人気ブログランキング |

Eating, Drinking & Reading

Eating, Drinking  & Reading_d0010432_038488.jpg
 Ballantine's & Rocky Salmon !!



 今年最初の週末旅行は、3泊4日で北海道へ。相変わらず毎月のように短期旅行のようなことを繰り返している。今年もこんな過ごし方になるのだろうか。

 今回の一番の楽しみは、毛ガニ!!

 外食はほぼ全くせず、誘われても飲みに行かない生活を始めて半年以上になる。不味いものや身体に悪そうなものは食べたくないし、少しでも節約したいと考えたこともあって始まった生活の変化。時折遠方から来客があった時に豪遊するのを除くと、必然、毎日3食とも自炊ということになっている(相変わらず昼食は弁当持参)。しかしこうした毎日だと生活圏で手に入る食材には限りがあるために、どうしても似たような味になってしまう。たまにはガツン!とした刺激が欲しい。最近は特に毛ガニに禁断症状。

 そういう訳で、神戸空港から北海道に飛び、千歳空港に降り立ってすぐに土産店のフロアへ直行。大振りの毛ガニ2杯を少し値切って購入。卵がたっぷり詰まったハタハタ(4尾で ¥1050)と鵡川産のシシャモ(メス10尾で ¥2980)も購入。前回はいつものS店で買った毛ガニがあまり良くなかったので、今回は試しにG店で買ってみた。そして、実家の近所のスーパーではホッキやカスベを購入。毎晩たっぷり北の味を堪能。肝心の毛ガニはまだまだベストのものではなかったけれども、それでも満足。やっと腹が落ち着いた気分だ。

 帰りの土産はもちろん大好物のロッキーサーモン。世の中にはこれほど美味いものがあるなんて、もしかしたらここ数年間で一番の驚きかも?(ちょっと大袈裟。)



 『ロビンソン・クルーソー〈上〉』(ダニエル・デフォー、岩波文庫)読了。ジャズのスタンダードに例えるならば、ミシェル・トゥルニエの『フライデーあるいは太平洋の冥界』と池澤夏樹の『夏の朝の成層圏』がカバー・ヴァージョンで、やっとそのオリジナル・ヴァージョンを味わったことになる。音楽と同様に、三者三様の味。トゥルニエは意外なほどにオリジナルを踏襲しながら(名前やら難破船の価値やら途中から加わるフライデーまで)独自性を出し、またカトリック/プロテスタントからの影響も大(そのあたりは日本人にとっては臭く感じられるはず)。無人島に置き去りにされた際に真っ先に気になるのは、いかに火を獲得するかだと思うのだが、デフォーもトゥルニエもそれには答えない一方で、池澤はそれに対する答えが絶妙であることが彼のヴァージョンを格段に面白くさせている。終わり方も池澤が好き(現実的ではないのだけれど)。全体的な読後の印象が最もいいのは、トゥルニエかな。

 下巻は評判があまり良くないようなので、パスするつもり。実際上巻を読んだだけで、その後の物足りないであろうことが予見された。それよりも、高橋大輔の『ロビンソン・クルーソーを探して』を読んでみようか。



 人付き合いをほとんど断ち、隠遁生活に近づいている現在は、どこかしらロビンソン・クルーソーになりつつあるのかも知れない(?)。いや、そろそろ人と会う算段を様々せねばならないのだろう。ただ、ひどく遅読なのにも関わらず、平均すると1日か2日で1冊ペースで読書し、毎日3食作っていると、ほとんどそれだけで毎日が過ぎていく。弁当のおかずも7〜8品入れるようにしているので、それなりに時間がかかる(実際は相当に早いけれど、、、)。

 ながらで音楽を聴くということをほとんどしないので、相変わらずCDを聴く時間も取れない。それでも今夜は Bugge Wesseltoft の "Playing" を繰り返しプレイング。最近は Maravoi の新作を聴いていたので、これが今年聴いた3枚目になるのかな?



