カテゴリ:旅 - Abroad( 158 )

France 2017 - Day 2 (Part 1)

d0010432_20085140.jpg


 パリ2日目。以下、日誌から。 



早朝

 昨夜は1時過ぎに寝たのに、4時頃には目が覚めてしまった。仕方ないのでワイン飲み直し、日誌を整理(修正/追記)してブログにもアップ。


午前

 パリ初夜は最大で3会場ライブ4本を観る計画でいたので、その分翌日はゆっくり寝ているつもりだったのだが、予定が狂った上に朝4時に目が覚めてしまう。7時に朝食を食べて、読書などして過ごすも、どうにも間が持たない。

 9:30 ホテルをチェックアウト。外は雨。傘をフロントに預けたスーツケースに入れて来てしまったが、すぐに止むだろうと願ってそのまま歩き出す。

 バルベス Barbes は素通りし(まだどこも店を開いていない)、シャトールージュ Château Rouge へ直行して情報収集。ポスターを見て回っても目ぼしいライブ告知はなし。金曜日とあって賑やかで、食材を見て歩くのが興味深かった。



 Pigalle と St. George の間にある店のクスクスが美味しかったことを思い出し、そこで昼食。開店時刻よりも幾分早く着いたが気持ちよく迎えてくれる。迷って今回はタジンにする。「モロッコワインあるよ」というので、(飲むつもりはなかったのだが)それもオーダー。

 シャトールージュに戻り情報収集の続き。最大の衝撃は界隈最高/唯一まともなCD店だった PPCM Multimedia(29 rue Poulet)が何と携帯ショップになっていたこと。Los Barbados の大助さんから「どうもなくなったらしいよ」と伺っていたが、本当だった! あの愛想のいい女店主が必至に声がけしている姿を見るのは悲しかった。

 Diego Music(53 rue des Poissonniers)のコンゴ盤は古いアイテムばかりだし、Camara Production はギニア盤の制作を続けているものの、店舗スペースが半分になっているのにはビックリ。セネガル盤を毎度買い付けている Lampe Fall は食材屋と化して壊滅状態なので、パリでアフリカ盤を探す意欲がいよいよ失せる。アフリカの新作はフィジカルで聴く時代ではないことを実感(実際好きな曲でフィジカルの出ていないものが実に多い)。と思いつつも、今、別の戦略も抱いている。


午後

 寝不足、風邪、歩きすぎ、そして雨に当たって冷えて、疲れを感じる。なので今日はバルベスはパス。ホテルに戻り小休止。

 15:20 ピックアップしたスーツケースを引きずって Gare de l'Est へ。メトロに乗って街外れのアパートメント・ホテルに移動。理由はいつくもあるが、外食すると高くつくので、それを避けるのも大きな動機。しかし、重いスーツケースを持って地下鉄移動のは大変で大汗をかく。パリの地下鉄はどうしてここまでバリアフリーじゃないんだ! 今日はこの移動が一番疲れた。

 Bercy のさらに先のホテルにチェックイン。休みたいのを我慢して近所のスーパーへ。食材と酒を大量に購入。今日から合流するパートナーのお祝いに一番高いシャンパンも購入。しかし請求額を見るとありえない金額。間違ってるよ?って伝えようとするも相手にされず。後でレシートを確認すると、やっぱりシャンパンの代金が入力されていなかった。

 もう身体が限界。ベッドで一眠り。



 19:20 再び出発。瞬間横になって楽になったと自分に言い聞かせ、メトロに乗って凱旋門まで。Van Morrison のパリ公演(Salle Pleyel)へ。

 Van Morrison は一度は観たいと思い続けていたアーティスト。大の飛行機嫌いで有名なので日本公演はありえない筆頭。なので、欧州か米国で観るチャンスを窺っていたものの、毎度タイミングが合わない。

 それが今回パリで遂に観られた!

