人気ブログランキング |

カテゴリ:旅 - Abroad( 161 )

Dubai / Maroc 2010 (2)

d0010432_0404587.jpg

11/18 (Thu)

 退社後に関空へ。深夜便なので、勤務を終えてからでも余裕十分。23時半発のエミレーツ便でドバイへ。エミレーツに関しては長所・短所がそれぞれ多くて、そのあたり書いておきたいが、取りあえず後回し。結論としては、もう乗りたくないかな。しかしエチオピア再訪問を検討していて、もし実現させるとなるとエミレーツ便になりそう。

d0010432_17525926.jpg

 機内のTV & Audio の充実振りには驚かされた。エコノミーでもディスプレイは大きいし、とにかくチャンネル数の多さは驚き。ほとんどのアーティストと各曲にもいちいち説明がついている。

11/19 (Fri)

 午前4時半、アラブ首長国のドバイ Dubai 着。今日はエアポートホテル Premire Inn に1泊して身体を休める。イミグレがうんざりするほど怠惰で長蛇の列。結構待たされたが、ホテルには6時半に到着。泊料+30%で Early Check-In、エアポートホテルだと、こういった対応がスムーズだ。

d0010432_17523942.jpg
d0010432_17522867.jpg
d0010432_17521634.jpg
d0010432_1752684.jpg

 ホテル内で朝食後に少し仮眠を取ってから、ホテル発着のフリーシャトルで近所のモール City Center へ。ペルシャ料理の昼食とウィンドウショッピング。スパイスやお菓子の華やかなレイアウトにクラクラ。土産に買って帰りたい気持ちをなんとか我慢する。短いながらも旅はまだ始まったばかり。

11/20 (Sat)

 2時起床、読書。5時チェックアウト。7時50分発のフライトでモロッコのカサブランカへ。

d0010432_17515660.jpg
d0010432_17514035.jpg
d0010432_17513061.jpg

 ドバイ自体には観るところなしという印象。どこから見ても、SFチックというか、積み木細工というか、模型都市というか、なんだか笑ってしまう。

(帰路、機内で映画 "Inception" を観ていて、ドバイの光景と二重写しになってしまった。)







by desertjazz | 2010-12-02 02:00 | 旅 - Abroad

Dubai / Maroc 2010 (1)

d0010432_18161446.jpg

 今回のモロッコ旅行は、「3年連続アフリカ行き」の第一弾。久し振りにアフリカに行こうと思いついたのは、昨年のアフリカ旅行が流れたのもあるけれど、そろそろラストチャンスではないかと感じたから。体力面も含めた諸条件的に、遠出がいつ困難になるのか分からない。

 これまで8度のアフリカ旅行での訪問国は、セネガル、マリ、ナイジェリア、エチオピア、ウガンダ、ケニア、ザイール(コンゴ)、ザンビア、ジンバブウェ、ボツワナ、南アフリカ。一応アフリカの主要国は概ね訪れることはできたものの、北アフリカ/マグレブ域は未体験ゾーン。モロッコ旅行は何度も計画しながら、その都度予定変更してしまってきた。今回は長い休みが取りにくかったこともあり、ブラックアフリカではないものの、懸案のモロッコの地を踏んでみる気になった。

 そして、旅に出たもうひとつの理由は、現場の音/リアルな音を感じる必要を痛感しているから。かなりなまでパッケージ・メディアを楽しめるようにはなってきたが、「完全復帰」にはまだ遠い。やはり「閉じ込められた音」を聴くだけでは飽き足らなくなっているのだろう。レコードを聴くための時間や小遣いがあるなら、それらをもっとリアルな体感のために振り向けたいと思う。

 異国の音楽に興味があるからには、そうした音楽が生まれる現場にまで辿り着くことが理想。だが、それは簡単ではない。それでも、出かけて行って、自然のさざめき、街の響き、人々が交わす言葉などから掬い取れるものは大きい。それは音に限らず、暖かみ/冷たさだったり、香り/臭いだったり、風の柔らかさや大地の揺らぎだったりする。

