キサール島の絣 Kisar Ikat(1)_d0010432_15185798.jpg


 私がインドネシアのバリ島を最後に訪れたのは、一昨年 2019年12月のことだった(インドネシア15回目/バリ14回目)。目的はバリの芸術を創造したドイツ人画家ヴァルター・シュピース Walter Spies の足跡を辿ること。ご存知の通りヴァルター・シュピースは、現在まで続くガムランの演奏/舞踏形式や絵画の様式を生み出した人物。その彼のアトリエ跡2ヶ所(ウブド Ubud とシドメン Sidmen のイサ Iseh)に実際に宿泊して、彼の眺めた風景や浸った音を追体験しようというものだった。しかし、いろいろ成果を得られたものの、今に至るまでそれらを全くまとめることができていない。まあ、自分が体験することこそが目的だったので、何らかの形にまとめ上げる必要などないとも考えているのだが。

 ガムラン、絵画、音楽、食と酒(とりわけ、フルーツとバビグリンとアラック!)、ダイビング、等々と数多くの目的を持って訪れたバリ島なのだが、布に関して探求することも大きな目的だった。布の中でもイカット(絣)が興味の対象で、実は反対にバティックにはほとんど惹かれない。ウブドやクタの店々を訪ね歩いて店主たちと話していると、鍵のかかった金庫を開けて上等のものを出してくるまでになったので、ある程度目が効くと認められるようにはなったのだろう。

 さて一昨年暮れのバリでも、アンティーク店などを巡る一方、書店で布に関する文献を探した(これまでにも大量に買っている)。そこで目にした一冊にビックリ! キサールの布が表紙だ! しかも縦横の織りが反対だ!

・Peter ten Hoopen "IKAT TEXTILES of the INDONESIAN ARCHIPELAGO - from the PETER TEN HOOPEN COLLECTION"(香港大學美術博物館、2018)


 ・・・いや、こう書いても、さっぱり意味不明なことだろう。

 インドネシアのイカットとしては、バリ(ダブル・イカットもある唯一の島・・・と書いても分かりませんね)、フローレス、スンバ、スンバワ、チモールなどが有名だが、私がコレクションしているのはキサールのもの。

 ・・・キサール? ますます意味不明??

 キサール島 Pl. Kisar はチモール島の右肩にちょこんと乗るように位置する、とても小さな島。ここで作られた/作られるイカットの色合いやデザインにとても魅力を感じるのだ。特に、まるで宇宙人が踊っているような独特な織りの意匠がとても面白い。

 こんな小さな(インドネシア人の大半さえ知らない?)島で織られた布なので、探してもなかなか見つからない。20年ほど前に出会った布は買い集めた。しかし、その数年後には、ある店主に「いい買い物をしたね。今ではもう手に入らないよ」と言われた。実際その頃見かけた唯一の1枚(アンティークではなく、デザインもさほど面白くない)は 1000ドル以上したし、ちょっと良いものになるとネットで 30万円以上で売られていた。

 そんな超マイナーなイカットなので、その布を表紙にしているだけでも驚きだった。そして中を開くと、約600ページのうちの何と12ページもキサール・イカットに費やされている。たったの 12ページと思うことなかれ。キサール・イカットに関する資料は本当に少ないのです。

 しかもしかも、先に触れたように、表紙の布は織りの方向が縦/横反対なのだ。背景の布と比較して分かるだろうか? こんな織りのキサール・イカットは初めて見た!

 この本、キサールに限らず、掲載されている布がどれも実にいい。しかし、ずっしり重くて、ここで買うか迷った。ヴァルター・シュピースに関する新しい文献もかなり重かったので、帰国後にネットで買おうかと。しかし、やっぱり買って持ち帰ることにしたのだった。(往路はビジネス・クラスに切り替えられたが、復路はビジネス満席。手荷物が重量オーバーになるので、現地で着た衣類や新品の電池などはまとめて処分してきた。)

 帰国後、早速重量を計ってみたら、何と 4kgもある! これでは重いはずだ。だけれど、イカットに関する書物としては、これまでで最高の1冊なのではないだろうか。そんなわけで、時々美味い酒をチビチビやりながら、掲載されている布を眺めるのがこのところの楽しみになっている。


(続く)




(追記)

 ここで紹介した Peter ten Hoopen のコレクションがネット上にもあった。例えば Kisar のリストは以下の通り。これから内容をチェックします!