 しかし、、、20時開場とのことだったので、21時開始だろうと思って、20時過ぎに行くと、もう始まっているじゃないか !!!(最近は待つ体力がないので、開演ギリギリに行くようになってしまった。)

 それはともかく、ライブの内容は文句なしに素晴らしかった!  でもね、、、。

(キャパ2000人近い大会場、椅子席は高過ぎて手が出せず。スタンディングはキツイなと思っていたが、あっさり最前方まで行ってゆったり観られた。)


 ヴァン・モリソンを遂に観られて感慨ひとしお。ブルース、ソウル、ジャズと、曲間短く次々と曲を繰り出し、乗りまくる。歌はもちろん、アルトサックス吹いても、ハモニカ、ギター、ピアノを演奏しても歌心たっぷり。バックバンド(男4、女2)も完璧で、微かな無駄すらない素晴らしいサウンド。でもやっぱり何と言ったって、あの声! 数少ない真に偉大なロック・シンガーの一人であることを実感。ホント、彼は若い頃からずっと全盛期にあるアーティストだと思う。音楽に浸るって、こうしたことを言うのだろう。

 しかし、21時20分頃に終了。挨拶もアンコールもなく、終わった途端に客電がつき、BGM が流れ、ステージの撤収が始まる。ということは1時間20分しかやらなかったの? バンドメンバーたちもどこか急いでいるような様子だった。ヴァン・モリソンのライブは毎度こうした流儀なのだろうか? 内容はとても充実していたが、チケット代(82ユーロ〜150ユーロ強だったかな?)を考えると、皆満足できたのだろうか。

 それと、サウンドが丹精すぎて、終わって印象に残るものが少なかった。時間が短かった影響もあるのかもしれない。

 ちなみに、昨日観たマーク・ジュリアナも今日のヴァン・モリソンも、今パリで開催中の Blue Note Festival の公演のひとつ。


深夜

 ライブが予想外に早く終わったので、シャンゼリゼ通りにある fnac に立ち寄る。閉店時刻が迫っていたので、CD コーナーだけ一巡り。慌ただしくも目的の新譜は全部買えた。

 そうそう、今日はシャトールージュでも思わぬ収穫があった。そうした話は改めて。

 バスタブの湯に浸かった後、ビールとウィスキー飲みながら日誌の整理。26時に就寝。

 (万歩計を見ると 25000歩を超えていた。歩き過ぎだ!)





by desertjazz | 2017-11-17 23:59 | 旅 - Abroad

France 2017 - Day 1

d0010432_15565549.jpg


Day 1 : 2017/11/16 (Thu)

 またまたフランスに来ています。以下、初日の日誌から。



東京/朝

 羽田の JAL ラウンジでシャンパン飲みながら時間潰し中。今3杯目。5階の Sky View Lounge に初めて来てみたのだけれど、ここのスペースはとてもゆったりしていていい。

 今日からパリへ。フランスで音楽取材。いきなり今夜ライブ4本観るつもりだったが、Passi + Bisso Na Bisso が2月に延期と先ほどメールがあった。今回もいろいろありそう。風邪が抜けきらないので、無理するなってことなのかも知れない。

 旅立ちだというのに、どうも気が乗らない。数えてみたらフランスはここ30年間で14回目。同じ国にばかり行き過ぎているからだろうか。まあ今回も何か面白いものを見つけてきたいと思います。


パリ/夕

 10:50 発のフライトは順調で、15:22 に CDG 着。マイレージでは Cクラスが取れず、今回は PE。それでもエコノミーよりはずっと楽。(しかし近年のJAL、特にパリ便のCはマイルで取りにくくて参る。)機内映画も食事も絶望的内容。睡眠導入剤レンドルミンとウイスキーをストレートで飲んで寝てしまった。眠りは浅いがそれでも数時間休めたので体調はいい。8杯飲んだがアルコールも全く残っていない。

 16:50 Gare du Nord 側の安宿 Hotel de l'Europe にチェックイン。ここは昨年アムスからロンドンに移動する際に1泊して気に入ったところ。駅に近いし、安いし、親切だし。今回は早めに予約したのでツインが68ユーロ(通常の料金は100ユーロ?)。しかも過去にも泊まっているということで、朝食はサービスで無料とのこと。

