カテゴリ:本 - Readings( 223 )

d0010432_18170470.jpg


 地中海に面するフランスの港町マルセイユはこれまで何度訪れただろう。きちんと数えたことがなかったので調べてみた。

 最初が 1995年12月〜1996年1月。その後 2006年1月、2006年10月、2009年3月、2012年10月、2015年10月、2016年11月と、計7回滞在している。(Fiesta des Suds に観に行ったのはわずかに3回と意外と少ない。それより、寒い時期にしか訪れていないことに今気がついた。)

 20年以上昔に出張で初めて訪れた時(マグレブ移民に関するものでヒップホップも取材した)には、まさか繰り返し来ることになるとは全く想像もしなかった。そうなったのには、やはり Massilia Sound System を筆頭とするオクシタン音楽(と Fiesta des Suds と Babel Med Music )との出会いが大きい。

 そんなマルセイユ、行くほどにどんどん好きになる。そしてこの街についてもっと知りたい。そう思って、深沢克己『マルセイユの都市空間 ー幻想と実存のあいだでー』(刀水書房、2017年)を読んでみた。

 楽に読めるかと思いきや、とにかく文章が硬いし、回りくどい。特に近世までについて書かれた第三章までが(自分がフランスの歴史に疎いために、数多い固有名詞についていけなかったこともあるが、一文一文が長すぎて流れが悪いと感じた)。それでもギリシア人の流入に始まる2600年の歴史は把握できたし、入り江ラキュドンが港(現在の旧港)へと変化して行く様や、主要道の変貌する様子などは興味深く読めた。時代ごとに織り込まれた地図が理解を助ける。旧港入り口の両側に立つ、見慣れたサン=ジャン要塞とサン=ニコラ要塞が、実はパリ政府がマルセイユに睨みを効かせるものだったのは!

 現在のマルセイユの姿は、都市計画の大失敗の結果なのだとか。フランスの他の都市とは違って、ここには中央広場も特別な観光スポットもない。ラ・マジョール司教座大聖堂にしても、共和国通りにしても、エスク門の凱旋門にしても大失敗作で、人々は全く愛着を持っていないとのこと。だから、どこもいつも閑散とした雰囲気で全く存在感がないのか。大笑い! そしてその失敗の歴史は現在の都市計画にも受け継がれているのかもしれない。(最近マルセイユに行かれた方ならそう感じられるかも?)

 日々海外の小説などを読みふけっているが、そこにマルセイユが予期せず登場する頻度がとても高い。マルセイユはそれだけ歴史的にも重要な街なのだろう。しかしそれ以前に「マルセイユがまた呼んでいる」と思ってしまう。恋しいマルセイユ、今度はいつ行けるのだろうか? できれば次回は夏がいいな。







[PR]
by desertjazz | 2018-05-22 18:00 | 本 - Readings

d0010432_18071559.jpg



 塚田健一の著作を集中的に読んでいる。先日の『アフリカ音楽学の挑戦―伝統と変容の音楽民族誌』に続いて、『世界は音に満ちている』 (2001年) と『文化人類学の冒険 人間・社会・音楽』(2014年) を一気読み。ガーナやザンビアを中心としたアフリカの音と音楽を巡る考察を期待して読み始めたのだが、1993年以降月刊誌に連載したエッセイをまとめたものだった。内容は多岐に及び、『世界は音に満ちている』では日本への深い憂慮にも至る。

「日本は明治期に持ち前の器用さでほかに類を見ないほどの速度で短期間にその近代化を成し遂げ、西洋文化をたくみに摂取してきた。ところが、どうも日本人はこの明治期の「西洋」という衝撃に対して、自分を表現するよりも、むしろそれに「のみこまれる」ことになかに精神的な安堵を見いだしてきた観がある。(...) この近代日本精神史のなかに見え隠れするごまかしが結局集団としての日本人を西洋に対して根源的に自信のない国民にしてきたと僕は考えている。」(P.166)

「(...) 複数民族とはいえ、日常的にそうした共生感覚をほとんどもち合わせていない日本と日本人は、そして一国のなかで他民族と共生することを暗に拒んでいるようにさえ思える日本と日本人は、いつしかそのためにたいへんな精神的・物理的代償を支払わねばならなくなるかもしれない (...)」(P.180)

「では「日本人は社交が下手」という海外での定評はどうなのだろう。そのぎこちなさこそ、まさに歴史のなかで他民族と共存・共生することを学んでこなかった民族の精神的風土が創りあげたものなのだとぼくは考えている。」(P.183)

 電車の中での携帯電話による「かなりプライベートなゴシップ」のやり取りを観察して、「その共同体に生きる人々にとっては、その共同体の外に住む人々はあっていないも同然の存在、見えて見えない存在なのだろう。そうした共同体の自己中心主義あるいは自己完結性は、たぶん今日の若い人々の生活感覚をまことによく反映したものなのだろうと思う。」(P.210)

(音/音楽に関しては、パリのオペラ、ジャコモ・マイヤーベーアの「アフリカの女」をとっかかりにしたワールドミュージック都市パリについて (P.40) や、バリの竹細工ピンジャカンと欧州のカリヨンとのサウンドスケープ的同質性について (P.56) などに興味を覚えた。)