# by desertjazz | 2021-04-17 17:00 | 布 - Ikat and

Compilation Album : Houcine Slaoui \"The Father of Moroccan Chaabi\"_d0010432_10074108.jpg


■ホスィン・スラウイのアルバムが遂に完成!

 長らくお待たせしました。ホスィン・スラウイの CD がやっと出来上がり、彼の 70回目の命日である本日 4/16 にリリースです。

 Houcine Slaoui "The Father of Moroccan Chaabi" (Good Old Noise, DJ-001)


 モロッコの旅で出会ったこの素晴らしい音楽家のことを、少しでも広く知ってほしい、そして自分自身もっと知りたい。そのためには彼の代表曲をコンパイルしたアルバムを作って、いろいろな人に聞いてもらうことが有効なのではないか。そのことで新たな情報を得られるかもしれない。そのように考えたのは、今から8年前。これだけ偉大な音楽家なのに、世界のどこにもまともな CD がないなら、もう自分で作ってしまえと決めたのです。

 しかし、実際始めてみると、全てが初めてのことで、予想を超える大変さ。途中、何度も諦めかけることに。音源収集、資料探索、文献精読、楽曲考察、盤起こし、ノイズ・リダクション、マスタリング、選曲、翻訳、パッケージング、デザイン、ライナーノート執筆、等々、結局10年がかりの作業になりました。

(ノイズリダクション/マスタリングに至っては、繰り返すこと 50回以上。音処理は最小限にしたのだけれど、それでも納得が行かず、マスターを納品する数日前に、3曲ほど使用音源をノイズの多い方のレコードに変更して盤起こしからやり直し。マスタリングによって音の艶がわずかでも損なわれるのが嫌だったので、音に芯のあるものを最終的に選択。)

 時間はかかりましたが、多くの方々にご協力いただき、ようやく形になりました。デザインは、ジャケットの木版画の制作を依頼した福田新さんら、お三方にお願い。歌詞の聞き取りと曲名の日本語表記に関しては、ウアムリア奈津江さんとお仲間にご尽力いただきました。CD 制作全般については、たくさんの方々に相談。中でも、高橋政資さん、原田尊志さん、森田潤さん、井口寛さんからは、とりわけ多くのアドバイスをいただきました。

(デザインに関しても、細かな修正をギリギリまで何度も何度もお願い。みなさん、本当に根気強くお付き合いくださいました。

 その結果、ホスィン・スラウイの命日(没後70周年)の 4月16日までに、どうにか完成させられました。たくさんの友人たちが手助けして下さったおかげで、当初考えていたよりもずっと良いものになったと思います。改めて感謝申し上げます。

(勿論、心残りもあります。音の状態とアルバムの流れを考慮して落とした曲は多数。ライナーの内容に関しては、モロッコ音楽の基本情報について自信がないですし、ホスィン・スラウイの経歴と録音歴についても、どうしても特定に至たらなかったことが多々ありました。今もずっと検証中なのですが、「41年頃から50年までの約10年間の録音集」と捉える方が正しかったのかも知れません。ですが、まずはこれらの音源を世に出すことが優先と考えました。マスター制作からライナー執筆まで一人でやり切り、その上、DDP ファイルの制作やジャケット・デザインまでも自ら行う準備を進めていたため、力及ばず。とにかく、状態良い SP もライナーを書くのに十分な情報も集めきれなかったので、今回はこれが自分の限界。ですので、この CD は「現時点での中間報告」としてお聴きください。)

 現在、協力して下さった方々と友人たちに、完成した CD を順次お送りしているところです。お手元に届くまでしばしお待ちください。ホスィン・スラウイの音楽の面白さ、素晴らしさだけは、確実に記録できたと思っています。また、この音楽家の偉大さと重要さを伝えるものを、世界で初めて作れたことに満足し安堵しているところです。お忙しい中恐縮ですが、一聴いただけたら幸いです。






 余談を少々。ファースト・プレスのジャケットは手刷りの木版画。ですので、1枚1枚刷りの濃淡や印象が異なります。また、ライナーノートは大きな活字を採用。高齢で視力の衰えたワールド・ミュージック親父たちへ配慮した分、読みやすくなっていると思います。




(長旅にも出かけられなかった昨年、そうした時間を利用して何をしようかと考え、思いついて始めたのが「アフリカの記憶」でした。それを 210日間続け一区切りついた頃、次の目標について思案。そこで頭に浮かんだのが、ホスィン・スラウイの CD 制作に決着をつけることでした。その CD もひとまず完成したので、さて今度は何に取り掛かろうかな? ところで、この CD にはいくつかの仕掛けが施してあるのですが、気がついてくれる人はいるかなぁ?)



