人気ブログランキング |

Readings

Readings_d0010432_0501731.jpg
 今年は、昔好きだった文学作品やこれまで読む機会のなかった有名作などを、いつか改めて読んでおきたいという気持ちの強まった年だった(と、まだ1ヶ月半残っているのだが)。例えば、学生時代に感銘を受けた和辻哲郎の『風土』『鎖国』、谷崎潤一郎の『細雪』、パールバックの『大地』、プラムディヤ・アナンタ・トゥールの『ゲリラの家族』『人間の大地』『すべての民族の子』あたりは是非再読してみたい。

 先日実家に帰省した折には、両親が若い頃に買った文学全集をふと手に取ってみたら、これが面白かった。かれこれ40年くらい昔の本なので、活字は小さく書体も古くさい分、眼が疲れたのだが。その時に選んだ一冊は『源氏物語』。それで最近、『源氏物語』も読んでおこうと思い立った。迷った末に選んだのは昨年出たばかりの大塚ひかり訳。しかし、他にも様々な現代語訳が出版されていて、一体どれが自分に適しているのか分かっていない。

 その他今読んでいるものは、大長編や大作が多い。どれも読み終えるのにいつまでかかるのだろうか、それとも読み終えられるのだろうかと、心配になるものばかり。なので、テレビも観ず、音楽も聴かず、頭を鈍らせるアルコールも我慢できる範囲で控えめにして、読書に耽っている。1年か2年くらい会社を休んで、書物に耽溺してみたいものだ。



 Chimamanda Ngozi Adichie の新作 "The Thing Around Your Neck" もとうに注文済みなのに、一向に送られてこない。早く届かないだろうか。

 注文先は Amazon なのだけれど、Amazon の Kindle のような電子ブックと iPod とが合体すれば便利なのかも知れない。いや、もうすでに存在する?



(追記)

 と思って検索したら、Kindle for iPhone なるものがあった。iPod でもダウンロードできるようだし、Kindle for Mac のリリースもアナウンスされている。ただ、日本版がまだであり、日本からのダウンロードがスムーズに行えるのかどうかも分からない。
# by desertjazz | 2009-11-17 01:03

iPod

iPod_d0010432_2165912.jpg
 iPod Touch の使い方について探求。なかなか面白いし、相当に便利だ。

 まだ分からないのは、

 1)無線 LAN を使って(Wifi なしで)、iPod を自宅内ネットワークに取り込む方法。
 2)メモやカレンダーをバックアップする方法。
 3)単純に携帯 HDD として使用する方法。

 写真は MacBook Pro の内蔵カメラと付属アプリの Photo Booth で撮影した、その iPod Touch。これだけでも面白い写真が撮れる。
# by desertjazz | 2009-11-15 02:20

Mac

Mac_d0010432_22152267.jpg
 13日の金曜日。そして、自身にとっての xx.5歳の誕生日。

 MacBook Pro 13inch, 2.53GHz を購入。ついでに、ケータイ機能のついていない iPhone、iPod Touch 32G も購入。早速 MacBook と PowerBook を3台並べてアプリケーションとデータの移植作業を開始。

 2年前に買った MacBook は連発した初期不良を引きずってもうボロボロ。電池は30分程度しかもたないし、キートップも外れかかっている(これも初期不良だったのに、Apple Store の担当者は完全には直さなかった)。最近はかなり反応も悪くなっているので、システムを再インストールしたいところだが、DVDドライブが死んでいるので、それすらできない。これ以前に買った PowerBook 15inch(Pro Tools / Photoshop 専用機にしていた)もバッテリーが相当にヘタっている。やはりマック環境を整備する頃合いだと観念した次第。

 買ったのは Y 電機の某店で、何の交渉もなく17%のポイント還元(しかも JAL カードでの支払いだったので、マイレージも貯まる)。このポイントを使って AppleCare Protection(¥30800 也)にも無料で登録できた。
 使い始めた第一印象としては、軽いし、発熱も少ないし(だから静か)、キーの感触も軽く、パッドも滑らかでいい。そして、キーのバックライトがあるのは大歓迎! ひとつ心配なのは、バッテリーが完全に内蔵されていて取り外せないこと。電池のリフレッシュやフリーズしたときの対応ってどうなのだろう?