 数年振りにバランタイン Ballantine's の17年を買ってきて(自分の小遣いで買える範囲では、やっぱりこれが一番好きな酒)、バカラのグラスでその上品な味を楽しむ。至福なり。

 この酒を買う際、時々贅沢な気にもなるのだけれど、よく考えたらCD2枚分ほどの値段。その程度の出費でこれだけ満ち足りた心地になれるのは幸せなことだと、今さら気がつく。
# by desertjazz | 2010-01-25 22:17

Readings

Readings_d0010432_22205516.jpg
『日本文学史序説』(加藤周一、筑摩書房)の下巻を読了。

 深夜 1:40。なんとか下巻 530 ページを4日(5晩)で読み終える。明日から北海道。中途半端に読み残した厚い本を携えるのも邪魔だし、少しだけ読み残して置いていくのも嫌だった。なので、今日は1日で残りの 220ページを読破。さすがに疲れた。

 通読してまず、『古事記』の時代からの土着世界観、此岸的で今を重視する態度的が、現代にまで続いていることを感慨深く思う。そして何故か嬉しい。

 この上下2巻を面白く思うのは、自分が日本の文学をほとんど読み切れていないこと、さらには日本の歴史をまともに知らないこと(日本史よりもアフリカ史の方が詳しいほど)の証拠なのだろう。

 だからこそ、これから読む本に対するひとつの指標を与えてもくれたのではないだろうか。いずれにせよ、読もうと思っていながら過ぎてしまった本や、再読したい本がたくさん。

#

 この間、頭休めに読んでいたのは、『おひとり京都の愉しみ』(柏井壽、光文社新書)や F. Scott Fitzgerald の "The Great Gatsby"(英語版で再読)など。今年は京都を歩こう!
# by desertjazz | 2010-01-22 02:00

iPhone

 遅ればせながら Photoshop elements 8 が昨年の秋に発売になったらしいことを知り、早速欲しいと思って出かける。elements 7 は Mac 版が出なかった(Win 版のみ)ので、Mac 版はもう出ないのだと思っていたので、歓迎したい発売。しかし店頭にはなかったので、まだ品薄状態なのだろうか。

 いや、本の目的は iPhone。やっぱり iPhone は面白そうなので、そろそろケータイを買ってもいいかなと思ったのだった。しかし、ネット上の Softbank の説明ではよく分からないことがあったので、料金などについて販売員にいくつか質問。その結果、経費に関して分かったこと(以下、3GS 16G について)。

・電話もネットも全く使わなくても、月々 3600円ほどかかる。
・わずかに10ページほど見ただけでもパケットの上限に達するので、電話を使わなくても月々 6000円ほどかかる(つまりは2年後には上限の料金が元に戻るので月々7000円ほどかかる)。
・つまりは2年間で20万円くらいの出費が考えられる。

 思っていたより遥かに高くて、自分にとっては贅沢だ。これでは買えないと考え、あえなく断念。だけど iPhone は欲しいなぁ。

 自分がケータイを持たないのは、「持つことによって失うものが大きい」と考えているから。加えて、ある意味「持たない」実験を行っている気になっているという面がある。ケータイがないと不便に思うことも多いが、逆にないことによって気がつかされることは多々ある。もうしばらくこの実験を楽しんでみることにしよう。

(昨年の転居時は、不動産会社を始めどこからもケータイの番号を尋ねられた。そのようなものはないので、一時的に先方から自分に電話連絡ができないという一種の「似非ホームレス」状態になってしまったのは不便だった。いや、今時ホームレスでもケータイくらいは持っている人も多いので、このたとえはおかしいか。)

 振り返ってみると、昨年ほとんど音楽を聴かなかったことで、あれこれ考えたり、自然と気がついたりしたことも多かった。「聴かない」実験を予期せず試みていたのかも知れない。
# by desertjazz | 2010-01-19 23:00

Readings

Readings_d0010432_22215367.jpg
 『日本文学史序説』(加藤周一、筑摩書房)の上巻を読了。

 このところの読書が小説や新書など読みやすいものが中心になっていたので、もっと本格的な書物にじっくり取り組もうと考えた(始まった余生には、これまでの読み残しや名著をなるべく読もうとしていることの一環でもある)。そこで今年最初に選んだのがこの本。今月8日から読み始めて、550ページを読み通すのにちょうど10日かかった。これは、精読とまではいかないものの、ある程度丹念に読み込んでいったからだ。

 加藤周一という評論家は、とても深い思索を分かりやすく解説し、決して難しい言い回しもしない人だと昔から思っていた。しかし、この本にはさすがに苦戦。漢文やかなまじり漢文の引用が数多く、しかも大概は何ら詳述されることもなく先に進んでいくので、我が頭の方はその都度急停止。何度読み返しても分からないところは、無理矢理想像力を働かせて進むことにもなった(特に第4章、第5章あたりには悶絶。自分は「古文・漢文」が猛烈に苦手だった)。

