塔を拝むにはギリギリのタイミングだったかも知れない。東塔は眺めていて心地よい建築だと思う。人出は多いものの敷地が広いので、どこもさほどストレスなく眺めたり拝んだりすることができる。

 しかし、自分が仏像への興味が薄いことや、奈良でも観光システムが強いことを改めて実感。

 目的は東塔だったので、他は軽く回ってみる程度にし、後は黄金色になってきた田んぼの色を楽しみながら、のんびり散歩してきた。

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_232722100.jpg

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_23274224.jpg

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_23275447.jpg

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_2328797.jpg

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_23282014.jpg
薬師寺

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_23283290.jpg

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_2329989.jpg

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_23292291.jpg
唐招提寺

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_23293693.jpg

週末旅行10(9/24:奈良)_d0010432_23294988.jpg
垂仁天皇陵





by desertjazz | 2011-09-24 23:00 | 旅 - Japan

 4泊5日で北海道帰省。

 実家からもさほど遠くない白老で、この週末に開催されるトビウ・キャンプ TOBIU CAMP に行くことを検討したのだけれど、準備が間に合いそうもなく、日程がタイトになってしまうので断念(開催日は小雨も降り気温も低めだったので、実際行こうとしても装備が不足していたことだろう)。

 札幌で気になるイベント等も見当たらなかったので、結局毎日ダラダラ飲んで喰って寝て過ごす。1日12時間くらい眠っていたのではないだろうか。なので、読書三昧という目論みも外れ。

 約4日半ネットから離脱していたのだが、これでも自分は特に困らないし、この方がストレスがないなと、毎度のごとく思う。早くリタイアしてネットレス生活に移りたいなんて夢を見るのもいつもと一緒。

 北海道らしく、今回も魚三昧。普段と違っていたのは、もっぱら北海道の日本酒を呑んでいたこと。

週末旅行9(9/16-9/20:北海道)_d0010432_0221533.jpg週末旅行9(9/16-9/20:北海道)_d0010432_022265.jpg
 まずプレゼントの1本が待っていた。

週末旅行9(9/16-9/20:北海道)_d0010432_0241064.jpg週末旅行9(9/16-9/20:北海道)_d0010432_0242413.jpg
 一夜雫は少し値下がりしたものの、まだまだ手が出しにくい。けど、ハーフサイズも発売になっていたので久し振りに味わう。(¥2300くらいだった?)

週末旅行9(9/16-9/20:北海道)_d0010432_0244150.jpg週末旅行9(9/16-9/20:北海道)_d0010432_0245891.jpg
 同じ酒蔵の法螺吹も試しに買ってみた。




(追記)

 ちょうど大型台風が来ていて、名古屋や東京は大変なことになったのだけれど、帰りのフライトもほとんど揺れず、雨にも当たらなかったのは幸運だった。





by desertjazz | 2011-09-20 23:00 | 旅 - Japan

9/10(土)

・高麗美術館(刺繍ポジャギとチョガッポ展) > 久我神社 > 今宮神宮 > 一文字屋和舗 > 大徳寺(大仙院、瑞峯院、龍源院) > 民族楽器コイズミ > Jet Set Records > 田中漬物舗



 今年春、東本願寺(親鸞上人生誕750年式典)で OKI や Marewrew のステージを観るために京都を訪れたのは3月11日、その日から明日でちょうど半年。考えた末、京都を改めて訪れて少しでも哀悼する気持ちを捧げてくるのが自分に相応しいだろうという結論に。今日と明日の2日間、京都各所を巡り参拝もしながら、この半年を振り返り、そしてこれからのことを少しでも考えてみようと思った。


週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_135554.jpg
 高麗美術館。チョガッポは田畑を鳥瞰するようで、クレーの絵画を観るようで、布の面白さを堪能。


週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_141347.jpg
 下賀茂界隈から当てもなく南方へ歩くと、ガイドブックに載っていない神社があちこちに。


週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_142586.jpg
 今宮神宮に辿り着いた頃には汗だく。9月とは思えない暑さだ。


週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_143825.jpg
 今宮神宮の入口であぶり餅(一人前15本で500円)。これだけ食べて昼食はパス。


週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_14554.jpg
 大徳寺の大仙院。枯山水庭園が見事だったが、撮影禁止。


週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_15766.jpg
週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_152583.jpg
週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_153764.jpg
 大徳寺、瑞峯院。


週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_154990.jpg
週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_1655.jpg
週末旅行8(9/10:京都)_d0010432_161835.jpg
 大徳寺、龍源院。いずれの院でも、美しい石庭を眺めてのんびり過ごす。


 コイズミは初訪問。ムックリなどを衝動買い。探した漬物屋が見つからず、今回も田中漬物舗で買い物。

 暑い中歩き回った上に、腹もペコペコになったものだから、最初に行くか帰りに立ち寄るか迷った東本願寺には結局行けず仕舞。その目的は明日に。


(・・・しかし、疲れが取れず、翌11日も外出できずに自宅で静かに黙することに)。





by desertjazz | 2011-09-10 23:00 | 旅 - Japan

京都散策(8/31)

