Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <12>_d0010432_17424165.jpg


■再びモロッコへ?

 ここまで「大衆音楽シャアビの父」こと、ホスィン・スラウイについて書き連ねてきたが、これは数少ない資料や情報をパズルのように組合わせて、なんとか明らかにしようとした彼の姿。果たしてどこまでその実像に迫れたか、正直自信がない。それほどに、ホスィン・スラウイに関する情報が乏しく、かつ矛盾だらけなのだ。

 自分はモロッコの音楽についてもそれほど詳しくないので、書いたことの中には間違いも散見されることだろう。それでも、ひとまず途中報告として、これまでに調べたことを整理しておくことにした。そして、自分がこの音楽家に興味を持っていることを明かしておくと、たまには何かご教示いただける機会もあるだろうとも考えた。

 ホスィン・スラウイに関する基本データが少ないのと同様、世に流通しているレコードも本当に少ない。いや、ほとんど皆無と言ってもいいのではないだろうか。もちろん彼の録音作品は、サブスクや YouTube である程度聴くこともできる。だが、それらの多くの音質があまりに悪すぎるのだ。未知の録音もまだまだある。なので、彼のレコードを探し続けている。

 とにかく、ホスィン・スラウイの音楽は面白い。なのに、知名度は低く、謎だらけ。そんな稀有で興味深い音楽家についてより知りたいし、彼のレコードをもっと聴きたい。そのためには、もう一度モロッコを旅することが有効なのかもしれない。今でも彼の音楽が好きだというモロッコ人は多いらいしいので、聞き取りしたり、レコードを探したりするために。

 2012年の2度目のモロッコでは、フェズのレコード屋でスラウイについて聞き、マラケシュでは古道具屋を巡ってスラウイのレコードを探し歩いたのだった。彼の SP が出てくる可能性は極めて低いが、それでもルワイスのシングル盤などは、まだまだ大量に残っている気配なので、それらを買い集め聴きこむことにも意味があるだろう。

 こんなことを綴っていると、いつかまたモロッコを旅してみたいと願い始めるのだった。近い未来に、その日は訪れるだろうか?


 その前に、ホスィン・スラウイについて知るためには、もうひとつ自分にできることがありそう。そのことについては、また近いうちに改めて。


Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <12>_d0010432_17424732.jpg

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <12>_d0010432_17424570.jpg


(写真は、アラビア語表記のホスィン・スラウイの読み方を教えてくれた、レコード屋のオヤジさんとその店内。残念ながら、ここには彼のレコードはなかった。)



(続く)









# by desertjazz | 2021-04-12 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <11>_d0010432_21061646.jpg


■現代に生きるホスィン・スラウイの歌

 ホスィン・スラウイが残した楽曲の数々は、現在に至るまで様々なミュージシャンたちに歌い継がれている(中でもナス・エル・ギワーヌ Nass El Ghiwane によるカバーが知られている)。モロッコでは今でも彼の音楽が親しまれているという話は本当だろう。私自身もマラケシュ滞在中に、街角の床屋からその音楽が流れてきたり、彼の CD を求める若者を目撃したりした。そして、最近も彼の曲をカバーした動画がいくつかネットに公開されている。

 そのような国民からの敬愛を下支えしているのが、スラウイ一族の活動である。息子のムハンマド Mohammed Slaoui(ホスィン・スラウイは8人の子供を授かったが、ムハンマドは父の没年と同じ1951年の生まれなので、末っ子のはず)は俳優/歌手としてモロッコのエンターテインメント界で活躍。彼が歌ったものには、例えば "A Yamna" のカバーが YouTube にある。

 (参考)https://youtu.be/QaHWSCVSWNI

 2人の孫、ハティーム Hatim Slaoui とナウフェル Naoufel Slaoui もミュージシャン。ハティームは歌手、ナウフェルはコンポーザー/サウンド・クリエイターとしての活動が主なようだ。ハティームにはホスィン・スラウイの顔写真をあしらったジャケット・デザインのオマージュ・アルバムもあり(祖父の "Ya Mouja Ghani" などを現代風アレンジで再演している)、2015年には打ち込みを多用したサウンドの "El Maricane" のカバーも発表した。

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <11>_d0010432_15445487.jpg


 (参考)https://www.youtube.com/watch?v=QZzp-QAt7BY

 彼ら一家はホスィン・スラウイをトリビュートするコンサートなども時おり開催しているようだ。

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <11>_d0010432_18212454.jpg
(Naoufel Slaoui の Facebook より)


