カテゴリ:旅 - Abroad( 154 )

Sounds & Music in the World 2016

d0010432_00254.jpg

(Ubud, Bali, Indonesia : Feb 2016)


 1月7日、ニューヨーク経由でブラジルへ。サルバドールやリオデジャネイロで2週間レコーディング・セッション。ブラジル取材は15年振りで、懐かしい景色ばかり。サルバドールの荒ぶる海を前にしてドリヴァル・カイーミの曲が浮かび、リオの街を歩いてカルトーラを思う(彼が創設したマンゲイラへも)。カエターノ・ヴェローゾの生まれ故郷では彼のお兄さんと偶然遭遇し、思い出話を聞かせていただいたり、一緒に記念写真を撮ったり。
 昨年暮れ、あるアフリカ音楽プロジェクトに関して SWP のマイケル・ベアードとメールでやり取りしていて、彼が1月に初めてブラジルを訪れることを知る(オランダからポルトガル経由で)。しかも自分の日程と半日だけサルバドールで重なる。これは奇跡! どうにか都合を合わせて13年振りに乾杯したのだった。1月21日帰国。

 1月31日、短い北海道旅行を挟んだ後に中国へ。大量の録音機材を調達して再びレコーディング・セッション。ここ数ヶ月間の不眠不休がたたってか、本番前に40度の高熱。それでも強力な解熱剤を飲んでどうにか乗り切る。中国滞在は6回目、都合7〜8ヶ月になる。田舎の原風景が懐かしい。2月7日に帰国。

 2月9日、インドネシアのバリ島へ。インドネシアは14回目(バリは13回目)。ウブドの常宿に籠って、朝・昼・夜、濃密な森の音を録音。とにかくここの眺めと音環境は素晴らしい。ただボーッとしているだけでも何と心地よいことか。究極の快楽! 
 2月14日帰国。インドネシアには毎度2週間程度滞在していて、これだけ短いのは初めて。今抱えている仕事が多いので、それもしかたない。

 3月11日、急な打合せが生じてサンフランシスコへ。中国と同様、アメリカにも行きたくないと思いながらも、アメリカ滞在は10回をとうに超えた。サンフランも4回目か5回目。打合せが済んだ後は特段することもないので(MoMA も閉館中なので)、美味しい食事(連日の女子会!)と美味い酒を楽しんで過ごす。
 その間、全米ツアー中のブルース・スプリングスティーンのライブを観るべくオークランドへ。"The River" の全20曲をアルバム通りに再現し、70年代の代表曲をこれでもかとプレイする、9年振りに観た彼のステージはとにかく凄かった!!!
 最近、世界トップレベルのアフロポップ研究家が連携してアーカイブス/データベースを作る動きが起こり、どうやら私もそれへの連携を求められている様相。その拠点がサンフランシスコに置かれているので、主宰者と直に会って話をしたかったが、残念ながらそこまでの余力はなかった。具体的な動きがあれば、後日お知らせしたい。


♪♪♪


 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。・・・って、もう3月下旬、春分も過ぎて桜の季節ですね。

 昨年末以降またまた怒濤のスケジュール。それでも世界各地で音と音楽を猛烈に浴び続けながら、マイペースで快楽にふける毎日を過ごしています。

 振り返ってみるとおよそ2ヶ月間で18フライト(飛行機に乗ることは全然苦じゃないけれど、さすがに飽きてきた)。ブログを書くどころか、好きな音楽や読書を楽しむ時間もほとんどありません。まあ、このご時勢、仕事があるだけでも感謝すべきことなのでしょう。

 今年の残りから来年にかけても、予定がびっしり詰まり始めてきました(7月のモロッコ行きは一旦延期。その後ベルギーとオランダに行くことを考えていたが、ブリュッセルでテロが発生し計画は見直しせざるを得ない)。そろそろブログも再開したいですが、さてこの先どーなる??