(続く)






# by desertjazz | 2021-04-16 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <15>_d0010432_11382531.jpg


■もうひとつのストーリー

 この連載の第13回で触れた疑問について再検証してみよう。

 様々書いてきた中で、現時点までに確定できずにいる主要なことは次の2点。

(1)ホスィン・スラウイのフランスへの渡航年
(2)彼のパテ・マルコーニでの録音期間(初録音年と録音総数)

 これまでは Ahmed et Mohamed Ehabib Hachlef による "Anthologie de la Musique Arabe (1906-1960)" (Centre Culturel Algérien / Publisud, Paris, 1993) のディスコグラフィーに基づいて、ホスィン・スラウイのパテ録音を整理してきた。しかし、この本のディスコグラフィーはかなり厳密さに欠けることが段々分かってきた。

 そこで、このディスコグラフィーのデータはひとまず措いておくとして、それ以外の情報から最大公約数的なホスィン・スラウイの履歴/録音歴を描くとどうなるだろうか。

 まず、14歳の時にパリに渡ったのかどうか。そうだとすれば、彼は 1921年生まれなので、それは 1935年頃。しかし、12歳で家出したことを考えると、幾ら何でも早すぎるのではないだろうか。37年のパリ万博で彼のパフォーマンスが着目されたのが事実であったなら、それはとても魅力的な逸話ではある。パリで職人として稼いでいたという具体的記述も目にしたので、まだ完全には否定できないのだが。

 14歳で渡仏したとする記事を除くと、多くは、スラウイがフランスに渡ったのは 41〜44年だったとしている。モロッコでの音楽活動が認められた彼は、パテからも評価を受け、それで 41年か42年にパリに移動し、即座にパテへの録音を始めたのではないだろうか。この流れだと経歴がスッキリするし、実際こうだった可能性はかなり高いように思える。

 #5. Azin Oualain (El Maricane) は、1942年11月の米軍モロッコ上陸による世相悪化を受けて書かれた曲。ならば、これがレコーディングされたのは、43年か44年と考えるのが順当だろう(42年の録音と書かれているものもあるが)。先のディスコグラフィーには 49年に発売と書かれているが、だとすれば再発だったということか?(少なくとも再録音とは考えにくい。)そもそも SP の再発というものはあったのだろうか? 録音場所はモロッコかパリか? 多々疑問が浮かぶ。しかし、今に至るまで評価の高いこの生涯の名曲を、彼が録音し残せた諸条件を想像すると、やはり 42年までにはパリに来ていたはずだ。

 ただ、第二次世界大戦の状況が悪化する最中、パリでポピュラー音楽のレコーディングが普通になされていたのだろうか、この時代にモロッコで出張録音のようなことは行われていたのだろうか、といった疑問は残る。その辺り、詳しいことを知る方からのご教示を願いたい。

 考えてみると、この大名曲を書いたのが 42年暮れだったとすれば、スラウイはまだ 21歳。その早熟ぶりに改めて驚かされる。

 ホスィン・スラウイは 1948年から 50年にかけてパテ・マルコーニに 33曲録音したと書いてきた。だが、#5. Azin Oualain (El Maricane) の録音年を 42年頃へと前倒しすると、他の曲群の録音時期/発売時期についても、再検討する必要が生まれるだろう。

 つまりは、これまでの記述とは異なるもうひとつのストーリーが考えられはしないかということだ。彼の録音は 48年〜50年に集中していたのではなく、40年代(41年頃から50年頃まで)を通じてなされたのではないだろうか。その方が自然に思えるし、40年代初頭の録音に関して随所で言及されていることとも辻褄があう。