 かねてより「ケータイ機能のついていない iPhone が欲しい」と言い続けてきて、その希望も今日叶った。個人的見解になるが、日本で iPod Touch をもつメリットは少ないと思う。Wifi 環境が諸外国と比較して圧倒的にショボイ日本では、断然 iPhone の方にすべきだろう。だが私の場合は、ケータイを持つ生き方自体に大きなデメリットがある(失うものが大きい)と考えているので、今回も iPhone はパス。そもそも外出中にもネットに繋がりたいとはあまり思わないし、そのために毎月4000円以上支払う余裕もない。
 ところで、私は iPod で音楽を聴くという習慣がない。その証拠に、何年も前に買った iPod は今でもピカピカで、表面のシールドさえ剥がされていない(ことに先日気がついた)。結局 HDD としてばかり使っていた。それでも今回 iPod を買ったのは、音楽を聴くことが主目的ではなく、いくつか試してみたいことがあったから。うまく行くかな?

 さて、今日買ってきた MacBook と iPod、実に快適に動いている。全く信じられないことだ !! これまで Mac は、何度買い替えても初期不良(いや、初めから電源すら入らないことも幾度か)に悩まされてきただけに、何とも不思議な気分。果たしてこの状態が何日継続してくれるのだろうか。

(追記)

 ディスプレイの明瞭さは気持ちよく、3本指/4本指スワイプや2本指クリックも慣れると便利かも知れない。一番の驚きはやっぱり早さ。これまで重くて開かなかったブログのページもサクサク瞬時に開く。パソコンなんて所詮は道具で、鉛筆なんかと変わらない、、、と言い捨てたいところなのだが、嫌でもネットとはつきあわなくてはならない今の時代、そのネットにつきまとうストレスから少しでも解放されるためには、こうした買い替えからも逃れられないのだろうな。
# by desertjazz | 2009-11-13 23:02

Boulangerie

Boulangerie_d0010432_15304418.jpg
 近所に評判のパン屋さんをいつくか発見。さっそくそのひとつで買ってみる。



 下の布はスンバワ Sumbawa 島のイカット(確か、だったはず…?)。似たデザインで数枚揃えられたので、組みにしていろいろな使い方を試せている。

(試し撮り写真ばかりで失礼。)
# by desertjazz | 2009-11-10 15:31

Flores

Flores_d0010432_1583195.jpg
 最近読み終えた本と今読んでいる本から。

 『世界探険全史 〜道の発見者たち〜』(フェリペ・フェルナンデス・アルメスト、青土社)は、単に時系列に歴史を追うのではなく、その背景や意味合いについて詳述している点が興味深い。しかし、訳文がすっと頭に入ってこない。『ホモ・フロレシエンシス 〜1万2000年前に消えた人類〜』(マイク・モーウッド+ぺニー・ヴァン・オオステルチィ、NHKブックス)は、インドネシアで発見された新種人類ホビットをめぐるドキュメント。大発見の概要とともに、研究者たちの人間くさい(泥臭い)やりとりも読みどころ。「事実」は、関わる人間たちの力関係や面子によっても変えられてしまうという、危うさが伝わってくる。『さまよえる湖』(スウェン・ヘディン、角川文庫)は、昔買ったものを入浴時にバスタブの中で再読。いずれを読んでも、ヒトが移動することに思いをめぐらし、旅心が刺激されることにもなった。