 続編作『文化人類学の冒険 人間・社会・音楽』においても、「国際的な場で通用するような会話力や社交術、国際常識やエチケットなどを身につけた人材を、日本が今後あらゆる分野でどんどん輩出するようにならないと、日本は世界の趨勢から完全に取り残される、ということを言いたいのである。世界のリーダー格気取りでいると、気がついた頃には中国にも韓国にも先を越されて、日本はいずれ世界のなかで「平凡な三流国」に転落してしまうだろう。」(P.104-105)

 研究書ではなく、著者が感じたことを綴ったエッセイである分、果たしてそうかな?と思う指摘も多いが、氏の危惧するところは現状ますます悪化しているように思う。特に「平凡な三流国」に転落するという予言には完全同意。いや、すでに転落している?



 塚田健一はかつて、クラシック音楽の成立以降、音楽を「演奏する側」と「聴く側」に分離してしまったことを批判的に書いていたことを思い出した。その点で自分は彼の論から多分に影響を受けていると言えるだろう。

 この機会に『アフリカの音の世界 音楽学者のおもしろフィールドワーク』 (2000年) 、『アフリカ音楽の正体』(2016年) 、坂本龍一との共著『commons: schola vol.11 - Traditional Music in Africa』(2012年) も読み直してみよう。







[PR]
by desertjazz | 2018-05-21 22:00 | 本 - Readings

d0010432_16204656.jpg


 ガーナに関するネタが続いた流れで、今年2月に読んだ小説のご紹介。

 ヤア・ジャシ Yaa Gyasi は1989年ガーナ生まれの女性作家(現在はアメリカ在住)で、『奇跡の大地』は彼女のデビュー作。出版以来、世界各国で話題になっているとのこと。

 ファンティとアシャンティという(現在ガーナという国の土地に生きる)アカン人の2つの系統に属する、2つの家系の人々、主要人物に限ってもおよそ20人の、200年を超える壮大な年代記。ファンティとアシャンティの、奴隷貿易を通じた両者の関係、対立・戦闘、そこに深く関わるイギリス人(実際主人公の多くは白人との混血でもある)、そして奴隷として送られたアメリカ。そうした時代の流れに翻弄された人々の壮絶な物語は自ずとアレックス・ヘイリーの『ルーツ』を連想させる。

 約20人の主人公たちは、主人公たるだけのエピソードを持っているのにも関わらず、語り尽くされていない感が強い。それなりにしっかり描かれているのだが、通読すると筆致が浅い印象を受ける。ただの歴史の羅列に感じられるのだ。なので、邦訳で400ページ近い作品でありながら、最低でもこれの3倍のテキスト量は必要だったし、それだけの作品になりうる素材を揃えられていたと思う。(ただし、デビュー作で大長編を書くだけの環境はなかっただろうと思う。また、それだけの大作をものにする筆力が彼女にあるかどうかも未知数だ。)

 この小説のエンディングは、伏線の張り方から考えて、これしかない。いや、想定以下だった(なので、彼女の筆力は未知数だと感じた)。もっと深みを持たせる方法があったはず。

 それでも、内容豊富な充実作。ハイライフ・ミュージック含めて、ガーナ音楽に関心があるならば、ここで書かれている歴史的背景くらいは知っていて損はないと思う。



d0010432_16205609.jpg


 今年1月にニューヨークでブルース・スプリングティーンの Springsteen On Broadway を観る前後に読んでいたのは、この『奇跡の大地』や、ロビン・ケリー『セロニアス・モンク 独創のジャズ物語』、タナハシ・コーツ『世界と僕のあいだに』など、偶然にも黒人奴隷の末裔の作品が多かった。(スプリングティーンのプレミア・チケットを得て以来、NYC が呼んでいる?)ニューヨークなどで暮らす黒人たちの苦闘を読み続けて、アメリカという差別社会で生きることを語ることは終わりのないテーマなのだろうと考えさせられたのだった。






[PR]
by desertjazz | 2018-05-10 14:04 | 本 - Readings

d0010432_16174646.jpg



 塚田健一『アフリカ音楽学の挑戦 伝統と変容の音楽民族誌』(2014) を読了(完読は今年31冊目)。

 ザンビア北西部に住むルヴァレ人の、少年たちの通過儀礼で歌い奏でられる音楽を中心とした研究と、ガーナ沿岸部ケープコーストなどに住むファンティ人の宮廷音楽に関する研究、それのこの両者から演繹される論考。ルヴァレ音楽に関しては、精密な採録楽譜に基づきながら、そのリズム、ハーモニー、歌詞等々について論を展開する。学術論文に近い筆致であるだけに、一見当たり前のことをくどく語られている気分になるのは仕方ないところ。地理的にヒュー・トレイシー Hugh Tracey の採録やマイケル・ベアード Michael Baird の調査と結びつくものも期待したが薄かった。それでも、ルヴァレ人と我々(日本人、欧米人)との音楽の異同の捉え方が異なる理由を論駁するあたりは面白かった。