 録音芸術の素晴らしさやライブの魅力は十分認めた上で、自然や都市が浴びせかけてくるものに対する皮膚感覚ももっと大切にしたい。それが、インドネシアのバリの森や、アフリカの砂漠と熱帯林や、さらには世界中の都市を繰り返し訪れることで、自分が学んだことだと思う。また、これからの旅での大きなテーマでもあり続けることだろう。





more...
by desertjazz | 2010-12-01 01:00 | 旅 - Abroad

Dubai / Maroc 2010 (0)

d0010432_0112416.jpg

 今回の旅で印象に残ったのは、マラケシュ(とその周辺)の「静けさ」と「静かさ」、建築と屋内装飾におけるライティングと配色が素晴らしさ、そして「猫の楽園」といったところだろうか。ジャマ・エル・フナ広場 Place Djemaa el Fna の混沌とした音の坩堝とは、まるで対局をなすような「静寂」がとりわけ感慨深かった。マラケシュのサウンドデザイン観察に面白みを見出した、そんな旅だったのだと思う。

 山頂付近に雪を頂く4000m級の峰を見つめながらのドライブ(写真)では、澄んだ空気の美味しかったこと。思わず大声で叫んでしまい、やまびこの響きも楽しんだ。これからしばらくは、音をめぐる思索・雑感の諸々なども交えながら、少し綴っていってみたい。

More
by desertjazz | 2010-11-30 00:00 | 旅 - Abroad

Back to Japan...

d0010432_23135893.jpg

 今夕、帰国。とても良い旅になった。

 音のバリエーション。
 色のコンビネーション。
 光のコントラスト。
 それらを心行くまで堪能し、記憶に刻んだ。

 さて、一体何から語り綴ったらよいのだろう。


 (Photo : Marrakech to Casablanca)









by desertjazz | 2010-11-28 23:00 | 旅 - Abroad

In Marrakech

d0010432_1175658.jpg
 古道具屋をまわってSP盤探し。




by desertjazz | 2010-11-22 16:00 | 旅 - Abroad

Spices in Dubai

d0010432_0164179.jpg
d0010432_01648.jpg

 Mt. of Safran




by desertjazz | 2010-11-19 19:00 | 旅 - Abroad

Dubai Now

d0010432_13341649.jpg
d0010432_1334391.jpg

 無事に日本脱出!




by desertjazz | 2010-11-19 08:33 | 旅 - Abroad

Blue Lines in Shanghai 2010

d0010432_1411355.jpg
d0010432_1412158.jpg
d0010432_1412933.jpg
d0010432_1413873.jpg
d0010432_1414580.jpg
d0010432_1415385.jpg
d0010432_142224.jpg

by desertjazz | 2010-04-12 00:04 | 旅 - Abroad

Foods in Shanghai 2010

d0010432_234225.jpg
 上海の案内人 C さんは「安くて美味い」がテーマ。その通りでほとんどが「安くて美味かった」。10人で15品くらい頼んでビールと紹興酒をガンガン頼んでも合計1万円以下。やっぱりまだまだ物価は安い。

 上海料理、確かに美味く感じられるのだけれど、どこでも似通った味なので、「味の素を使っているでしょう」と尋ねると、「その通り」との返答。味の素を使っていない店でも時々食べたのだが、その方が断然味わい深かった。それより、どこでも油と塩と砂糖の使用量が尋常ではなく、これには次第につらくなった。昔、成都で気が狂うほどに美味い四川料理をいただいた記憶が鮮明なだけに、そうした辛みに欠ける上海料理は刺激に乏しくもあったな。

 時々ワインが飲みたくなると、ホテルから歩いてすぐの距離にある Citizen Bar に2度足を運んだ。料理の類は普通にキチンと作られているし、接客も問題なく、まずまず上等。ここは2006年のCafe/Bar の「上海ベスト」に選ばれていることを後で知った。しかし、グラスワインが50元(約700円)からと、値段も上等だった。

More
by desertjazz | 2010-04-12 00:03 | 旅 - Abroad

Shanghai 2010

d0010432_157463.jpg
d0010432_1571231.jpg
d0010432_1572427.jpg
d0010432_1573142.jpg
 しかし、自分の中では中国はまだこうしたトーンの中にある。
by desertjazz | 2010-04-12 00:02 | 旅 - Abroad