人気ブログランキング |

d0010432_19405748.jpg
 Randy Newman と Youssou N'Dour がずっと好きなように、そしてモンブランとティラミスがずっと好きなように、Zebda 一派の音楽もずっと好きだ。

 對馬さんのブログのこれこれを見てフランスにオーダーしたブツがいろいろ届いた。真っ先に聴いたのは、もちろん Mouss et Hakim の新作(5/31 発売)。間もなく国内盤が出るだろうし、對馬さんのライナーも楽しみなのだけれど、今回はそれを待ちきれなかった(安かったしネ。プレオーダーしたので何と9ユーロ!)。

 Zebda のフロント3人のうちの2人 Mouss と Hakim の Amokrane 兄弟が率いるグループの2枚組ライブ。内容については、先にリンクしたブログに詳しいので、付け加えることはなし。とにかく好き!としか言えない音楽だ。まるで祝祭かのような熱気あるサウンドも、Magyd Cherfi (Ex Zebda) のペンが紡ぎ出した胸が切なくなるような歌も、全部好き。2時間一気に聴き通してしまったけれど、贅沢言えば、彼らのライブはやっぱり踊りの渦に飲み込まれながら観たい。この音を聴いただけで、Zebda や Massilia Sound System のライブでの楽しかったフロア体験が浮かんできてしまった。

 今年8月に Mouss et Hakim を含めたオクシタン組が勢揃いするライブが開催されるだとか、来年 Zebda が新作をリリースする(對馬さんのツイッターに「Mouss Amokrane confirmed me that ZEBDA's new album will appear in 2011.」とある)だとか、情報がいろいろ飛び交っている。ひょっとしたら、Mouss et Hakim あるいは Zebda のライブをどこかで観る機会があるのかも知れない。

(追記)

 情報をひとついただきました。

 オクシタン・ミュージックをまとめて聴くならば、Mouss & Hakim, Massilia Sound System, Moussu T e Lei Jovents, Oai Star, Pape J が勢揃いする Festival Musicalarue が良さそうです。このフェス、確かボルドーのすぐ南で開催されるものだったはず。行ったら美味いワインも楽しめるだろうなあ。

 2010.06.07

(再追記)

 サンプル盤が2タイトル送られて来た。いつもありがとうございます(慌てて買って、失礼してしまいました)。

 Mouss & Hakim のライブ作は6月末頃に国内配給されるらしいです。

 2010.06.08
by desertjazz | 2010-06-07 19:22