 しかし、この本に興味を持った理由は後半のガーナ。「第12章 宮廷音楽ハイライフ様式の成立」を読みたかったから。そうでなければ、こんな高価な本など買うわけがない(と言いつつ、3年以上放置したままだった)。ファンティの宮廷音楽が幾段階の過程を経て、ポピュラー音楽ハイライフ的要素を受容し、大衆から絶大な人気を博していく様子が詳述される(より正確には、元々12拍子だった宮廷音楽が、近年興隆したカルチュラル・グループの影響を受けて、ハイライフ・リズムと近似した4拍子クラーベ・リズムを取り込んだ楽曲を生み出していく)。ファンティの宮廷音楽には歌を伴うのに対して、内陸部アシャンティ宮廷音楽は演奏のみで歌がないことにも興味を覚える。

「第11章 伝統的「著作権」意識の変容」も一読の価値あり。ジョン・コリンズのどの著作でも、ガーナとナイジェリアの音楽家協会の歴史と活動を取り上げていることとも響き合うように感じた。この本、ハイライフ以外についても彼の研究を頻繁に参照している。例えば、「ガーナでは、独立のはるか以前の二十世紀前半に「伝統的な」形式で娯楽音楽などさまざまな音楽ジャンルが新たに生み出されていたことをコリンズは明らかにしている」、「コリンズによれば、伝統と近代といった対立的な区分は西洋世界の創作であって、アフリカでは伝統的音楽はつねに創造され、再創造されてきたという」(ともに P.331)など。

(個人としても、世界中を旅して歩いて、著名ミュージシャンのものを含めて多数の歌と演奏を録音してきている。中には貴重なものも多く、「自由に使って構わない」と言われているものもあるが、非西洋圏における「著作権」に関して戸惑いがあるままなので、そうした録音は基本的に公開していない。)

 あとひとつ。アフリカのポピュラー音楽に興味があるので、日々関連文献を探しているのだが、新著(主にアメリカでの出版物)には、音楽そのものについてより、その社会性について論述するものが多いように感じていた(それで買うことを躊躇することが多かった)。『アフリカ音楽学の挑戦』を読むと、確かにその傾向はあるようで、「(...) それらが音楽の分析からほとんど完全に離れて音楽の社会史研究になっている (...) 」(P.40)、「アフリカ音楽史の歴史においては、(...) 構造的アプローチは (...) 社会史的アプローチにとって代わられ (...) 」(P.336) と書かれており、その理由にも触れられている。こうした傾向がもたらされたのには、他の理由も浮かぶとともに、アフリカ音楽を社会の中に位置付けて考える意味と必要性についても再考させられたのだった。



d0010432_16174965.jpg



 塚田健一さんの本はほとんど読んでいないかなと思いながら、書架をチェックしてみたら、『アフリカの音の世界』、『アフリカ音楽の正体』、スコラの『アフリカの伝統音楽』(スコラのプロジェクトとは少々関わりを持っていて、それとは別に献本いただいていた)の3冊は読んでいた。『アフリカ音楽の正体』は、ドラムで会話するという都市伝説?を打破した(慣用句はやりとり可能だが、あらゆる会話のやり取りは不可能)ところに、やっぱりと頷く。ルヴァレに言及した部分もあって、色々忘れているので、再読しようと思いながら、塚田さんの他の著作『文化人類学の冒険』『世界は音に満ちている』も手配した。






[PR]
by desertjazz | 2018-05-10 14:03 | 本 - Readings

d0010432_16145366.jpg


 塚田健一の『アフリカ音楽学の挑戦 伝統と変容の音楽民族誌』を読了(この本については別途紹介)。その参考文献リストをチェックしながら、前回の記事で取り上げなかった、ジョン・コリンズ John Collins の著作について調べてみた。

 それらのうちの1冊 "West African Pop Roots" (1992) が書架から出て来たので拾い読み。これはコリンズの最初の?著作 "African Pop Roots: The Inside Rhythm of Africa" (1985) に追補したものらしく、彼のその後の著作はこれを出発点として内容を膨らませていったようだ。「西アフリカ」とは言え、彼の著作全般が英語圏西アフリカ音楽に傾倒しているのと同様、ここでもガーナを中心に記述を展開している(英語圏だからなのか?南アにも一章割かれている他、リベリアの章も興味深い)。

 そのことを補うべく、仏語圏西アフリカに関しては Flemming Harrev が "Francophone West Africa and theJali Experience" の章を代わりに書いている。"The Lion" をリリースして世界進出するまでの Youssou N'Dour を中心にセネガル音楽史について語られていて、Youssou のダカールでのライブの情景や彼へのインタビューを読んで今から約30年前のことが懐かしくなってしまった。

John Collins "African Pop Roots: The Inside Rhythm of Africa" (W. Foulsham and Co., 1985)
John Collins "West African Pop Roots" (Temple University Press, 1992)

 ジョン・コリンズについては、彼がコンサート・パーティーに関して執筆した論文 "The Ghanaian Concert Party : African Popular Entertainment at the Cross Roads" もあったのだが、これを読むには著者本人にリクエストする必要があるらしい。興味はあるが、そこまでして読む必要はないかもしれない。

 John Collins "The Ghanaian Concert Party : African Popular Entertainment at the Cross Roads" (Ph. D. Dissertation, State University, 1994)




 ガーナのハイライフに関してはこんな著作も見つけた。今年7月に出版予定。どんな内容の本なのだろうか?