[PR]
by desertjazz | 2016-03-24 00:00 | 旅 - Abroad

d0010432_2244740.jpg


 3年振りに訪れたマルセイユ。港湾エリアの再開発が進んでいて、モダンな建築が増えていた。


d0010432_23165372.jpg


d0010432_22443684.jpg


d0010432_22442394.jpg


d0010432_2305268.jpg


d0010432_231189.jpg


d0010432_22444882.jpg


d0010432_2245166.jpg


 でも、昔から変わらない風景があって…。

d0010432_22451040.jpg


 一方、ベルザンスはいまだ工事中。ARC 周辺の景色がさらに変わってしまったのは悲しい。

d0010432_224519100.jpg



 1995年にマルセイユに初めて来てから今回でちょうど 20年。その間、港やベルザンスを定点観測してきた印象を持っている。今度来るとき、この街はどう変化しているのだろうか。


d0010432_231732.jpg









[PR]
by desertjazz | 2015-12-03 00:00 | 旅 - Abroad

 今年4月に訪れたパリ、その滞在記の後半を追記しました(日にちを遡って記事を載せています)。


(1)4/11「モンマルトルの丘のもとへ」

(2)4/12「パリの日曜日」
(3)4/12「ピカソ美術館が楽し過ぎるー!」
(4)4/12「ポンピドゥからバルベスへ」
(5)4/12「ジプシー音楽とレバノン料理の長い夜?」

(6)4/13「快晴の光を浴びながら18区散策」
(7)4/13「その時、奇跡は起こった」
(8)4/13「Faada Freddy "Gospel Journey" Live - 1」
(9)4/13「Faada Freddy "Gospel Journey" Live - 2」

(10)4/14「快晴初夏の日の『印象・日の出』」
(11)4/14「Dupain "Sòrga" Live」

(12)4/15「光の中のパリ(オルセー&オランジュリー)」
(13)4/15「プリムス! 願えば叶う」
(14)4/15「クロ姫の美しく不思議な世界 - Klo Pelgag Live」

(15)4/16「喧噪のモナリザ/静寂のイスラム」

(16)4/17「快晴&アート続きのままで最終日」
(17)4/17「パリの新常宿 Hotel George Opera」


d0010432_015712.jpg



 これにて今回の旅行記はほぼ終了。ほとんど誰も読んでいないだろうと思いつつ、自分のためにまとめてみました。後はエピローグ的に数本書いて完結する予定です。

 海外滞在の際には、万難排し周囲を納得させて2〜3週間休むようにしています。しかし、1週間ぶらっとパリに出かけただけでこの密度。毎度、旅行記/滞在記をきちんと書いて残しておきたいと思いながらも、こんな具合に予想を超えた充実振りなので全くまとめる時間が取れないなぁ。

 今回のパリは、Faada Freddy も Dupain も Klo Pelgag もゲストとしてご招待いただくことになりました。ならばきちんとリポートを書きたい。いやそれよりも、大好きなアーティストについては彼らの魅力をしっかり伝えたい。それがまだ出来ていないことが反省点です。






[PR]
by desertjazz | 2015-05-16 23:00 | 旅 - Abroad

Index:パリ滞在記 2015 (14)

d0010432_017463.jpg


 日にちを遡って書いている今年4月の「パリ滞在記」。4/15 に観たクロ・ペルガグのライブについて、1ヶ月遅れで書き上げました。よろしくどうぞ!

 ・ クロ姫の美しく不思議な世界 - Klo Pelgag Live


 クロ・ペルガグの不思議で奇天烈な世界にどっぷり浸かってしまっている今日この頃。彼女のライブ、早くまた観たいです!






[PR]
by desertjazz | 2015-05-15 19:00 | 旅 - Abroad

 今年4月に訪れたパリ、その滞在記の前半をまずまとめました(日にちを遡って記事を載せています)。


(1)4/11「モンマルトルの丘のもとへ」

(2)4/12「パリの日曜日」
(3)4/12「ピカソ美術館が楽し過ぎるー!」
(4)4/12「ポンピドゥからバルベスへ」
(5)4/12「ジプシー音楽とレバノン料理の長い夜?」

(6)4/13「快晴の光を浴びながら18区散策」
(7)4/13「その時、奇跡は起こった」
(8)4/13「Faada Freddy "Gospel Journey" Live - 1」
(9)4/13「Faada Freddy "Gospel Journey" Live - 2」

(10)4/14「快晴初夏の日の『印象・日の出』」
(11)4/14「Dupain "Sòrga" Live」


d0010432_19461586.jpg






[PR]
by desertjazz | 2015-05-09 17:00 | 旅 - Abroad

Paris 2015

d0010432_2136995.jpg

 今世界で一番好きなバンド、デュパン Dupain の新作お披露目ライブと、昨年ベスト・アルバムの2位に選んだクロ・ペルガグ Klo Pelgag のライブを観るべく、久し振りにフランスはパリへ行ってきました。