8/31(水)

・北野天満宮 > 上七軒



 昨日に続いて京都へ。今日も暑い。


京都散策(8/31)_d0010432_0434911.jpg
 昼休みに北野天満宮を訪問。


京都散策(8/31)_d0010432_04416.jpg
京都散策(8/31)_d0010432_0441415.jpg
京都散策(8/31)_d0010432_0442673.jpg
 学業の神様とあって、学生(高校生?)が多かった。


京都散策(8/31)_d0010432_0443646.jpg
 上七軒の店も散策し、漬物を購入。通りの風情に、粕谷さんにご案内いただいた金沢の東の街を思い起こす。





by desertjazz | 2011-08-31 23:00 | 旅 - Japan

7/25(月)

・南禅寺(方丈庭園) > 琵琶湖りゅう水 水路閣 > 知恩院 > 山玄茶 > 錦市場(有次)




週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_225526.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_224798.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_22371.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_222917.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_221696.jpg
南禅寺

 ここを訪れるのは何度目だろう。方丈庭園には初めて入ったかな。とても美しかった。


週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_22780.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_215634.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_214718.jpg
知恩院

 ここも何度目だろう。


週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_213829.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_212216.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_211116.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 2_d0010432_202551.jpg
山玄茶

 京都通の友人に教わった祇園の店。一番安い ¥5500 のコース(カウンターが満席だったので、+¥500 で座敷へ)。日本酒の出し方、そして一品目ですっかりこの店にファンに。和洋の食材(と食器)の取り合わせが面白かった。夏らしく、涼やかな料理が多かったので、寒い時季の再訪問を決める。

 昼食後は錦市場を探索。最初に向かったのは有次。長年ここの包丁を愛用しているが、出刃は大きなものしか持っていないので、小出刃を求めることに。鯵切りとの違いを尋ねると親切に説明してくれ、同じサイズのものでも1本1本重さやバランスを確認させてくれる。日本一の包丁店なだけのことはある。

 最後は毎度の京都訪問と同じく漬物をあれこれ買ってから帰宅。





by desertjazz | 2011-07-25 23:00 | 旅 - Japan

7/24(日)

・鞍馬 > 貴舟 > 相国寺(伊藤若冲、ハンブルク浮世絵コレクション展) > 京都駅(ホテル・グランヴィア)




週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1544817.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_154393.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1543019.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1542146.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_154126.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_154313.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1535469.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1534533.jpg
鞍馬〜貴舟

 友人・知人たちが立て続けに「京都なら貴舟」と薦めてくるので、二人連れで出かけてみた。調べると何と自宅から切符1枚 ¥840(しかも乗り換え一度)、1時間半強で行けてしまうことに気がつき驚く。真っ直ぐ貴舟に向かうのではなく、鞍馬で降りて山越えにする。かなりタフな上り下り(約2kmだったか?)を1時間。ヒザはガクガク、汗だくになった。

 貴舟に着くと、日曜日ということもあってか物凄い人と車の数。全然調べずに来たものだから、こんな大観光地だとは知らなかった。ほとんどの人は川床料理というものを食していて、そうした店がずらっと10軒以上。どうやらこれがここの売りらしく、ひとり約9000円(休日価格)。まあ場所代も含んでの値段なのだろうが、例えば家族4人で来てちょっと飲み物を追加したりすると4万円か、などと計算しつつ、自分には出せる金額ではない。近所にそば屋を見つけて900円のそばと生ビールをいただく。これで十分満足した。とにかく森歩きが心地よかった。


週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1533668.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_153267.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1531454.jpg
相国寺

 お目当ては伊藤若冲だったのだが、暗すぎて今ひとつはっきり見えない。ハンブルク浮世絵コレクション展の方はまずまず見応えのある作品が集められていたが、色褪せの激しいものが多かった。


週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1525987.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1523760.jpg
週末旅行7(7/24 - 7/25:京都)- Day 1_d0010432_1522638.jpg
京都駅

 3.11 で融通を聞いていただいたことでもあり、今回もグランビアに宿泊。サービスが申し分なく快適だった。





by desertjazz | 2011-07-24 23:00 | 旅 - Japan

 近場で構わないので自然の音をたっぷり味わえるような小旅行に出たいなどと考えつつも、こう連日の猛暑では妙案が浮かばない。所用が重なったこともあり、結局今月も帰京して、美術館巡りすることに決める。その合間にCDを買い歩いたり、美味しい店を訪ねまわったりする4日間だった。


7/7(木)