Nana Abena Amoah-Ramey + A.B. Assensoh (Foreword) "Female Highlife Performers in Ghana - Expression, Resistance, and Advocacy"


(仏語西アフリカのポップに関しては、昨年パリで入手した Florent Mazzoleni "Afro Pop: L'age D'or des Grands Orchestres Africains" が圧倒的に充実していると考えている。読んで紹介したいところなのだが、フランス語なのでいつ読み終えられるのか定かではない。)





[PR]
by desertjazz | 2018-05-10 14:02 | 本 - Readings

d0010432_22193619.jpg


 今年はジャズに関する書物や海外の小説を中心に読書しているところなのだが、アフリカ音楽については、ガーナ及びナイジェリアのハイライフ・ミュージックとパームワイン・ミュージックに関する文献を集中的に読んでいる。そのきっかけとなったのは、昨年暮にジョン・コリンズ John Collins の新刊 "Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" (奥付は 2016年となっている)が出版されたこと。ジョン・コリンズは長年ガーナで音楽活動(ミュージシャンあるいはプロデューサーとして)と音楽研究を続ける白人。彼はフェラ・クティとも親交が厚く、77年頃には共同でフェラのドキュメンタリー映画の制作も行なっていた(映画はご承知の通り未完成)。彼の著作 "Fela: Kalakuta Note"(KIT Publishers 2009年と Wesleyan University Press 2015年の2つのエディションがある)は以前このブログでも紹介した。

 ジョン・コリンズの筆によるまとまった記事を初めて読んだのは、ミュージックマガジン社の『ノイズ』創刊号に掲載された「西アフリカのポピュラー音楽 ハイライフ、パームワイン・ミュージックの歴史」(1989)だった。雑誌原稿としては異例とも言える全20ページもある長文で、ハイライフとパームワイン・ミュージックについて日本語で書かれたものとしては今現在も最高の文献だと思う。最初読んだ時にはさっぱり分からず、この音楽のどこが面白いのか理解できなかったことが今では懐かしい。この記事に続けて掲載された深沢美樹さんの「ハイライフの国を訪ねて」と合わせて一体何度読んだことだろう。(ところで、「西アフリカのポピュラー音楽」の英文元原稿はどこかにあるのだろうか?)

 アメリカに注文した "Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" が届くまでの間、まず同じジョン・コリンズの "Highlife Time" (1994 & 1996) と "Musicmakers of West Africa" (1985) を読んでみた。前者は昔ガーナを旅した知人(音楽ライター)が見つけてきたことで知った本。コピーを取らせてもらったものの、なかなか通して読む機会がなかった。コピーではなく現物の本の方が読みやすいと思い至って、探し続けること約20年。ガーナ国内のみでの出版だったので、なかなか見つけられない。それを最近ようやく入手できたものの、その後は未読のままだった。後者の本も同様にネットで見つけたが、以降読む機会が失っていた。

 ようやく通して読んだこれら2冊、ハイライフ文献の決定版を期待した "Highlife Time" にしても、「西アフリカ」と題しながら英語圏諸国に限定した内容の "Musicmakers of West Africa" にしても、正直物足りなかった。読み終えて気がついたのだが、E. T. Mensah を筆頭に数々の時代の証人たちへのインタビューを中心に構成されているところなど、2冊はかなり重なる部分がある。ガーナとナイジェリアの音楽の歴史についてある程度頭の整理ができたのは確かだ。しかし、インタビューはさほど面白くないし(とにかくコリンズの質問が・・・)、著者周辺(交友のあったミュージシャンたち)の話題にも偏りがち。ガーナとナイジェリアのミュージシャン・ユニオンや各ミュージシャンの表彰歴といった話にもさほど興味が湧かない。

 それでも貴重な記録ではあり、細かな情報に気になるものは多かった。例えば "Musicmakers of West Africa" を読んでいて目に止まったのがこの写真(P.19)。深沢美樹さんがコンパイルした CD "Palmwine Music of Ghana" でも大きく取り上げられた Kwaa Mensah が何と女装している。Kwaa Mensah もコンサート・パーティーでは時にはこんな姿で演奏したらしい。ガーナのコメディアンがミンストレルを真似して白黒メイクした写真などは時々目にするが、これは初めて見たかも。

d0010432_21504102.jpg


 そしてコリンズの最新刊 "Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" を通読。当然ながら過去の著作との重複は多いものの、「パームワン・ミュージック」や「ハイライフ」という名前の由来も含めて、より詳しく丁寧に書かれている印象だ。主要ミュージシャンたちの経歴紹介も充実している。"Highlife Time" も "Musicmakers of West Africa" も今では入手がほぼ不可能なので、それらの内容を踏まえた上でコリンズが書いた彼の研究の集大成、正に「決定版」になったと言えるだろう。とても平易な英語で書かれているので、英語が得意でない自分でもサクサク進み、ほぼ2日で読み終えた。冗長なインタビューは省かれており、興味深いエピソードが並んでいて読み物としても面白い。熱心なアフリカ音楽ファンにとって一読する価値はあるかと思う。