 通算11回目となった今回のパリ滞在1週間(4/11 〜 4/18)、デュパンのライブさえ観られれば良くて、あとはのんびり過ごすことになるのだろう。そう思っていたら、信じられないような奇跡が! やっぱり自分が旅をすると必ず何かが起こる !? 連日、食事を楽しむ余裕も満足に眠る時間もない(睡眠は遂に3時間に)ほどで、大充実、大満足となりました。

 今年のベスト・アルバム当確のファーダ・フレディ Faada Freddy の "Gospel Journey" もようやく購入。通常盤 CD の他に、10インチ・ジャケットの限定版2枚組(CD+DVD)とオマケがいろいろ入った EPボックスセットも入手。後者2つはレコード店では買えないレア・アイテムだと思います。

 パリでは、たくさんの人たちと会っていろいろなことを話し、見たかった美術作品をたっぷり鑑賞し、そして CD もセネガルやマグレブものを中心にどっさり買ってきました。

 ライブのレポートだとか、CD のレビューだとか、一体どこから始めたら良いのやら? まずは FB と Twitter にメモ書きしているところ。それがまだほんの一部で、入手盤もほとんど聴けていない状態。なんとか時間を作って少しずつでも紹介できればと思っています。






[PR]
by desertjazz | 2015-04-21 22:00 | 旅 - Abroad

パリ滞在記 2015(20)

〈7日目〉4月17日(金)Part 5 -〈8日目〉4月18日(土)


■快眠ファーストクラス(2)


◇ ラウンジのお食事

d0010432_032482.jpg
d0010432_032527.jpg

(空港への到着が遅れて時間がなくなったので、免税店などはパスして真っ直ぐラウンジへ。ここのラウンジは思っていた以上にしょぼかった。特にFのスペースは狭いし使いにくいしで、これならCのテーブルの方が楽。Cと共有の料理も見るからに食欲をそそるものはなくて、軽くつまんで小腹を落ち着かせるだけにする。パリの空港の一角に日本の会社が借りているスペースなので仕方ないのかな。タダなので文句は言わないでおこう。)


◇ 機内の様子

d0010432_0325781.jpg
(ディスプレイは23インチ。一度も見なかったけれど…。その下のシートまで足が届かない。)

d0010432_033110.jpg
(窓4つぶんのスペースを専有。)

d0010432_033568.jpg
(飛び立ってしばらくすると地平線が美しく色づく。このマジカル・モーメントが長距離ナイトフライトの大きな楽しみ!)

d0010432_0331052.jpg
(MENU と WINE LIST の2冊。シャンパンは Champagne SALON 2002。3杯目。良い意味でクセがあって美味しかった。それにしても出されたつまみのガッカリ感。)

d0010432_0331549.jpg
(ヘッドフォンは BOSE。ノイズキャンセル付き。予備の電池まで用意してることには感心。でも、CもFもシステムは要改善と感じた。)

d0010432_0331920.jpg
("パッサージュ 53" 佐藤伸一の洋食メニューに魅力を感じなかったので、無難に和食を選択。しかし、最初に佐藤伸一考案のアミューズが供される。イカとカリフラワーのこれは白ワインに合っていた。ちなみにパリ行きのフライトの和食は龍吟とのこと。ちょっと気になる。)

d0010432_0332352.jpg
(小皿 五彩:春野菜の炊き合わせ、鯛の若狭焼き、伊勢海老のキャビア添え、豆乳抹茶セリー、蚫のクリームチーズ和え)

d0010432_0332728.jpg
(どれもが普通すぎる。)

d0010432_0333118.jpg
(大吟醸酒2種、伯楽星 "桜" と磯自慢 "アメジスト" を飲み比べながら。)

d0010432_0333543.jpg
(最後はデザートとチョコをつまみながら、噂のストレートティー、Royal Blue Tea "Queen of Blue" で〆。)