 『ホモ・フロレシエンシス』の舞台は、バリ島から東方、チモール島の北西に位置するフローレス Flores 島。10年ほど前に、美しい火山湖で知られるこの島に行こうと考え、バリ島に着いてすぐフライトチケットを買いに行ったものの、「2週間先まで満席」と告げられ、断念してスラウェシに飛んだことも思い出す。

 そして、フローレスの魅力としては、何と言ってもイカットは外せない。この島の布は地域ごとに実に多彩で、かつとても美しい。下に敷いたのもフローレスのものだっただろうか(少々自信がないのだが)。
# by desertjazz | 2009-11-10 15:26

Light(s) : Nightscape

Light(s) : Nightscape_d0010432_031162.jpg

# by desertjazz | 2009-11-09 00:31

Brazilian Discs

Brazilian Discs_d0010432_22242699.jpg
 11/2(月)も休暇を取って、10/31(土)〜11/3(火・祝日)を4連休にした。予定を何も入れずに数日間完全休養したのは、今年になって初めてなのではないだろうか。その4日間、東横線沿線の行きつけの飲食店を訪ね回って美味いもの三昧。また、新宿と渋谷を廻り歩き、スポーツショップでウェアをあれこれ買い込んだり、CDとDVDと書籍を久しぶりにまとめ買いしたり。日本でCDをこれだけまとめ買いしたのも、今年初のこと。

 今回買ったディスクはブラジルものが多くなった。ここ数年のワールドミュージックの中ではブラジル音楽が特に気分良く聴けているので、そうした自分の志向が現われたようだ。Seu Jorge のDVDは完全に期待外れ(どうしちゃったんだ?と言いたくなるほど)だったけれど、Partimpim と Ana Carolina の新作が聴けるだけでも嬉しい。と言いながら、読書やらその他のことやらで忙しく、全然聴く時間が取れない。まあ、少しずつでも聴いていこう。



 下に敷いたのは、リオデジャネイロのステーキレストラン Garota de Ipanema のテーブルに敷かれる紙。 イパネマ海岸に向かう途中の通り Rue Vinicius de Moraes に面するこの店は、ヴィニシウスとジョビンにゆかりの店として大変有名だ。こうした店だと味の方がイマイチだったりするのだが、ここはこのエリア内では結構美味い方で、2001年9月(予定では9月11日!にNYC経由でブラジル入りするはずだった)に短期間滞在した際に数度訪れた。そして記念にもらってきたのが、この使い捨ての紙。旅先の土産は買うのではなく、こうしたガラクタめいたちょっとしたものをタダで手に入れてくることを好んでいる。



 今日の夕方、EOS 用の安い単焦点レンズを購入(正確にはポイント交換)。早速試し撮りしてみた。デジタル用の50mmだと、使い方がかなり限定されるなぁ。
# by desertjazz | 2009-11-05 22:51

"Banjo"

\"Banjo\"_d0010432_22552677.jpg
 このところマルセイユからの連絡が続いている。数日前に届いたメールが知らせてきたのは、先月末にアップされた Moussu T の短編ビデオのこと。これは Tatou たちの "Banjo" プロジェクトに関するもので、私が恋したマルセイユの新旧の映像も楽しめる。

 "Banjo" というのは Claude McKay が1929年に発表した小説で、最近の Moussu T はこれに着想を得た音楽作りをしている。ならば、この小説も読んでおくべきかと思い、改めてページを繰ってみたのだが、、、。何とも不思議な綴りの英語だ、特に会話文の部分が。"Purple Hibiscus" もこの "Banjo" も読みたいのはやまやまなのだが、こうした本に取りかかると他の本が全然進まなくなってしまう。最近は読みたい本が山積みになっているだけに悩ましい。
# by desertjazz | 2009-11-04 23:57

Chimamanda Ngozi Adichie

Chimamanda Ngozi Adichie_d0010432_20383274.jpg
 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ Chimamanda Ngozi Adichie の短編集『アメリカにいる、きみ』(河出書房新社)を読了。