 例えば、読み進めて興味を惹かれたのは、戦争との関係。19世紀末にイギリス軍がガーナに駐留し、そのブラスバンドの存在がハイライフ・ミュージックを生むきっかけの一つになったことからも、アフリカ音楽は元々戦争とは縁が深かったのだけれど、、、。

・第二次世界大戦中、連合国軍によりガーナからインドとビルマに送られたファンティ人兵士は「日本人を追い出せ」ばかりに戦わされた。(P.11/12)

・ナイジェリアのダンスバンド・ハイライフが衰退する決定的要因はビアフラ戦争だった(レゴスのハイライフ・ミュージシャンの多くが東部出身だったため)。

・ナイジェリアの Bobby Benson の乗っていた船はドイツ軍の攻撃を受け大西洋上を漂流、32日後に救助されカーボベルデへ、そこでギターを教わる。さらにイタリアを経てイギリスへ、ここで多くの楽器を学ぶ機会を得た。(P.133)

 さらに、こんな興味深い記述もある。

・ギニアで Sékou Touré が authenticité 政策の下、自国のポピュラーバンドと州立バンドを養成したきっかけは E.T.Mensah の演奏を聴いたことだった(・・・と最近知った)。(P.131) 

 ジョン・コリンズは他に "E.T.Mensah: King of Highlife" (1986)という本も出しているが未入手。しかし、この内容をリライトしたものが4枚組CD "E. T. Mensah & The Tempos - King of Highlife Anthology" (2015) のブックレットに解説(約60ページ!)として掲載されているので、最早不要だろう。


d0010432_22200143.jpg


 "Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" を読む前には、"Palmwine Music of Ghana" 2CD をじっくり聴きながら、深沢美樹さんが書かれた長い解説書も読み込んだ(今頃、、、)。

 その深沢さんの解説、ハイライフとパームワイン・ミュージックに関する日本語文献としては、先に触れた「西アフリカのポピュラー音楽 ハイライフ、パームワイン・ミュージックの歴史」以来の内容の濃さなのではないだろうか。かなりのアフリカ音楽愛好家にとっても、これさえ読めば十分なほどで、ジョン・コリンズの書著作は必要ないくらい。実際の録音を聴きながら歴史をたどれるのもいい。

 アフリカ音楽を聴き始めた頃、ダンスバンド・ハイライフとギターバンド・ハイライフがどうして同じくハイライフと呼ばれるのか解せなかったし、文脈によってハイライフもパームワイン・ミュージックも意味にブレを感じて頭の中が混乱した。実は「ハイライフ」も「パームワイン・ミュージック」も、広義の意味(ジャンル全体を指す)で使われる場合と狭義の意味(特定のスタイルを指す)で使われる場合があって(Juju や Konkoma についてもにたようなことが言える?)昔はそのことに十分な理解が及ばなかった。深沢さんの解説は広義/狭義の両面性を踏まえて書かれている点がさすがだと思う。

 ところで、深沢さんの解説で知ったこのサイトが楽しすぎる! まずは厳選された40曲 Highlife music selection (40 songs) を一気聴き。これは堪らない。全400曲まとめて一気に聴いてしまいそうになった。


d0010432_22201441.jpg


 ハイライフ関連の文献としては Nate Plageman "Highlife Saturday Night" (2013) がジョン・コリンズよりも詳細に書かれているので、真っ先に読むべきなのろう。そう思ってこの本も読み始めたところだ。深沢美樹さんがCD解説の参考文献に挙げていた Catherine M. Cole "Ghana's Concert Party Theatre" (2001) もどんな内容だろうと思って買ってみた。これはハイライフ・ミュージックが生まれる契機のひとつとなったガーナの「コンサート・パーティー」に関する書物。こんな本まで書かれていることが驚きだ。以前ここで紹介した Koo Nimo の伝記 "Six Strings and A Note" (2016) はまだ未読。いつ読めるのかな?


John Collins "Musicmakers of West Africa" (Three Continents Press, 1985)
John Collins "E.T.Mensah: King of Highlife" (Off The Record Press, 1986)
John Collins "Highlife Time" (Anansesem Publications Ghana, 1994 & 1996)
John Collins "Fela: Kalakuta Note" 1st Edition(KIT Publishers, 2009)
John Collins "Fela: Kalakuta Note" 2nd Edition(Wesleyan University Press, 2015)
John Collins "E. T. Mensah & The Tempos - King of Highlife Anthology" (RetroAfric, 2015)
John Collins "Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" (Cassava Republic, 2016)

Nate Plageman "Highlife Saturday Night - Popular Music and Social Change in Urban Ghana" (Indiana University Press, 2013)
Catherine M. Cole "Ghana's Concert Party Theatre" (Indiana University Press, 2001)
E. Obeng-Amoako Edmonds"Six Strings and A Note - Legendary Guitarist Agya Koo Nimo in His Own Words" (Ink City Press, 2016)


 こんな風にアフリカ音楽について読んでいると、その度に謎が解け、疑問が生まれ、また課題が広がり、そして音の聴こえ方が変わる。楽しいね!