 当初は明日移動する予定だったが、全ての用件を勢い良く片付けて新幹線に飛び乗る。車中ビールを飲みながらの読書が毎度の楽しみなのだけれど、疲れがたまっているせいか全く集中できず。幸いにも1日前倒しして上京できたおかげで、飲み会も設定することができ、ちっちゃな店でおいしい野菜や肉の料理をいただく。


7/8(金)

週末旅行6(7/7 - 7/10:東京)_d0010432_019224.jpg

 まずは北浦和へ。埼玉県立近代美術館で『彫刻家エル・アナツイのアフリカ』展を観る。評判に聞いていた通りの素晴らしさ。古い木材を並べた平面彫刻にはとても魅了されたし、廃材を利用した巨大なオブジェも圧巻。これまで持っていたアフリカ美術に対するイメージを吹き飛ばすほどのスケール感だった。眺めているうちに、彼の作品は数年前にワシントンかパリで観たことを思い出したりも。


週末旅行6(7/7 - 7/10:東京)_d0010432_0221245.jpg

 続いて竹橋へ。東京国立近代美術館にて『パウル・クレー|おわらないアトリエ』展を観る。ほとんど独り占め状態だったエル・アナツイとは対照的な大入りで、やはりクレーの人気は高い。独特な製作手法と「特別クラス」に焦点を当てた内容で、いかにもクレーらしい作品は案外少ない。製作手法の解説では彼のマジックのいくつかを初めて知ることになったが、その分個々の作品の鑑賞に集中しずらかった。「特別クラス」のコーナーは、彼の引き出しの多さと、実験的作品の完成度の高さに圧倒された。


 考えてみれば、エル・アナツイ展もパウル・クレー展も関西ですでに開催済み。あれこれあったせいで地元では観に行けなかったとはいえ、なんとも効率の悪いことだろうか。



 それぞれ常設展も観たために、どっと疲れた足を引きずって渋谷に移動。タワーと EL SUR でまとめ買い。今回はいろいろ収穫があった。



 夜は都立大学のひろ鮨へ。カウンターのみ8席ほどの小さな店で、金曜日の夜にもかかわらず、直前でも予約が取れたのは幸運。北海道産の大振りなホタテ、千葉のハマグリ、近海物のタコ、コハダの稚魚、しつこさのない大トロ、等々、ネタも拵え方も面白い。醤油よりも塩で食するネタが多いのはこの店の特徴。前回の訪問から2年以上間が空いたのだけれど、大将しっかり覚えていてくれた。


7/9(土)

週末旅行6(7/7 - 7/10:東京)_d0010432_0195555.jpg

 炎天下、国分寺の武蔵野美術大学美術館へ。電車とバスを乗り継いで2時間、とにかく遠い(なので、気力の萎えた帰路はタクシーも使ってしまった)。『中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に』、『WA: 現代日本のデザインと調和の精神 世界が見た日本のプロダクト』、『コレクションと教育でたどるデザイン史 ムサビのデザイン』という3つの展示を観てまわる。『中村とうよう展』は思っていたより小規模で、レア盤を並べている訳でもないため、マガジンの読者にとっては物足りないかも知れない。しかし展示している楽器の面白さもあって、一般向けにはこれくらいがちょうど良いのだろう。『ムサビのデザイン』は先日観た『タイポグラフィー展』と同様に見応えあるもの。イスのコレクションも充実している。完成したばかりのこの美術館、『中村とうよう展』に行くなら、そのついでに『ムサビのデザイン』も観る価値あり。



週末旅行6(7/7 - 7/10:東京)_d0010432_18133365.jpg

 夜は自由が丘でそばと天ぷら。食後に駅周辺をぶらついていたら、昨日オープンしたという豆スイーツ店 Fève を見つけ、思わず買ってしまった。酒のツマミにもなかなか合う味。(↑パッケージも愛らしい。)


7/10(日)

 目黒区八雲の茶房「楳心果」でかき氷を食べたことは書いた通り。この店の空間は素晴らしいと思う。置かれている和菓子も実にいい。今回は和の味ばかり堪能していたが、こんなときに日本人であることの幸せを感じる。

 戻りの新幹線は激混み。日曜日の下りはどうしてこれほど混むのだろう。それでもどうにか席を見つけてビール飲みながら読書。





週末旅行6(7/7 - 7/10:東京)_d0010432_12351754.jpg

 図録は『エル・アナツイ』と『中村とうよう』を購入。いずれも買うまでないかと思いながらも、資料として持っていたくなった。


週末旅行6(7/7 - 7/10:東京)_d0010432_1894328.jpg

 他にもいくつか行きたい展覧会があったが、今回はこれくらいが限度。そして今年後半も見逃せない展覧会が続き楽しみだ。その筆頭はジャクソン・ポロック Jackson Pollock の生誕100年に合わせた日本初の回顧展(名古屋と東京)。ポロックはターナーと並んで最も好きな画家。まずは11月に名古屋で観る予定。待ち遠しい!





by desertjazz | 2011-07-12 22:00 | 旅 - Japan