*繰り返すが、ワインは白も赤も相当に美味しかった。例えば赤は Chateau d'Armailhac Pauillac 2007 など、Cよりもずっと良いものを揃えていた。いずれのボトルも未開封のようで、開けてすぐだったのにも関わらず。そうしたコンディションのものを選んでいるのだとすれば大したものだ。Fでは常に新品を用意し、空けたボトルはラウンジなど他に回しているのだろうか?


d0010432_0333858.jpg
(トイレはウォシュレット完備。おしぼりも紙製ではなくコットンのものだった。)

d0010432_0343640.jpg
(どこもピカピカ。)

d0010432_0344793.jpg
(食後にベッドメイキングをお願い。トイレから出たところで「パジャマに着替えますか?」と用意されたパジャマを示される。スーツ姿の乗客などの中には着替える人もいるのだろう。ベッドに様変わりしたシートは寝返り打てるだけの広さがある。)

d0010432_0358100.jpg
d0010432_03516100.jpg
(朝食はこんな感じ。)




 いろいろ文句も書いたけれど、FはCと比べてもぐっすり眠ることができる。何よりそれが一番。どうせタダなら、マイレージが溜まった時には、またFに乗ってみてもいいかな。



♪♪


 若干遅れたフライト。

 帰国。帰宅。まずビール!

 
 フランスには秋にまた行く予定。今からもう待ち遠しい!






[PR]
by desertjazz | 2015-04-17 23:05 | 旅 - Abroad

パリ滞在記 2015(19)

〈7日目〉4月17日(金)Part 4


■快眠ファーストクラス(1)


 どうにか空港まで辿り着いたが、車で移動する誰もが渋滞に巻き込まれたはずなので、チェックインカウンターも激混みだろう。イミグレも含めて時間がギリギリになるかもしれない。もしエコノミーだったならば…。

 この「滞在記」の最初に書いた通り、フランス便はなるべく JAL のCクラス(ビジネスクラス)に乗るようにしている。しかし今回は帰路もCクラスが取れなかった。だが、珍しくFクラス(ファーストクラス)に空きがあったので、「話のタネ」に久し振りにFに乗ってみることにした。

 まずはチェックイン。もちろん待つこともなく瞬時に手続き終了。その後も搭乗から日本到着まで、ほぼ他の乗客たちからほぼ完全に切り離される。チェックインが済んだら、手荷物検査、そしてイミグレへと進むことになるのだが、Cクラス以上は別ルートでショートカット。列に並ぶこともなく、気のせいかボディチェックは厳しくなく、イミグレの職員もにこやか。多くの空港は手荷物検査やイミグレをクラス分けしていないが、CDG のこの対応は毎度快適だと感じる(同時に、特別扱いし過ぎではないかという疑問も湧いて来るのだが)。そういえば、数年前に旅した北欧の空港でもこのシステムになっていて、セキュリティーチェックなどは楽だったな。

 ラウンジでも搭乗の際にも、接する誰もが物腰低く、まるで自分が大臣か大企業の経営者にでもなったような感覚が生じる。とにかく全てが特別待遇。バカな政治家たちにとっては、きっとこれが心地良いんだろうな。でも自分はまずこれが落ち着かない。機内でもアテンダントがひとりひとり自己紹介してきて、いちいち「xx様」「xx様」と「お声がけ」してくださるので、ゆっくり読書もできない。

 昔乗った時にも思ったが、Fは自分のような平民には余りにもオーバースペックすぎる。乗客8人に対してアテンダント3人のチームだからこそ可能なサービス。もちろんその気配りは有り難く受けとめるべきものなのだろうけれど。(それなのに、注文は度々忘れるし。20年くらい昔のCのアテンダントの方が気が利いていたかも?)

 結局のところ、Fの一番のメリットは自分の空間をしっかり専有できることだろうと思う。まるでマンガ喫茶みたいなCよりも2倍くらいは広い。そして他の客からは完全に隔離されていて、プライバシーがしっかり保たれている(FやCの席は機体前方でエンジン音が響かず静かな分だけ、実はCだと周囲の会話が結構気になるのだ)。おかげで、ベッドメイキングが済み睡眠導入剤を飲んだ直後には、自宅のベッドで寝ているかのように爆睡してしまった。

 料理も予想した通りで、特別なものではなかった(反対に最近のCはかなりいいと思っているのだが)。昔のFのような高級感も消えた。その分さっさと配膳してくれるのは有り難い(この話、以下割愛)。