 それでも10日というのは漠然と予想していたよりもかなり早かった。それというのも、圧倒的に面白かったから。「こんな凄い本があったのか!」と絶えず思い続けることに。読み始める前には数多の作品を並べた「文学史」だと思っていたのだが、この考えは全く甘かった。単なる文学史には留まらず、日本で著された歴代の名著や有名書などを読み解きながら、日本の歴史、特に日本人の思想の歴史について見事に分析したものになっている。なので、自分では読んだことのない本ばかりについて語られるのに、自分の思考までもがひたすら刺激されることになった。学生時代に読んでおきたかったと、つくづく後悔も。

 この本は多くを語られてきた名著(著者による私論なので、勿論反論を投げかけられそうな部分はいくらでもある)であろうから、短い雑感だけに止める。さてこれから下巻だ。

# 余談(近況メモ) #
# by desertjazz | 2010-01-17 19:43

Manu Theron

 Manu Theron に関するメモ。

・ Manu Theron が参加する Chin na na poun のアルバムが今春リリース予定。4/29 - 5/6 には Cité de la Musique (Marseille) に出演。
Manu Theron_d0010432_20553335.jpg

Lo Cor de la Plana のコンサート・スケジュールから。フランス国内の大きなフェス3つへの出演が決定。

 3/25-3/27 Babel Med Music (Marseille, France)
 5/21-5/24 Festival Metisse (Angouleme, France)
 11/26 Festival Africalor (Pantin, France)

 新作のレコーディングは今年末になる見込み。



 Manu の歌声は聴きたいのだが、今年もフランスへ行くことができるのだろうか?



 時間が確保できず、年が改まってもまだCDを1枚も聴けず。今年も本当に好きな音楽を聴く時間しかないのかも知れない。
# by desertjazz | 2010-01-15 21:00

FZ

FZ_d0010432_1863742.jpg
 今年の1枚目は Frank Zappa の "You Are What You Is"。やっぱりこの頃の FZ は最高だ!

(今頃になって自宅からの徒歩圏に成城石井を発見。あれこれ食材を買ったついでに、少しだけ贅沢をする気になり、NIKKA の FROM THE BARREL を買って帰り、軽く一杯やりながら聴き入る。)



 Tower Records で新譜をチェック。Malovoi の新作など、ワールドものを購入。調べてみると2ヶ月以上の間 CD を買っていなかった。いや、それどころか、今年に入ってまだ1枚も CD やレコードを聴いていないことに気がつく。ならば、買ってきたCDはさておいて、2010年をスタートするに相応しいアルバムを選んで聴いてみようと考えてみた。さて、それは何だろう? 昨年は実にいろいろなことがあって結局つまらない1年になってしまったので、今年はもっと楽しい年にしよう、もっと音楽を楽しもうと思い、飛び切り楽しく気持ちよいアルバムを選択することにした。ドゥーワップからカントリー、現代音楽まで吸収して組み立てられたザッパの音楽は、この頃が最も完成度が高かったのではないだろうか。いや一切の解析を抜きにして、FZ、Ike Willis、Ray White の3人の低音成分たっぷりのヴォイス・アンサンブルや、FZ のギターを聴いているだけで、ただただ楽しい。"Sheik Yerbouti" や "Does Humor Belong In Music?" などにも同質なものを感じるのだが。

 このサウンドの太さや艶が気に入っていて、CD ではこうした音が再生されないのかも知れないと思い、未だにアナログ(のリマスター盤)で聴いている。しかし、このレコード、こんなに音が良かっただろうか? やはり、転居してリスニング環境が格段に向上しているようだ。機器の調整はまだきちんと行っていないし、プレイヤーやアンプは買い替えたいと考えてさえいるのにも関わらず。

 Beyonce を聴くのも爽快だろうなと思い、'Crazy In Love' が無性に聴きたくなったのだが、探しても CD が見つからない。転居後のレコードの整理をまだ終わっていないのだった。今年もやるべきことが多そうだ。
# by desertjazz | 2010-01-10 23:00

賀 正

 あけましておめでとうございます。
 (すっかり遅くなりましたが。)
 賀状や年賀メールを下さったみなさん、どうもありがとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

・以下、余談。
# by desertjazz | 2010-01-10 22:00

Readings - Africa

Readings - Africa_d0010432_22572645.jpg
2010.1.8 (Fri)