 C・N・アディーチェはアメリカ在住のナイジェリア人若手女流作家。最初に読んだ彼女の作品は長編2作目となる "Half of a Yellow Sun" (2006年) だった。ビアフラ戦争(1967-70)をテーマにした作品で、そのとてつもない緊張感の表現と展開のテンポの良さに圧倒された。1977年生まれの彼女がビアフラ戦争を実体験しているはずもなく、それでいながら内戦下右往左往する登場人物たちを描く筆致にリアリティーを感じさせられたことを記憶している。しかし苦手な英語とあって、話の筋が時々分からなくなり、また細かなニュアンスも捉えようがなかった。続いて長編1作目の "Purple Hibiscus" (2003年) に挑んだものの、こちらは全く歯が立たず。

( "Half of a Yellow Sun" では、途中、Rex Lawson の音楽のことが書かれていて、ニンマリした記憶がある。)

 これら2冊、いつか訳書が出ないものかと気にしていた。先日ふと思いついて検索してみたところ、すでに2年前に彼女の短編集が出ていたことを知り、それも当時結構話題になったらしく、慌てて購入。

 『アメリカにいる、きみ』は短編10本を日本独自に編纂したもの。これを読んで、彼女に対する驚きが一気に膨らんだ。 "Half of a Yellow Sun" と同様に、ナイジェリアの庶民の苦しみ(特殊な日常だ)を描いたり、アメリカやイギリスに渡ったナイジェリア人を主人公にしたりと、テーマは様々だが、書くべくして書いているという著者の明確な姿勢、意思や芯の強さといったものが、ひしひしと伝わってくる。 "Half of a Yellow Sun" で感じた緊張感やテンポの良さも、日本語になっても損なわれていない。登場人物は上流階級に属する者ばかりだが、決して嫌みにもなっていない。何より、人の心の少し深いところからふわっと浮いてくるような悲しみや暖かみの描写が絶妙だ。

 訳者の解説に紹介されたインタビューでの受け答えを読むと、彼女の頭脳の明晰さが伝わってくる。まだ32歳、これからが大変楽しみだ。"Half of a Yellow Sun" と "Purple Hibiscus" もじっくり味わいたいので、是非日本語版を出して欲しい。
# by desertjazz | 2009-11-01 12:00

Indonesian Textiles

Indonesian Textiles_d0010432_23364657.jpg
 先にアップした写真はコントラストが強すぎて布がよく見えないかと思い、別の写真もアップしてみます。

 写真の布はどちらもスマトラのもの。イカットやバティックは実用的なサイズであるの対して、スマトラのこうした布は幅が狭いので(所有しているものの幅は約25cm)、壁にかけたり、飾り棚に敷いたりして、室内のアクセントとして使うことが多い。よく見るとシミだらけなことが分かる通り、いずれも安物です(本当に価値のあるものだと、数千ドルもする)。



 このところ何故か古くからの友人や知人からの連絡や案内が相次いでいる。自分の生活にわずかながらゆとりのようなものが、やっと生まれかけていることを覗いていたかのようだ。以前と変わらずインターネットに対して心地悪さのようなものを感じ続けていて、このブログも終了しようかと時々思うのも相変わらず。しかし私のことを忘れずにいてくれる人がいるのならば、一度作ったパイプはもうしばらく維持し続けた方がいいのだろうか、などといったことも考える。そのような考えもあって、今月は少しあれこれ書いてみた。布に対する興味が復活してきたこともあって、何となく布を取り上げることが多かったが、まあ誰も関心は持たないだろうな、、、とは思いつつも。しかし、関心ゼロではなかったらしい。いずれにしても、布の話も本の話も音楽の話も、気の向くままに綴っているものなので、悪しからず。



 来月はまたいろいろなことを計画していて、音楽やインターネットからは今以上に遠ざかる暮らし方になりそう。ですので、更新はまた暫く休みがちになると思います。
# by desertjazz | 2009-10-30 23:37