 さて今夜は当初は Les Ogres de Barback の新作リリース・ライブ(Cabaret Sauvage)に行くつもりだったが、後で、Passi のファースト・アルバム "Les Tentations" 20周年ライブ(Élysée Montmartre、ゲスト Bisso Na Bisso)が発表になったので、そちらに予定変更。ところが公演前日にキャンセル(正確には来年2月に延期)。困るぜ。当然深夜 23:00〜29:00 のリリース・パーティー(Mona Lisa)も中止。ならばやっぱり Les Ogres de Barback を観ることにするかと思ったのだが、人気のグループなのでチケットは完売。諦めるしかない。

 今からバルベス界隈を散策するのも疲れると思い、ホテルで静養中。さて荷物を整理したら遊びに出るか?


パリ/夜

 21時、New Morning へ。マーク・ジュリアナ Mark Guiliana Jazz Quartet の新作 "Jersey" が聴くほどに良くなって来たので、彼らのライブを観ておこうと思って。オールスタンディングだろうと思っていたら、ステージを囲むように椅子が並んでいる。場所を確認しに19時過ぎに来たら既に行列ができていて疑問に思ったが、そういう訳か。ビール飲みながら後方からでもマークのプレイを観やすいポジションを探す。

 彼のプレイはとにかく楽しい、面白い。かなり個性的なスタイルで、音楽は自由でいいんだってことが伝わってくる。これだけ姿勢の悪いドラマーも記憶にないが、それも創造性に繋がっている。柔らかい音を中心に組み上げている点はやや意外だった。その分ダイナミックレンジの広さを生かしてもいた。途中全くの新曲も挟みながら、ほぼ "Jersey" の流れ通りに進行。マークのドラムはとにかく歌う。サックス、ピアノ、ベースの三人がドラムの伴奏に聴こえるくらい。なので、後半のセットはマークだけを観ていた。本編(第2部)の最後は「デヴィッド・ボウイの曲」と紹介して "Where Are You Now" をプレイ。これが泣けた。

 せっかくフランスに来ているなら、ここでしか聴けない観られないライブを観たい。ならば Les Ogres de Barback を選択すべきなのだが、彼らの音楽は未だにピンとこないのだ。Passi には思い入れないので仕方ないけれど、それより Bisso Na Bisso を生で聴いてみたかった(もちろん最盛期の勢いはもう期待できないのだろうけれど)。

 と、ホテルに戻って飲み直しながら日誌を整理しつつ、Facebook と Twitter にメモ。今日は朝からもう15〜16杯飲んでいるが、体調は良好。ちっとも眠くもない(日本時間だと午前8時)。全く酔わない、全然時差ボケしない身体に鍛え上げた成果か?

 25時就寝。






by desertjazz | 2017-11-16 23:59 | 旅 - Abroad

d0010432_23523202.jpg



 今夜は渋谷UPLINKで、デコート豊崎アリサが制作したドキュメンタリー映画『Caravan to the Future』の完成記念上映会(+木内みどりとのトーク)に行ってきた。

http://www.uplink.co.jp/event/2016/46848


 この映画はニジェールからナイジェリア北部カノまでを往復するラクダを使った塩キャラバンに4ヶ月密着したもの。淡々とありのままに撮影されており、観たい映像、聴きたい声、知りたい事実が丁寧に記録されていて、アリサのセンスが光る貴重なドキュメントだ。塩キャラバンの過酷さが伝わってくるし、物々交換のサイクルの描き方も適切な一方、キャラバンを率いる老いも若きも笑顔が絶えず、道中しばし遊びもあって見所は尽きない。

 なので、とても自然体で観られる映画。また砂漠に帰りたくもなった。

 自分はこれまで短い旅行も含めれば、アフリカではサハラの他に、エチオピアのダナキル砂漠(これは気温50度を超える砂漠をゆく塩キャラバンの取材が目的だった)やボツワナのカラハリ砂漠を歩き回った。確かにどこも環境は厳しいが、それでも毎度旅を終えるとすぐに戻りたくなる。