 こんなことをずっと考え続けており、これまでに見つけた文献を再読/再検証し、彼の経歴に関しては継続調査したいとも思っている。だが、「リアル・ストーリー」の探求は、あくまでも個人的興味の範囲内に収めておけば、それで十分なのかも知れない。そもそも、ほとんど誰も知らない音楽家についてのバイオなのだから。初録音が何年であろうと、それがモロッコでのことであろうとパリであろうと、彼の録音の全てが40年代から50年にかけてなされたことには変わりはない。そんなことに関心を持つ人もいないだろう。なので、何れにしても大差ないことなのかもしれない。

 もうひとつ。"Anthologie de la Musique Arabe" が厳密さに欠けるのだとすれば、彼のパテ録音は 33曲に止まらないと考えても良さそうだ。これまでに紹介して来た通り、このバイオから漏れているらしい曲がいくつもあったので、それは尚更だ。もしかすると、彼の録音は 40曲を超えていたのではないだろうか? そのように希望を込めて考えてしまう。

 まあ、何が真実なのか、まだよく分からない。だが何より重要なのは、ホスィン・スラウイは恐らく 40年代前半頃にパリに移り住み、そこで 40曲前後の貴重な録音を残し、それが後年のモロッコ音楽へ多大な影響を及ぼしてシャアビの礎ともなったということである。



(続く)




(追記 2021/04/15)


 #6 "Ahdi Rassak" という曲は、モロッコの現地レーベルからも SP 盤としてリリースされていたことを思い出した(Moroccophone 980:『第5回』の記事に追記) 。『第13回』で取り上げた Dust to Digital 盤 "Kassidat : Raw 45s from Morocco" の解説によると、60年代にカサブランカでレコード・レーベルが相次いで誕生し、7インチを大量に制作した。それがモロッコにおける音楽産業の先駆けだったと思っていたのだが、どうやらそれ以前にも Moroccophone のようなレーベルが存在していたようだ。そして、そのレーベルから #6 "Ahdi Rassak" の SP がリリースされていたことから想像するに、ホスィン・スラウイの録音も #1〜 #6 くらいまでは現地レーベルからも SP で出ていたとは考えられないだろうか。

 さて、この "Ahdi Rassak" なのだが、これは Pathé 盤より先か後か? 40年代のモロッコにはレコーディング・スタジオがなかったとするならば、これは Pathé から配給を受けた音源のコピーだろう。反対に Moroccophone 盤が先ならば、その録音は 49年より早かったことになるだろう。再三触れているディスコゴラフィーが信頼できる根拠として、Matrix Number が妙にほぼ連番になっていることだ。実際手元の SP 盤と照合すると、記載されている数字は全て正しい(曲名がことごとく間違っているのにも関わらず)。なので、一連の録音はある時期に集中的に録音ないしは発売されたと考えたくなる。そこで類推したのは、これら Pathé 盤の多くはリイシューなのではないかということ。

 結局のところ、この「後先問題」はいくら考えても解決しない。だが、どちらだったにせよ、ホスィン・スラウイの初期の録音が 48年より前であった可能性は幾分強まったように思う。この探求、さらに続けることにしよう。






# by desertjazz | 2021-04-15 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <14>_d0010432_11382531.jpg


■ルワイス・レーベルのクトゥビアフォン Koutoubiaphone

 前回触れたクトゥビアフォン Koutoubiaphone は、アガディールの Amzal 一家によって設立されたレーベルで、60年代にカサブランカで生まれたレコード会社の中では最大のものだった。そして、ここはルワイスを得意としていたようだ。私の手元にも、その Koutoubiaphone のルワイス盤がそこそこの枚数ある。また、他のレーベルからリリースされたルワイス・スタイルの7インチ盤も結構持っている。それらをじっくり聴き直すことで、ホスィン・スラウイが後年に与えた影響について、そして現代シャアビとの関係性について、具体的なことが見えてくるかもしれない。そのためにも、これらの音源をいつか何らかの形で整理したいと思い続けている。

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <14>_d0010432_11491571.jpg
Koutoubiaphone の7インチ盤(1)

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <14>_d0010432_11491818.jpg
Koutoubiaphone の7インチ盤(2)

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <14>_d0010432_11492217.jpg
60年代にカサブランカのレーベルから発売された7インチ盤(マラケシュで救出したものの一部)



(続く)








# by desertjazz | 2021-04-14 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <13>_d0010432_11382531.jpg


■モロッコ音楽中での位置づけ(再考:現代シャアビとの関係性)