 ただ、ワインのセレクションはとても良かったと思う(ここだけの話 JAL のCクラスのワインはガッカリするほど悪い)。どれも美味しくて、ついついシャンパン3杯、白ワイン3杯、日本酒2杯、赤ワイン2杯と…。それでも全くほろ酔いにもならず。勧められて、もっと飲みたかったのだけれど、ほどほどにしておく。

 と言うのは、周囲の様子がはっきりとは分からなかったものの、酒を飲み続けているのはどうやら自分ひとり? 隣の男性は缶ビール2本だけだったし。起きがけに赤ワインをお願いしたら、チーフに「人生をエンジョイされていますね」って言われてしまったくらい。ハイ、休日は朝からスパークリングワインを飲んでいます。

 他のお客さんを見回してもオシャレな人はいないし、カバン類も見るからに安物?が多い。噂に聞いていた通り、Fの乗客は贅沢なフライトを楽しむ気などなくて、移動中にしっかり休むために高い金額を支払っているのだろう。かく言う自分も、『バードマン』をもう一度観ようかなと思いつつ、他の乗客たちが食事を続けている合間にさっさと寝てしまった。

 でも、結論としては、Cクラスの方が気楽でちょうどいい。個人的にはエコノミーシートで長時間移動するのも全然苦ではないのだけれど、折角マイレージを使うのだったらビジネスクラスの方が断然お得! マイレージでエコノミーに乗るのは勿体ない。それなら早割で乗ってマイレージを貯めた方がいい。

(JAL を例に具体的に書くと、早割で5〜10万円で買えるエコノミー往復チケットに 55000マイル必要なのに対して、40〜100万円程度のビジネスクラスだと 85000マイル、ファーストだと 120000マイルと、コストパフォーマンスが圧倒的に違う。)

 ・・・と書くまでもなく、勿論、今回もマイレージの特典航空券を利用しての搭乗。ちなみに正規料金(往復)はおよそ 255万円!(勿論のこと、ファーストクラスにはディカウントチケットなど存在しない。)無能な政治家の様な輩たちほど、庶民から搾取した税金をこうした移動に使っているのかと思うと、怒りと呆れも湧いてくるのだった。


 今回Fに乗ったのには別の理由があってのこと(それは別の機会に)。またアテンダントたちは乗客の個人情報を事前にチェックしており、それに基づいた(微妙な)サプライズも演出。(この話は書くと長くなるので割愛。)マイレージの無料航空券なので、乗る前に、正規料金を支払ったお客さんとは差別されるかも知れないなんてことも思ったけれど、もちろんそんなことは全くなかった。むしろ逆の印象さえ受けた。マイレージでFに乗れるということは、それだけ普段から JAL のフライトと JAL CARD を利用している証だから、それも当然か。


 溜まったマイレージを使い切れないとブツブツ言っている友人たち、折角ならファーストクラスに無料で乗ってみるのもいいかもしれませんよ。ちょっとした社会観察をしながら、たっぷり頭も身体も休められます。


(ファーストクラスに乗ったと話すとびっくりした人もいたけれど、エコノミーで欧州往復に必要なのは 55000マイル。対してファーストは片道だけだと 60000マイルと、ほとんど差はありません。)



(続く)






[PR]
by desertjazz | 2015-04-17 23:04 | 旅 - Abroad

パリ滞在記 2015(18)

〈7日目〉4月17日(金)Part 3


■ビッグトラブル! まさかの乗り遅れ?


 17時、事前に予約しておいた空港行きのシャトルがホテルまでお出迎え。こうしたシャトルはこれまでにも何度か利用したことがあるが、今回も同じく7人乗りの車(客は6名)。途中で2カ所別のホテルに立ち寄って客をピックアップ。アジア系(韓国?中国系?)のカップルがドライバーにがっつり怒られていた。時間に遅れて他の客に迷惑をかけるな、とでも叱責されていたのだろうか(乗る時に「I'm sorry」と口にしたので、少なくとも中国本土人ではなさそうだ)。

 パリ1週間、ここまで全てが順調だった。最初から最後まで快晴続き。観たいライブは全て観られたし、フランス在住の知人たちやアーティストたちとも連日お会いすることが出来た。レコードにも思わぬ拾いものが多々あって収穫はまずまず。