 さらに REBEL MOON (Badr Dean) による "El Maricane" のカバー動画の存在について、最近友人からご教示いただいた。

 (参考)https://youtu.be/3xKoQsTi2BA

(ちなみにこのリンクには仏語歌詞が添えられていて有益。第二次世界大戦時の状況を憂いた歌なので、かなりシリアスな詩なのだろうと思っていたが、案外普通の街中の情景を描いたもののようだ。この歌の決まり文句、アメリカ兵に対する 'OK OK COME ON BYE BYE !" を Badr Dean が英語で歌っていることもわかる。

Les blonds aux yeux bleus sont arrivés chargés de présents
Déambulant dans nos rues faisant chavirer les cœurs
Et Ô combien de désirables ne le sont que par leurs faveurs
Avec les Américains il n’y a que des « OK OK COME ON BYE BYE ! »

Pour moi plus de place en bus ou calèche
Pour tous mes paroles sont inaudibles
Et Ô combien les vélos-taxis sont devenus enviables
Avec les Américains il n’y a que des « OK OK COME ON BYE BYE ! »

Ils ont distribué des dragées et des dollars
Désormais même nos grands-mères sont passées au foulard
Et les plus jeunes sont toutes anglophones
Avec les Américains il n’y a que des « OK OK COME ON BYE BYE ! »

Ils ont distribués des dragées et des chewing-gums
En plus des fards à joues, rouges à lèvres et bonbons
Désormais nos grands-mères sont passées au rhum
Avec les Américains il n’y a que des « OK OK COME ON BYE BYE ! »

チューインガムやボンボンが出てくるあたりは、敗戦直後の日本の状況とも似ていないだろうか?)


 さらにさらに、イスラエルの Jerusalem Orchestra が "A Lala Yilali" という曲を演奏している。これは、ホスィン・スラウイの同名曲と何か関係はあるのだろうか? (在モロッコ・ユダヤ人たちから受けているようだが、スラウイとの関係はなさそう?)

 (参考)https://youtu.be/vyqyQM1bNrA



(続く)








# by desertjazz | 2021-04-11 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <10>_d0010432_21061646.jpg


■現代シャアビとの関係性

 さて、「モロカン・シャアビの父」ホスィン・スラウイが作り上げた音楽は、現代のシャアビといかにして繋がっているのだろうか。センハジ Senhaji やダウディDaudi といったモロッコ大衆音楽のスターたちが歌うシャアビは、どのようにして誕生したのだろうか?

 まず留意すべきは、モロッコのシャアビがこの国の大衆音楽全般を指している点である(シャアビ chaâbiという語自体に「庶民」「大衆」といった意味がある)。シャアビは決してある特定の音楽スタイルを指すものではない。なので、ホスィン・スラウイの音楽が後年のモロッコ大衆音楽全体の礎となったという風には決めつけない方がいい。実際、彼の音楽を今のシャアビと聴き比べても、ずいぶん異なって聴こえるはずだ。

 そればかりか、彼の音楽は20世紀中頃のモロッコ音楽と比べてさえ違いが感じられる。私がモロッコの旅から帰国した後、現地で買い集めた 50〜60年代のモロッコのレコードを集中的に聴いてみたのだが、ホスィン・スラウイの方が、メロディーが豊かで、音楽的バリエーションにも富み、ずっとモダンであるという印象を抱いた。これは彼の才能と先取性がなしたもので、渡仏体験の顕われでもあるだろう。そのため、彼の音楽は20世紀中盤以降のモロッコ音楽とは幾分方向が違っているように感じられる。

 モロッコでは、60年代に入ってからカサブランカにローカル・レーベルが林立し(手元にあるシングルだけでも 14レーベル)、大衆音楽の録音が爆発的に増えた(これは、シェラックを材料とする SP よりも容易に作れるレコード盤の登場がもたらした変化である)。それらのレコードの中には、ホスィン・スラウイと似た演奏がある一方で、ルワイス・スタイルに則った小編成のシンプルなもの、あるいはホスィン・スラウイとは傾向の違ったものが目立つ。恐らく20世紀後半のモロッコ音楽は、ホスィン・スラウイをひとつの参照点としながらも、別の様々な要素をも取り込みながら変化を続け、その中から現在のシャアビに繋がる流れも生まれていったと捉えるべきなのだろう。

 例えば、40年代ホスィン・スラウイがもたらした黎明期 〜 50/60年代の変革期 〜 70年代以降のポップ化、といったように時代区分して俯瞰することも可能かも知れず、そこにモロッコ大衆音楽の変遷を認めることができるように思える。モロッコ各地の広場で演じられていたベルベルの伝統音楽や大道芸から、現代ポップへの橋渡しを果たしたところに、「シャアビの父」たる所以を見てとれるのではないだろうか。