 理由のひとつは満天にまぶしく輝く星。まるでプラネタリウムのように(と書くと事実はまるで逆だが)周囲360度水平な地平線の上に広がる星空を眺めていると何もかもを忘れていく。世俗の諸事から隔離された感覚がいい。そのことは例えばカラハリ砂漠のど真ん中を車で走っている時、半径100km内には自分とドライバーの2人っきりしかいないのだと気がついた途端、怖さと同時にある種の快感のようなものもおぼえたのだった。

 自分が何度でも砂漠に帰りたくなるのは、このどの国にもどの組織にも属していない感覚がとても心地よいからなのだろう。それはあくまでも錯覚に過ぎないのだが。

 そんなことが頭に浮かびながら、同時にもうひとつ思い出したのは、自分が飛行機に乗っている時間が好きだと気がついたこと。マジカル・モーメンツ、窓に浮かぶトワイライトや明け方微妙に変化する明かりを眺めるのも好きだ。そして空を飛んでいるときには、国からも仕事からも義務からも諸々の雑事からも解放された気分になる。多分機内でも何も誰にも帰属しない感覚が得られるから、毎年飛行機に乗り続けているような気がする。

 砂漠に中にいることと、飛行機の中にいることとは、あくまでも異質でありながら共通点もあるように思う。世界中で出鱈目が大手を振るい、破滅へ向かっていると思わざるを得ない世界、そして自滅へとまっしぐらの日本。砂漠も飛行機も、それらから一時的にも避難させてくれる。もちろんこれはあくまでも、妄想であり思い違いに過ぎないのだが。

 などということも頭の片隅にチラチラ浮かんでしまったのだが、頭を空にして眺めていても心地よい映画だろうと思う。砂漠とそこで生きる人々の魅力がつまった映画。多くの方々に観て欲しい作品です! 次回上映は来年 1/17 とのこと。お薦めです!



 この映画を観て、またまたアフリカが恋しくなってしまった。アリサ(敬称略:アリサはアリサ。「さん」付けにはどうも違和感がある。)には、アフリカ再訪に関していろいろ相談させてもらっているところ。まだ計画は諦めていないので、どうぞヨロシク!







by desertjazz | 2016-12-26 23:50 | 旅 - Abroad

In Europe

d0010432_09022447.jpg

Klô Pelgag (Salle Paul Fort, Nantes 2016/11/24)


 今回のヨーロッパ旅行では、各国の美術館を巡り、Youssou N'Dour のパリ3公演と今気になる女性アーティスト3人、Sona Jobarteh、Hindi Zahra、Klô Pelgag のライブを観てきました。ライブはいずれも感涙ものの素晴らしさ。その間レコード探しもして、今日時点で土産分も合わせて約200枚購入。帰国後聴くのも大変そうです。

(旅行記の断片は Facebook / Twitter にこれまで88篇アップ。後日整理してリポートをまとめたいと考えています。)







by desertjazz | 2016-11-25 09:14 | 旅 - Abroad

Sounds & Music in the World 2016

d0010432_00254.jpg

(Ubud, Bali, Indonesia : Feb 2016)


 1月7日、ニューヨーク経由でブラジルへ。サルバドールやリオデジャネイロで2週間レコーディング・セッション。ブラジル取材は15年振りで、懐かしい景色ばかり。サルバドールの荒ぶる海を前にしてドリヴァル・カイーミの曲が浮かび、リオの街を歩いてカルトーラを思う(彼が創設したマンゲイラへも)。カエターノ・ヴェローゾの生まれ故郷では彼のお兄さんと偶然遭遇し、思い出話を聞かせていただいたり、一緒に記念写真を撮ったり。
 昨年暮れ、あるアフリカ音楽プロジェクトに関して SWP のマイケル・ベアードとメールでやり取りしていて、彼が1月に初めてブラジルを訪れることを知る(オランダからポルトガル経由で)。しかも自分の日程と半日だけサルバドールで重なる。これは奇跡! どうにか都合を合わせて13年振りに乾杯したのだった。1月21日帰国。