 土産もすでに購入済みなので、あとは機内でのんびり寛いで日本に帰るだけだ。心配性なので、搭乗時刻の3時間半前にホテルを出たから、空港でも時間に余裕があるだろう。

d0010432_0324192.jpg


 正月のサンフランシスコとは対照的に、美味しいものはあまり食べられなかったし、特別変わった展覧会などに足を運ぶこともなかったが、それらを除けばほぼ完璧な滞在だった。そう思っていたら、最後の最後にビッグトラブル。大渋滞に巻き込まれてしまい、車が全く進まない。そもそもバルベスから抜け出せないのだ。これは金曜の夕方だからだろうかとも考えたのだが、どうも様子がおかしい。ドライバーも「こんな経験はない」と焦り出す。彼はかなりのやり手と見えて、車線を逆走までして抜け道を探したものの、とうとう途中の交差点で大量の車が糞詰まりして完全にストップ。もしかするとこれは間に合わないかも?

 それでもチビリチビリ進んで、高速道路の入口近くまで。ここまで辿り着いたところで、やっと状況が掴めた。大火災が発生して、その影響で道という道が「全面ストップしている」とのこと。同乗している他の客は搭乗時刻が自分よりもずっと早い。これは不味いな。そう考えている矢先、ビジネスマン2人が荷物を引きずって車の脇を走り抜けて行く。その姿を目にしてドライバーと供に爆笑。ここから空港まで走っていく気?

d0010432_0324427.jpg

 高速道に入ると、ようやく車列がほどほどスムーズに流れ出す。すると巨大な黒煙が見えてきた。この煙が車道を覆っていたのか。

 自分は空港行きシャトルとの相性がどうも悪い。前回も CDG まで1時間半もかかってしまった。順調に行けば1時間かからないはずなのに。その記憶があったので、今回は PER ラインで CDG に戻ることをずっと考えていたのだった。

 気を揉みながらも、どうにか2時間かかって CDG に到着。結局は間に合った。恐らくこれまで1000回くらい飛行機に乗っており、それなりに色々なことを経験してきたけれど、不思議なことに過去乗り遅れたことは(実質)一度もない。なので今回も絶対に間に合うと心の底では信じていたのだった。

 さて、チェックインだ。こうしたトラブルが起こった時にはカウンター前が大行列となること必至。でも大丈夫。帰路もエコノミークラスを避けておいた。これは正解だった!


(続く)






[PR]
by desertjazz | 2015-04-17 23:03 | 旅 - Abroad

パリ滞在記 2015(17)

〈7日目〉4月17日(金)Part 2


■パリの新常宿 Hotel George Opera


 パリに限らず自分がホテルに求めること。それは、場所の良さ、値段の安さ、環境の良さ(とりわけ夜間に静かなこと)、安全性、スタッフの雰囲気(ホスタピリティー)、清潔さ、とそんなことろだろうか。広さや採光性も加えたいところだが、それだけ全て揃ったような理想的なところはまずない。都市部でも毎回何とか1万円以下の部屋を探してみるのだが、この価格帯で満足できる宿と出会うには無理がある。パリだとエレベーターの届いていない屋根裏部屋のようなところがほとんどで、部屋でくつろごうにも全然楽しめない。

 今回も CDG からのアクセス、バルベス界隈に通うことなどを考えて、ホテルは北駅〜モンマルトル周辺に限定して探した(以前泊まった Republique 近くのデザインホテルがとても良かったのだけれど、なぜか見つけられなかった)。円高の頃でさえ上限1万円でも厳しかったのに、今の円安時代にこの予算では絶望的すぎる。最初は80ユーロくらいの部屋を探したのだが、全く話にならないので少々予算を上げることになった。

d0010432_214211.jpg


 主にTA (Tripadviser) を参考して3カ所に絞る。そして最終的に選んだのは St. George 駅直近の Hotel George Opera。1泊300〜1000ユーロくらいする高級ホテルが TAランクの上位を締める中で、このプチホテルは約1600軒中の80位前後に位置し、しかもコメント欄は絶賛の渦。これは期待できるだろう。狭くて表通りの音が上がってくる屋根裏シングルだと嫌なので、自分の年齢のことも諸々考慮してツインに変更。

d0010432_2142379.jpg


 このホテルに6泊したのだが、旅の全体があり得ないほどに完璧だったのと同様、ホテルに関しても全てのことにわたって満足した。

1.St. Geroge 駅そばということは Pigalle からも歩いて数分。なのでパリ市内のどこへ行くにもアクセスが至極便利。

2.今回のライブ会場 La Cigale (Faada Freddy) までは歩いて数分、La Trianon (Klo Pelgag) までも10分くらい。Dupain の Le Studio de l'Ermitage までも地下鉄で乗り換えなしの1本だった。