 『南アフリカの衝撃』(平野克己、日本経済新聞出版社)読了。南アの政治、経済、歴史と、問題山積の現状についてコンパクトにまとめられている。そこから、アフリカの中での南アの特殊性も伝わってくる。自分の知らなかった事実、興味深い情報も、もちろんある。だが、何をもって「衝撃」と言おうとしているのだろう。

 全体的に、著者の周辺から得られた細々した話を積み重ねた末に、大風呂敷なことを書いている印象を受ける点が気になる。そのために焦点が定まらない(『日本辺境論』よりはずっとマシかもしれないが)。新書サイズのためだろうが、用語の使い方や説明に不親切さも感じた。辛口になってしまうのは、白戸圭一の『ルポ資源大陸アフリカ 〜暴力が結ぶ貧困と繁栄〜』(東洋経済新報社)やセルジュ・ミッシェル+ミッシェル・ブーレの『アフリカを食い荒らす中国』(河出書房新社)を読んだ後だからということも否定しないのだが。



 二晩続けてアフリカの探求書を読んで思ったのは、日本のアフリカ戦略のこと。善戦している部分もあるし、見逃してしまった部分もあるのだろうが、政治・経済的には中国にとても敵わず、それはすでに手遅れとなっているのでもあろう。

 (ところで、TICAD の有効性ってどうなのだろう。一昨年、TICAD市民社会フォーラムの石田洋子が書いた『アフリカに見捨てられる日本』(創成社)を読んでもどうもピンとこなかったし、TICAD IV の公式サイト/関連サイトがどれも拙く継続性もなかったことに、日本のアフリカに対する政治力の乏しさも感じさせられたのだった。)



 今年は「アフリカの年」からちょうど50年。せっかくのタイミングなので、アフリカ関連の蔵書を整理しながら、あれこれ読み返してみたい気持ちはある。特にW杯開催までは南アが注目されるだろうから、この機に『新版 南アフリカの歴史』(レナード トンプソン、明石書店)や、『南アフリカ金鉱業史―ラント金鉱発見から第二次世界大戦勃発まで 』と『南アフリカ金鉱業の新展開―1930年代新鉱床探査から1970年まで』(佐伯 尤、新評論)なども、読んでみてもいいかなとも思う。だけれど、そのような時間を確保するのは難しいことだろう。

 今、調べてみたら、レナード トンプソンの本は第3版『南アフリカの歴史【最新版】』が昨年の11月に出ていた。何か内容が改められているのだろうか。だとしても、高い本なので買い直す気も(必要も)ないのだが。

###

 追記(コメントを受けて)

 この本は日経だし、白戸圭一の本も東洋経済だった。日本では経済界が率先してアフリカに着目している?
 著者は大使館で働いたこともある現ジェトロの人物なので、資料の再構成と伝聞の集積となってしまうのも仕方ないこと。ちょっとした伝聞の中にこそ、ビジネスチャンスの萌芽があるとも言えるのだろうけれど。
# by desertjazz | 2010-01-08 22:10

Readings - Africa

Readings - Africa_d0010432_22584133.jpg
2010.1.7 (Thu)

 『アフリカを食い荒らす中国』(セルジュ・ミッシェル+ミッシェル・ブーレ、河出書房新社)読了。

 面白い!「そんなことが起きているのか!」と思わせられる記述の連続。他数冊を併読しながらだったにもかかわらず、ほとんど1日で読み通してしまった。中国がアフリカを搾取する実態を詳らかにするだけの本だろうし、ならば読んでも気分が悪くなるだけで自分にとって必要な情報は少ないかと思って、買うことを躊躇していた。しかし、結果は全然逆で、近年出されたアフリカ関連のルポルタージュとしては最高の内容の本だと思う。

 まずタイトル通り、中国がアフリカ進出を成功させている状況を、歴史的、地理的(主要国はほぼ漏らさず、しっかり現地取材している)に網羅しながら、要人や関係者へのインタビューを交えて構成されている。それと同時に、アメリカが対アフリカ戦略(軍事的にも)の抜本的変更を余儀なくされていることが語られ、またかつてアフリカの広範囲を支配(植民地化)してきたフランスがその地場をほぼ完全に失っている様を再確認させるものともなっている。つまりは現代のアフリカ情勢を知る上では必読の書と言えるだろう。