 1月31日、短い北海道旅行を挟んだ後に中国へ。大量の録音機材を調達して再びレコーディング・セッション。ここ数ヶ月間の不眠不休がたたってか、本番前に40度の高熱。それでも強力な解熱剤を飲んでどうにか乗り切る。中国滞在は6回目、都合7〜8ヶ月になる。田舎の原風景が懐かしい。2月7日に帰国。

 2月9日、インドネシアのバリ島へ。インドネシアは14回目(バリは13回目)。ウブドの常宿に籠って、朝・昼・夜、濃密な森の音を録音。とにかくここの眺めと音環境は素晴らしい。ただボーッとしているだけでも何と心地よいことか。究極の快楽! 
 2月14日帰国。インドネシアには毎度2週間程度滞在していて、これだけ短いのは初めて。今抱えている仕事が多いので、それもしかたない。

 3月11日、急な打合せが生じてサンフランシスコへ。中国と同様、アメリカにも行きたくないと思いながらも、アメリカ滞在は10回をとうに超えた。サンフランも4回目か5回目。打合せが済んだ後は特段することもないので(MoMA も閉館中なので)、美味しい食事(連日の女子会!)と美味い酒を楽しんで過ごす。
 その間、全米ツアー中のブルース・スプリングスティーンのライブを観るべくオークランドへ。"The River" の全20曲をアルバム通りに再現し、70年代の代表曲をこれでもかとプレイする、9年振りに観た彼のステージはとにかく凄かった!!!
 最近、世界トップレベルのアフロポップ研究家が連携してアーカイブス/データベースを作る動きが起こり、どうやら私もそれへの連携を求められている様相。その拠点がサンフランシスコに置かれているので、主宰者と直に会って話をしたかったが、残念ながらそこまでの余力はなかった。具体的な動きがあれば、後日お知らせしたい。


♪♪♪


 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。・・・って、もう3月下旬、春分も過ぎて桜の季節ですね。

 昨年末以降またまた怒濤のスケジュール。それでも世界各地で音と音楽を猛烈に浴び続けながら、マイペースで快楽にふける毎日を過ごしています。

 振り返ってみるとおよそ2ヶ月間で18フライト(飛行機に乗ることは全然苦じゃないけれど、さすがに飽きてきた)。ブログを書くどころか、好きな音楽や読書を楽しむ時間もほとんどありません。まあ、このご時勢、仕事があるだけでも感謝すべきことなのでしょう。

 今年の残りから来年にかけても、予定がびっしり詰まり始めてきました(7月のモロッコ行きは一旦延期。その後ベルギーとオランダに行くことを考えていたが、ブリュッセルでテロが発生し計画は見直しせざるを得ない)。そろそろブログも再開したいですが、さてこの先どーなる??






by desertjazz | 2016-03-24 00:00 | 旅 - Abroad

d0010432_2244740.jpg


 3年振りに訪れたマルセイユ。港湾エリアの再開発が進んでいて、モダンな建築が増えていた。


d0010432_23165372.jpg


d0010432_22443684.jpg


d0010432_22442394.jpg


d0010432_2305268.jpg


d0010432_231189.jpg


d0010432_22444882.jpg


d0010432_2245166.jpg


 でも、昔から変わらない風景があって…。

d0010432_22451040.jpg


 一方、ベルザンスはいまだ工事中。ARC 周辺の景色がさらに変わってしまったのは悲しい。

d0010432_224519100.jpg



 1995年にマルセイユに初めて来てから今回でちょうど 20年。その間、港やベルザンスを定点観測してきた印象を持っている。今度来るとき、この街はどう変化しているのだろうか。


d0010432_231732.jpg









by desertjazz | 2015-12-03 00:00 | 旅 - Abroad

 今年4月に訪れたパリ、その滞在記の後半を追記しました(日にちを遡って記事を載せています)。


(1)4/11「モンマルトルの丘のもとへ」

(2)4/12「パリの日曜日」
(3)4/12「ピカソ美術館が楽し過ぎるー!」
(4)4/12「ポンピドゥからバルベスへ」
(5)4/12「ジプシー音楽とレバノン料理の長い夜?」