[PR]
by desertjazz | 2018-05-03 00:00 | 本 - Readings

 昨年から今年の年初にかけては、数度の外遊やクロ・ペルガグ来日のことで忙しく、満足な読書ができなかった。それらの山を超えた今は一息ついて、ある程度まとめて読めるようになってきている。探してみると、面白い本、読まなくてはいけない本と次々に出会ったこともあって、最近は3日に1冊のペースでせっせと読んでいる。

 ジャズ本や小説を中心に読んでいるのだけれど、今年はかなりの豊作になる予感。ロビン・ケリー『セロニアス・モンク 独創のジャズ物語』、カール・オーヴェ・クナウスゴール『わが闘争2 恋する作家』、ラーナー・ダスグプタ『ソロ』、ヤア・ジャシ『奇跡の大地』、 角幡唯介『極夜行』あたりは年間ベスト10に残る有力候補。それぞれ読書メモを綴っておきたいとは思いつつも、その前に次の本に取り掛かってしまって後回しになりがちだ。


d0010432_22011588.jpg


 最近読んだカーレド・ホッセイニの『そして山々はこだました』も良かった。(以下、4/26 の Facebook に加筆して転載。)


 アフガニスタン出身の小説家カーレド・ホッセイニの第3作『そして山々はこだました』を読了。4月はこれで11冊完読。

 ホッセイニのデビュー作『君のためなら千回でも』は最初から1/3までに限れば傑作だった。特に、読み手が誰しも心に隠し持っている傷を突くような心理描写が見事。それ以降は筆力が落ちるが、それでも絶賛に値する作品だった。それに対して2作目『千の輝く太陽』は退屈。この作家はここまでかと思わされることに。

 それで期待せずに読んでみたこの3作目、1作目に匹敵するほどの素晴らしさだった。登場人物たちの心理描写も個性的な文章表現も鮮やか。構成が考え抜かれていいて、細やかに張り巡らされた数多い伏線にため息(登場人物、エピソード共に幾分多すぎて、誰なのか後で明かすことが多いことに起因する読みにくさもあったのだが)。作中、誰もが大きな不幸や不運に見舞われ、安寧な生活や夢が奪われる。それでも読後感が悪くないのは、それぞれが家族や血縁の絆を見出し、生きる喜びを掴み、そこに読み手の生き方にも返ってくるものがあるからだろう。

 残念だったのはラストの重要なシーン。ある意味、突然「神の視座」からの描写になっていて、小説として成立していないと思った。「忘れた方が幸せなこともある」という冒頭の掌編に戻る、作品の重要なテーマでもあるだけに、他の描き方はなかったのだろうか。

 カーレド・ホッセイニはこれで完全復活。この作品は再読したくなる濃さで、彼の最高作かも知れない。4作目の発表も待たれる。







[PR]
by desertjazz | 2018-05-02 00:00 | 本 - Readings

d0010432_16221264.jpg



 昨年のベスト・ブックの1位に選んだ、バーニー・クラウス『野生のオーケストラが聴こえる―― サウンドスケープ生態学と音楽の起源』を再読/精読してみた。やはり凄い内容だった。自分にとっては10年に1冊クラスの本かも知れない。

 バーニー・クラウス Bernie Krause は、(ピート・シーガーのいた)ウィーバーズに加入しミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせた後、数々のレコーディングに参加(『ローズマリーの赤ちゃん』『地獄の黙示録』『スパイ大作戦』『トワイライト・ゾーン』『奥様は魔女』などの映画/TVシリーズやドアーズのアルバムなど)。またポール・ビーヴァーとの2人組 Beaver & Krause としての活動やソロとしての作品も多い(2004年の "Citadels of Mystery" あたりは日本でも人気のあるアルバム)。しかし今は、世界中の環境音を録音し分析・研究する音響生態学者としての姿が有名だろう。自分も 1996年に出た CDブック "Notes From the Wold - The Nature Recording Expeditions of Bernie Krause" (ellipsis art..., 1996) で彼の興味深い活動を知った(この作品はWAVEで購入。同様な方も多いのでは?)

 『野生のオーケストラ』の原著 "The Great Animal Orchestra - Finding the Origins of Music in the World's Wild Places" (2012) はたまたま Wired の記事で知って、発売直後に入手することができた。しかし、英語が苦手なためこの本もなかなか読み進まなかった。

 ところが邦訳が 2013年にとっくに出ていることを、昨年、分藤大翼さんの講演(イベント)で知り、慌てて買って読み、そして彼の語る世界にすっかり心を奪われてしまったのだった。

 ・・・前振りが長くなってしまった。

 クラウスがこの著書全編を通して強調しているのは、「ジオフォニー」(geophony : 風や水、大地の動き、雨と言った非生物が発する自然の音)と「バイオフォニー」(biophony : 人間以外の野生生物が発する音)と「アンソロフォニー」(anthorophony : 人間が発する音。電気機械の音、くしゃみや話し声などの生理的な音、音楽などの管理下の音、足音などの偶発的な音の4種類)という3者の関係の重要性/重大さだ。