 

(続く)








# by desertjazz | 2021-04-10 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <9>_d0010432_15473138.jpg


■ホスィン・スラウイのレコード(6)

 <シングル/編集盤>

 フランスのパテとモロッコ(カサブランカ)のディスコフォン Discophone から、少なくとも以下の5種のシングルがリリースされたようだ。これらの中では”Mahlanzaha”(ディスコグラフィーの “Mahla Enzaha” CPT 7870?)が未聴なので、どういった作品なのかが気になる。

 Aita Badouia / Azin-Oualain (El Maricane) (EA 283 / G 1973)
 Alala Ilari / Ahdi Rassak (EA 284)
 Ya Ghrib Lak Allah / Ma Gal Lia (A 151)
 Mahlanzaha / Yal Calla (G 1964)
 Sid Lahbib / Ben Omrane (G 2006)

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <9>_d0010432_18011562.jpg


 また、フランスAAAからは "Hocine Slaoui / 20 années de succès" (Les Artistes Arabes Associés / Club du Disque Arabe CDA 72.526) と題するベスト盤 もリリースされている 。この LP には以下の12曲を収録しているように記載されている。
(余計なお世話かもしれないが、この LP のジャケットは実につまらない。これは、使えるポートレートがないための苦肉の策だったのだろうか? 「成功の20年」というアルバム・タイトルも謎だ。)

 (A) Aita Badaouia, Azin Oualain, A Yamna, Moudhicat Essahra, Mahla Nzaha, Hal Kas Hlou,
 (B) Ahdi Rassak, Yal Cahla, Alala Ilali, Sidi Lahbib, Essania Ouelbir, Ben Omran

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <9>_d0010432_21533603.jpg


 だがこの LP には、最後の "Ben Omran" は実際には収録されていない。この曲は "Anthologie de la Musique Arabe" のディスコグラフィーの最末尾に記載されているので、彼の最後の録音なのかもしれない。そう考えると、なおさらはっきりしたことを知りたくなる。


(以上のいくつかの曲名表記は SP盤とは異なるが、いずれもレコードの表記通りにした。)


(続く)








# by desertjazz | 2021-04-09 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <8>_d0010432_15473138.jpg


■ホスィン・スラウイのレコード(5)

 <パテ・マルコーニ 未詳録音>

 スラウイの録音のいくつかは、"Anthologie de la Musique Arabe (1906-1960)" のディスコグラフィーには掲載されていない。これは、ディスコグラフィーのリストから漏れたSP(曲)が存在するからなのか、それともディスコグラフィーには誤った曲名が記載されているだけで実際には同じ録音なのか。オリジナルの SP盤を入手することによって、正解を知りたいところである。

 まず “Ya Lalla” という曲が、ディスコグラフィーと符合しない。ウード、クラリネット、ドラムの3者が一体となった演奏が高いテンションを持続する録音で、女性歌手との歌い分けも印象的な曲である(”Ya Kahla” CPT7871 などの綴り違いかとも考えたが、聴き比べると明らかに別の曲である)。

 その他、先に触れた ”Harrouda”(または ”Errada”)や “Tamra Ya Hilwa” なども、リストの中に見当たらない。何より、なされたと伝えられる 40年代初期の録音がごっそり抜けているように思われる。これは記載されている録音年月が誤っているからなのか、あるいは(考えにくいのだが)このリストは再発盤を中心とするものなのか?? 

 今回はこのディスコグラフィーのデータに準じて彼の楽曲を整理してきたが、もっとデータを集めて検討し直す必要がありそうだ。何れにしても、彼の生涯の録音がディスコグラフィーに掲載されている 33曲を超えていたことは十分に考えられる。

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <8>_d0010432_13523742.jpg
Ahmed et Mohamed Ehabib Hachlef "Anthologie de la Musique Arabe (1906-1960)"
(Centre Culturel Algérien / Publisud, Paris, 1993)

 
(ちなみにこの本、エジプトやレバノンやアルジェリアなどの数多くの音楽家について解説しており、Mohamed Abdel Wahab、Oum Kaltsoum、そして名前しか知らない/名前も知らない音楽家たちの長大な SP のリストは壮観である。)


(続く)




***


 ところで、明日 4/9(金)に何か記念コンサートが開催されるようだ。

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <8>_d0010432_08402264.jpg





# by desertjazz | 2021-04-08 00:00 | 音 - Africa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30