 通読して理解できるのは、現在のアフリカ戦略に(特に経済的には)関しては中国が一人勝ちしているということ(中国の、したたかさと、同族意識や結束力と、金が全てでモラルなど無視するという価値観、これらには誰も敵わない)。そしてそれがアフリカ諸国と Win-Win の関係にあり、こうした状況は当面続きそうなこと。さらには、その蜜月関係の恩恵に浴しているのは、中国側もアフリカ側もごく限られた者だけだということだ。特に末端の労働者(アフリカ人も中国人も)の生き方に豊かさがもたらされることはほとんどないだろうことが伝わってくる。

 ただこうして読んだだけだと気分の滅入ることは避けられないのだが、中国のアフリカ進出が地域的にはある程度まで益するものであることも語られている。例えば、インフラ整備であり、例えば、地域紛争の緩衝であったり。もちろん実態としては、不利益を招いている例もまた多いには違いないが。また、アフリカ庶民にとっての悲観的状況を招いている原因を、中国側の姿勢に一方的に問うことは間違いで、かなりの部分までアフリカ側の為政者に責任のあることも分かる。つまりは、アフリカの現状は中国にひたすら蹂躙されているのではないため、アフリカの政治家の振る舞い次第では、アフリカが本質的な再生を可能とする余地も残されていることに、微かな希望も感じる。

 また、「やはり」と思わせられるのは、様々なレベルでアフリカ人と中国人との間の心的関係が全く良好でないことだ。予想できる通り(個人的にもアフリカ諸国で「悪口」を聞かされた通り)アフリカ人の中国人嫌いは強烈である。こうした関係がもたらす軋轢がいつか本格的に爆発するのではないか、それ以前にアフリカの国自身が自滅することによって中国からの投資や彼らの努力が灰燼に帰するのではないかという危惧も抱く。中国の「一人勝ち」は時限的なものなのではないだろうかと考えさせられるのだ。

 (読後感が予想に反してさほど悪くないのには、構成が見事で読み応えがたっぷりな著作に仕上げられていることがまずある。現地ルポは今のアフリカのトップトピックスとなっている国々を漏らさず取り上げているし、「だったら、あのことについては書かないの?」と疑問に思ったころにその話が始まるといった具合。またあちこちに散りばめられたささやかなユーモアにも、クスッとさせられた。)

 ブログで公開する文章としては、具体例を出したり引用を行ったりする方が親切なのであろうが、ここでは書評ではなく、個人的な読書メモを綴っているつもりなので、興味を持たれた方には「読んでみてください」としか言いようがない。アフリカに関するルポルタージュ/ノンフィクションとしては、『フランサフリック 〜アフリカを食いものにするフランス〜』(フランソワ=グザヴィエ・ヴェルシャヴ、緑風出版)を読んで以来の衝撃 !! そう、確かに読み始めてすぐ「この本は、中国版のフランサフリックについて語っている」と気づいたのだった。
# by desertjazz | 2010-01-07 23:42

Diary & Reading

Diary & Reading_d0010432_22592631.jpg

2009.12.30 (Wed)

 今日から短い冬休み。とにかくいろいろあって、慌ただしく、余裕もなく、それでいて何ら実りのなかった1年が無事に終えられることに安堵する。

 ヌカ床から刺すような異臭。どうやら塩が不足しているらしい。軽くメンテナンスしてから3泊の予定で外出。文庫本と新書3冊をバッグに。

 夜、自由が丘のBK1をチェック。それからイタリアンレストランで乾杯。

2009.12.31 (Thu)

 『関係する女 所有する男』 (斎藤 環、講談社現代新書) 読了。バリ往復の際に読み始めたものの、他の読書が忙しく、棚上げになっていた本。タイトルが内容の全てを表している。が、話を単純化しすぎているように思えるし、男が生まれる/女が生まれる話の下りは理解不能。

 ここ数年、読んだほとんどの新書がテーマひとつで書き上げた「水増し本」ばかり。そもそも新書とはそんなものなのかもしれないが、それにしては高すぎる。新書を読む気がほとんど失せてきた。

 誘われて群馬の高原の邑落で年越しすることになった。新幹線を降りると粉雪が舞い始める。冬には雪景色が似合う。



2010.1.1 (Fri)

 新春。昇る朝日がまぶしい。飛び切り美味しい手作りのお節料理に舌鼓。酒もサクサク進む。

 マンガ『20世紀少年』(全22巻)、『21世紀少年』(上下巻)を借りて読む。初巻を読むだけで、終末までの筆運びと終わり方が見えてしまい、途中を飛ばす。やはり(誰もが)想像する展開と結末だった。こうしたものを読むのは、自分にとって時間の無駄であることを確認するだけだった。