 初読時それらの中で最も感銘を受けたのは、自然界の生き物たちの発する鳴き声は、周波数的/時間的/空間的に棲み分けているという事実だった。適当なジオフォニー環境の中で大小様々な生き物たちは、低音〜高音の間の異なる音域を使って音を発し、また互いに邪魔にならないタイミングで鳴いたり鳴きやんだりするという。かつて人間もそのような音空間を自然と十分に意識して暮らし、そうした中から歌や音楽が生まれてきたらしいのだ。ピグミーとともに暮らし彼らの録音を長年続けたルイス・サルノによると、ピグミーはそうした音環境の中で生きることで安らぎを得ている様子や原始の時代から歌を紡ぎ上げて行っただろうことがよく分かるという。

 対して現代社会はどうだろう。店頭から暴力的な音をばらまく商店街、暴走する車やバイク、無駄なアナウンスの嵐、、、。特に都会では、自己主張ばかりで、共生も譲り合いも失われている。こうしたことは単に「うるさい」という音環境の破壊であるに止まらず、人心のストレスや野生生物たちの生命の危機にも結びついているという。(例えば、クジラが沖に上がってくる「自殺」は、軍事目的で使われるソナーの超低音が耐えられないことからくる自死であることをこの本を読んで初めて知った。)

 音環境に関する様々な事実、それも人間が豊かに/野生生物たちが平和に生きていく上で必須な事柄ばかりが、次々と明かされていく。サウンドスケープ研究の嚆矢、R・マリー・シエーファーの『世界の調律 サウンドスケープトはなにか』はもちろん、スティーヴン・ミズン『歌うネアンデルタール 音楽と言語から見るヒトの進化』、プルースト『失われた時を求めて』、オリヴァー・サックス『音楽志向症(ミュージコリフィア) 脳神経科医と音楽に憑かれた人々』、クリストファー・スモール『ミュージッキング 音楽は<行為>である』、あるいはルイス・サルノやアントニオ・カルロス・ジョビンとの個人的やりとりも時々参照点にしながら論を進めている。

 目を見張る事柄の連続で、全てのページに興味深いことが書かれていると言えるほど。人間も動物も生きる上では資格情報より音声情報の方が重要なのではないかと思い始めるほどだった。(しかし耳も目も塞いで歩く現代人の姿は何と絶望的なことか。。。)綴っておきたいことがたっぷりあるので、この稿、後日追記するか数回に分けて書き続けることにします。







[PR]
by desertjazz | 2017-08-22 17:00 | 本 - Readings

最近のアフリカ音楽本


d0010432_12193966.jpg


 著名な野外録音家であり仏Occra の創設者でもある、シャルル・ドゥヴェルの豪華写真集 "The Photographs of Charles Duvelle" が話題のよう。それで思い出して、ここ最近気になっていたものを中心にアフリカ音楽書をまとめ買い。以下、軽く拾い読みしてのメモ。


Banning Eyre "Lion Songs - Thomas Mapfumo and the Music That Made Zimbabwe" (2015)
Jennifer W. Kyker "Oliver Mtukudzi - Living Tuku Music in Zimbabwe" (2016)
E. Obeng-Amoako Edmonds "Six Strings and a Note - Legendary Guitarist Aya Koo Nimo in His Own Words" (2016)

 まずはアフリカ音楽史上の偉人3人、ジンバブウェのトーマス・マプフーモとオリヴァー・ムトゥクジ、ガーナのパームワイン・ギタリスト、コー・ニモの自伝。時代背景や関連ミュージシャンのことも織り込みながら(当然か)詳述されている。いずれにも初めて見る写真がたっぷり掲載されていて、眺めているだけでも楽しい。コー・ニモのディスコグラフィーは有益なリスト。


John Collins "Fela : Kalakuta Notes" 2nd Edition (2015)

 2009年の 1st Edition は出てすぐに買った。なので 2nd Edition は不要かと思ってパスしていたのだが、両者の目次を比較すると若干だけ章立てが異なっている。2nd には近年の Felabration などについても言及しているようなので、一応取り寄せてみた。そしてビックリ! この2冊別物と言っていいほどに違う。1st がカラー写真満載の大型本で、テキストは写真の合間に挟まっている印象だったのが(全160ページ)、今度の 2nd はテキスト中心で、その量は数倍に増えている。写真も全てモノクロで数は多くなくクオリティーも落ちている(全330ページ)。ということはフェラ研究者なら両方とも必携だろう。

 ジョン・コリンズはガーナ在住の学者/ミュージシャンでフェラ・クティとも親交が厚かった人物(映画を共同制作していたことも有名)。彼の著した "Highlife Time" (1994) は最高のハイライフ研究者だと思っているのだけれど、ガーナのみでも出版だったので入手困難なのが残念(全280ページ)。今年秋には新刊 "Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" の出版も予告されている。

d0010432_12171442.jpg


Majemite Jaboro "The Ikoyi Prison Narratives: The Spiritualism and Political Philosophy of Fela Kuti" (2012)

 これは 2009年に出た本と全く同内容で、表紙を差し替えただけのものだった。なので買わないでいたことを、本が届いてから思い出した。これは失敗! フェラ・クティが晩年宗教に傾倒しトチ狂って経緯について詳しい、、、と以前にも紹介した記憶がある。

d0010432_12174662.jpg


 ところでシャルル・ドゥヴェルの写真集には長いインタビューが掲載されていて、彼がフェラの家(多分カラクタ)に行った話もちょっとだけ出てくる。付属CDも聴きごたえたっぷりで、トラック12 "Balante balafon (Guinea Bissaul)" のまるでスティーヴ・ライヒのような音には誰もが驚くんじゃないかな?