3.バルベスまでも約1kmなので、完全に徒歩圏。

4.部屋にはほぼ必要なだけの広さがある。

5.古い建物だがメンテナンスが十分で、汚いところ、臭いところなどなし。

6.バスタブつき(これは事前に確認)。

7.セイフティーボックス付き(やっぱりこれは便利)。

8.ただし部屋には冷蔵庫もコーヒーメーカーもなし。これが不満点のひとつ。

9.しかし、ロビーにはバーコーナーがあって、深夜2時まで無料のドリンク類やつまみを自由に食べられる。個人的にはエスプレッソマシーンのあったことが何より嬉しかった。

10.ホテル周辺には美味しそうなレストランやバル、セレクトショップなどが並ぶ。対してすぐ近くのムーランルージュのような猥雑な雰囲気は目立たない。

11.周辺には BIO系のスーパーなども数店。深夜まで開いている小売店も多い。

12.内装のセンスもいい。レストランの写真をネットで見たときには、どうかな〜とは思ったけれど…。(正直、食堂エリアはやり過ぎかと思ったが、子供たちは喜ぶだろうなぁ。)

 さて、最後に気になる料金は、、、

13.この内容からは考えられない値段設定なのではないだろうか。ギリギリでプロモーション期間に部屋をおさえられたので、1泊131ユーロだった。現在のパリのホテルの水準を考えると、これは十分に安いと言えるだろう。どうやら中間業者を介在しない予約システムとなっているために、他の多くのホテルよりも安い料金設定が可能になっているようだ。6泊で756ユーロ(10万円弱)。ひとり旅だったので予算オーバーなのだけど、諸々考慮すると全く満足できる。

14.それほど安いのに、何と朝食は無料。これまで泊まったフランスのプチホテルは有料/無料にに関わらず、大抵はジュースとコーヒーと安そうなクロワッサン程度という貧弱な内容だった。だがここには、コーヒー、紅茶、ジュース、パン各種、シリアル各種は勿論のこと、ヨーグルト各種、卵料理各種、ソーセージ、生ハム各種、あらゆる種類のチーズ、(残念ながらわずかな生野菜)、プルーン3種、フルーツバスケット、フルーツポンチ、とっても美味しいケーキ、などなどがふんだんに用意されている。一応14ユーロと価格表示されてはいるが、朝食込みのコースを予約でいたので無料だった。この朝食の内容だけからでも、このホテルを高評価したい。

(ここで朝しっかり食べられたので、昼と夜はほとんど食べなくても過ごせたのだと思う。でも甘いものを食べ過ぎて、その分リバウンド。メタボ脱出、やり直しです。)

15.そしてここの食堂、客が退ける度にテーブルを丁寧に磨いていたことにも好感を持てた。

16.ホテルスタッフも皆揃って明るくフレンドリー。TA に書かれていた通りだった。

 Hotel George Opera には何から何まで大満足。バルベス〜シャトールージュでの買い物には便利だったし、ここに泊まっていなかったら Faada Freddy とばったり出会うという奇跡も起こらなかったかも知れない。今後は恐らくはここがパリでの常宿になると思う。

Thanks to all staffs of George Opera!! 


d0010432_2142589.jpg
d0010432_2142737.jpg
d0010432_2142165.jpg
d0010432_21421915.jpg
d0010432_2142226.jpg
d0010432_21422488.jpg
d0010432_21422831.jpg
d0010432_21425220.jpg
d0010432_21425557.jpg
d0010432_21425771.jpg
d0010432_2143449.jpg
d0010432_2143853.jpg
d0010432_21431268.jpg
d0010432_2144829.jpg
d0010432_21441963.jpg


(続く)





[PR]
by desertjazz | 2015-04-17 23:02 | 旅 - Abroad

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31