「モロカン・シャアビの父」ホスィン・スラウイに関する徹底研究は、前回までの 12回で終了予定だった。しかし、書いているうちに、疑問点や語り尽くしていないことなどが浮かんできたので、若干補足しておきたい。

 まず、ホスィン・スラウイの経歴に関して明確になっていないのは、次の2点である。

(1)フランスへの渡航年
(2)パテ・マルコーニでの録音期間(初録音年と録音総数)

 これらに関しては、回を改めてもう一度検討することにしよう。

 モロッコ音楽全般についても、自分の知識が足りないことを悟った。例えば、

(3)ルワイスとハルカの関係性

 ルワイス rwais の演者たちはモロッコ南西部を旅して歩く存在で、それがマラケシュまで流れ着くようになったらしい。また、ルワイスは本来とても長く演じられるものだという。その間、語りだけだったり、簡単な伴奏を伴ったり。その語る内容は、時事ネタやゴシップなど。ということは、ルワイスとハルカ halqa の違いはどこにあるのだろう? もしかすると、実質的には同じ芸を指しているのだろうか?

 また、現代シャアビとの関係性について語る前に、

(4)50年代、60年代のモロッコ音楽(シャアビやルワイス)の検討、ホスィン・スラウイの音楽との比較

 といったことについて、もう少し掘り下げておくべきだったかもしれない。

 これら(3)と(4)の考察を行うに際して、大変有益な音源がいくつかある。まずひとつは、Dust To Digital のコンピレーションだ。

V.A. "Kassidat : Raw 45s from Morocco" (Dust To Digital DTD-32, 2013)

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <13>_d0010432_11385947.jpg


 この CD、収録トラックがなぜかわずか6曲と少ないことが残念なのだが、拙ブログで以前取り上げた通り、シャアビやルワイスに関する解説がとてもいい。ホスィン・スラウイについても、真っ先に取り上げており、

Houcine Slaoui (1918-1951) was the most influential early chaabi artist, combining traditional Moroccan styles with contemporary elements from recording and cinema stars like Egypt's Mohammed Abdel Wahab and Farid El-Attrache. His 78 rpm records made for the French Pathé label during the 1940s were very popular. Slaoui's driving, yet melodic oud playing is often accompanied by flute, violin, or other arabic instruments, along with varied percussion and the call and response singing that is typical of Moroccan. Slaoui's style set the basic template for chaabi throughout the following decades until the 1970s.

と、とても適切な紹介がなされている(ただし、生年を 1918年とするなど、至らない部分もあるが)。特に重要なのは、ホスィン・スラウイの音楽が 1970年代に至るまでモロッコのシャアビの礎になったという指摘だ。

 もうひとつ取り上げておきたい音源は、昔 El Sur Records が制作した2枚の CD-R である。

V.A. "Koutoubiaphone Berbere 7inch Special!" (El Sur Records CDR-00)
V.A. "Morocco early 1960's Koutoubiaphone: Berber Dance & Rwayes! Vol.II" (El Sur Records CDR-13)

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <13>_d0010432_11393005.jpg


 これらは確か、サラーム海上さんがモロッコで買い付けたクトゥビアフォン Koutoubiaphone のピカピカの7インチ盤からコンパイルしたものだったと記憶している。ルワイス・スタイルの楽曲を中心に、モロッコ60年代の多様な楽曲を楽しめる。1枚目の 10トラック目は明らかにハルカ。2枚目にもルワイスの語りっぽいトラックがあるのだが、さて両者の違いはどこにあるのか(またはないのか)と問われると、正直うまく答えることが難しい。

 これら3枚の(60年代の)音楽を聴いて感じるのは土臭さだ。それに対して、ホスィン・スラウイの先取性は際立っている。彼の音楽がどれほどモダンだったかということを改めて強調しておきたい。そんな彼のスタイルが、後年のシャアビの基礎を築いたとは、一体どういう意味なのだろう?

 その一方で、ハルカの語りひとつを比べても、ホスィン・スラウイの方がずば抜けていい! Dust To Digital 盤の解説によると、Kassidat は Poetry(詩、歌詞)を意味するという。そして、50年代、60年代に活躍したモロッコの音楽家には Kassidat を冠する人物がとても多い。モロッコの音楽芸能においては、「詩を語る」ことがそれだけ重要だったということなのだろう。



(続く)








# by desertjazz | 2021-04-13 00:00 | 音 - Africa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30