(6)4/13「快晴の光を浴びながら18区散策」
(7)4/13「その時、奇跡は起こった」
(8)4/13「Faada Freddy "Gospel Journey" Live - 1」
(9)4/13「Faada Freddy "Gospel Journey" Live - 2」

(10)4/14「快晴初夏の日の『印象・日の出』」
(11)4/14「Dupain "Sòrga" Live」

(12)4/15「光の中のパリ(オルセー&オランジュリー)」
(13)4/15「プリムス! 願えば叶う」
(14)4/15「クロ姫の美しく不思議な世界 - Klo Pelgag Live」

(15)4/16「喧噪のモナリザ/静寂のイスラム」

(16)4/17「快晴&アート続きのままで最終日」
(17)4/17「パリの新常宿 Hotel George Opera」


d0010432_015712.jpg



 これにて今回の旅行記はほぼ終了。ほとんど誰も読んでいないだろうと思いつつ、自分のためにまとめてみました。後はエピローグ的に数本書いて完結する予定です。

 海外滞在の際には、万難排し周囲を納得させて2〜3週間休むようにしています。しかし、1週間ぶらっとパリに出かけただけでこの密度。毎度、旅行記/滞在記をきちんと書いて残しておきたいと思いながらも、こんな具合に予想を超えた充実振りなので全くまとめる時間が取れないなぁ。

 今回のパリは、Faada Freddy も Dupain も Klo Pelgag もゲストとしてご招待いただくことになりました。ならばきちんとリポートを書きたい。いやそれよりも、大好きなアーティストについては彼らの魅力をしっかり伝えたい。それがまだ出来ていないことが反省点です。






by desertjazz | 2015-05-16 23:00 | 旅 - Abroad

Index:パリ滞在記 2015 (14)

d0010432_017463.jpg


 日にちを遡って書いている今年4月の「パリ滞在記」。4/15 に観たクロ・ペルガグのライブについて、1ヶ月遅れで書き上げました。よろしくどうぞ!

 ・ クロ姫の美しく不思議な世界 - Klo Pelgag Live


 クロ・ペルガグの不思議で奇天烈な世界にどっぷり浸かってしまっている今日この頃。彼女のライブ、早くまた観たいです!






by desertjazz | 2015-05-15 19:00 | 旅 - Abroad

Paris 2015

d0010432_2136995.jpg

 今世界で一番好きなバンド、デュパン Dupain の新作お披露目ライブと、昨年ベスト・アルバムの2位に選んだクロ・ペルガグ Klo Pelgag のライブを観るべく、久し振りにフランスはパリへ行ってきました。

 通算11回目となった今回のパリ滞在1週間(4/11 〜 4/18)、デュパンのライブさえ観られれば良くて、あとはのんびり過ごすことになるのだろう。そう思っていたら、信じられないような奇跡が! やっぱり自分が旅をすると必ず何かが起こる !? 連日、食事を楽しむ余裕も満足に眠る時間もない(睡眠は遂に3時間に)ほどで、大充実、大満足となりました。

 今年のベスト・アルバム当確のファーダ・フレディ Faada Freddy の "Gospel Journey" もようやく購入。通常盤 CD の他に、10インチ・ジャケットの限定版2枚組(CD+DVD)とオマケがいろいろ入った EPボックスセットも入手。後者2つはレコード店では買えないレア・アイテムだと思います。

 パリでは、たくさんの人たちと会っていろいろなことを話し、見たかった美術作品をたっぷり鑑賞し、そして CD もセネガルやマグレブものを中心にどっさり買ってきました。

 ライブのレポートだとか、CD のレビューだとか、一体どこから始めたら良いのやら? まずは FB と Twitter にメモ書きしているところ。それがまだほんの一部で、入手盤もほとんど聴けていない状態。なんとか時間を作って少しずつでも紹介できればと思っています。






by desertjazz | 2015-04-21 22:00 | 旅 - Abroad