 朝日新聞に村上の『book 3』の広告。宣伝戦略が上手い。

 散歩。くっきり浮かび上がった山々の稜線が美しい。晴れた正月は一年で最も美しく山並みを浮かび上がらせる。そのことが好きだ。

 今朝の太陽も美しかったが、今夜の満月も美しい。

2010.1.2 (Sat)

 『悼む人』(天童荒太、文藝春秋)を借りて読み終える。気持ちが悪いばかりで、書く動機として筆者は根本的に思い違いをしているのではないかと思うしかなかった。これも時間の無駄だったようで、日本文学の新作/話題作を読む必要のないことを再確認。今年は定評の定まった傑作や古典を優先して読むようにしようか。

 初詣。建築や風景に眼が喜ぶ。

 毎日の犬の散歩、それも起伏の激しいコースだったために、脛が張る。

 昼から、濁り酒。夜は、ビール、桑酒、シードル、白ワイン、赤ワイン。連日、飲んで、喰って、寝るだけ。美味しい料理とたくさんの酒を振る舞われ、予想した以上に心地よい。なので、遠慮なくもう一泊させていただくことにする。

2010.1.3 (Sun)

 今回の年越しは、微かに、そして軽やかに舞う雪を眼で愛でる毎日だった。

 新幹線を4時間乗り継いで帰宅。車内ではビールを飲みながら読書。アルコールを入れると、やっぱりあまり進まず。

 ジュンク堂へ。年末チェックした3冊を購入。『音楽から解き放たれるために ──21世紀のサウンド・リサイクル』(原 雅明)は内容を軽くチェックした上で、今日のところはパス。

 買った1冊は、かつて須賀敦子が翻訳し先週新版が発売になった『島とクジラと女をめぐる断片』(アントニオ・タブッキ、青土社)。昨年末来、偶然のきっかけから『須賀敦子全集』(河出文庫)を読み始めている。友人のその親友の大竹昭子さんが彼女に関する著作を著していたり、今夜テレビで彼女の特番(出来は物足りなかったけれど)を放送していたりと、何かと彼女から離れられない。

 その『島とクジラと女をめぐる断片』を読了。まえがきにレイモン・ルーセルの『アフリカの印象』(この本と『ルクス・ソロス』とは、未だに強烈な印象を保ち続けている)のことが書かれていて、全ては繋がっている気分になる。ただ、ちょっと肩すかしを食らったような読後感。

 『アフリカを食い荒らす中国』(セルジュ・ミッシェル+ミッシェル・ブーレ、河出書房新社)も購入。読むと気分が悪くなるに違いないので躊躇したのだけれど、ざっとでも読んでおくべきかと思い、取りあえず買って読んでみることに。あとの1冊は『日本辺境論』。

2010.1.4 (Mon)

 仕事始め。初日からどっぷり疲れる内容。今年もやりがいのない一年になるのか?

 ル・クレジオの『海を見たことがなかった少年―モンドほか少年たちの物語』を読む。砂漠を体感した者でしか書けない文章。砂漠が恋しくなる。

 『DO DO WORLD』1月号の特集は「アフロビートが世界のクラブシーンを熱くする 〜フェラ・クティの再評価から新世代のミュージシャンまで」(石田昌隆×大石 始)。初心者向けの分かりやすい内容。ディスクレビューに数カ所間違いがあったが、気にする人はいないだろう。

2010.1.5 (Tue)

 移動の疲れから週末の料理の仕込みができなかった。その分、昨日今日と夜中に何品か作り置きする。眠い。

 『海を見たことがなかった少年―モンドほか少年たちの物語』(J.M.G. ル・クレジオ、集英社文庫)読了。ル・クレジオの他の作品に散りばめられていた光、風、音がここでも溢れている。懐かしい自分の子供時代の記憶がよみがえる。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子様』にもどこか通じる世界であり、どこか『夜間飛行』や『人間の土地』を読んだ気分を思い起こさせもする。

2010.1.6 (Wed)

 『日本辺境論』(内田 樹、新潮新書)読了。話題になっているので買ってみたが、構成も論述も雑。ほとんど例外を認めない断定的な物言いなのに、長い言い訳で始まる点もずるい(その言い訳も、突かれるであろう核心から外れたもの)。いくつかの論点には示唆するものも感じたが、3章「「機」の思想」はまるで禅問答。恐らくは時間を書けずに書き上げてしまったことが、失敗の原因のひとつなのではないだろうか。
# by desertjazz | 2010-01-06 23:00