 これら並べて見ると古い世代の音楽についてのものばかり。新しい世代の音楽についてもまとめて読みたいところだが、最近のラップ/ヒップホップなどはネット上の情報の方が早いし役に立つ。なので出版物に頼るまでの必要はないのかも知れない。そもそもネット情報の膨大さが悩ましいのだが、、、。







[PR]
by desertjazz | 2017-08-22 12:00 | 本 - Readings

BEST BOOKS 2016

d0010432_19581198.jpg


 1. バーニー・クラウス『野生のオーケストラが聴こえる―― サウンドスケープ生態学と音楽の起源』
 2. チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『アメリカーナ』
 3. ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』
 4. ブルース・スプリングティーン『ボーン・トゥ・ラン』
 5. オルハン・パムク『僕の違和感』


 今年は日本各地/世界各地への旅が続き、自宅で読書する時間がさほど取れず、その旅の間も本を読む時間的余裕がほとんどなかった(仕事も忙しく、また旅のプランニングにも結構な時間を要した)。なので、BEST ALBUMS と同様にこちらも5点に(10作選ぶにはやや無理があった)。

 1位、バーニー・クラウス『野生のオーケストラが聴こえる』(出版は 2013年:原書は出てすぐ買ったが軽く目を通しただけだった。日本語版も出ていたことに今年になって気がついた)は、自分がかねてから音と音楽に関して考えていることついてたっぷり整理して書かれている。音との関わり方そのものについても根本から考えさせられる。特に音響(自然音/環境音)と音楽との間には境界はなく、両者を同等/同時に楽しめるのはなぜなのかについて理解するのに大いに助けとなった。単に音楽の良し悪しを超えて、音と音楽をより深い次元で捉え直したい考えの人にとってはとても有益な本である。自然音とピグミーの歌声とが溶け合う/響き合うところが大きな魅力の "SONG FROM THE FOREST" と呼応し合う部分も多いので、きちんと紹介しておきたかった。来年もう一度じっくり読み直すつもり。

 2位、アディーチェ『アメリカーナ』は最新作の待望の翻訳。2013年に出た時、これの原書(英語)も出版と同時に買ったが全く読めなかった。アディーチェ、今回もさすがの筆力だ。基本的には純粋なラブストーリーなのだが、そこへの、アメリカやナイジェリアの社会状況、人種問題などの織り込み方が絶妙。短い一文によって一瞬で登場人物のイメージを喚起するセンスも実に鮮やかだ。

 3位、ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』は、ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』みたいな物足りない(いや退屈とさえ自分は感じた)本と似たようなものかと思いきや、正に「目から鱗が落ちる」論考の連続。人類の歴史を単に時系列に並べるのではなく、そこから導かれる新たな可能性を次々と提示する深い思索の書。自由や国や貨幣などいずれも万人が認める空想だとする視点が凄い。

 3月にスプリングスティーンのライブを観た直後から、スプリングスティーンに関してもう一度捉え直したいと思って、関連書物を手当たり次第に読み漁った。ピーター・エイムズ・カーリン『ブルース・スプリングスティーン アメリカの夢と失望を照らし続けた男』、デイヴ・マーシュ『明日なき暴走』(再読)、マーク・エリオット『涙のサンダーロード メイキング・オブ・ブルース・スプリングスティーン』、ジェフ・バーガー編『都会で聖者になるのはたいへんだ ブルース・スプリングスティーン インタビュー集 1973-2012』等々。その直後に、一連の読書に止めを刺すかのごとく、本人が自伝を出したのには驚いた。生々しい語りで読みごたえたっぷり。ただ、スプリングスティーンの音楽履歴を振り返るには、カーリンの『ブルース・スプリングスティーン アメリカの夢と失望を照らし続けた男』の方が役立った。

 パムクも多く読んだ1年だった。最新作『僕の違和感』、ようやく和訳が出た大作『黒い本』、未読だった『新しい人生』と『父のトランク ノーベル文学賞受賞講演』、そして『雪』を〔新訳版〕で再読。5位にはトルコの庶民の暮らし振り(と思い違い)から何ともほんわかとした暖かみが伝わってくる『僕の違和感』を選んだが、その対極にあるようなミステリータッチの『黒い本』でも良かったかも知れない。


 今年もノルマの100冊には遠く届かず。来年はもっと読みたい。







[PR]
by desertjazz | 2016-12-31 08:02 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31