Brazilian Discs

Brazilian Discs_d0010432_22242699.jpg
 11/2(月)も休暇を取って、10/31(土)〜11/3(火・祝日)を4連休にした。予定を何も入れずに数日間完全休養したのは、今年になって初めてなのではないだろうか。その4日間、東横線沿線の行きつけの飲食店を訪ね回って美味いもの三昧。また、新宿と渋谷を廻り歩き、スポーツショップでウェアをあれこれ買い込んだり、CDとDVDと書籍を久しぶりにまとめ買いしたり。日本でCDをこれだけまとめ買いしたのも、今年初のこと。

 今回買ったディスクはブラジルものが多くなった。ここ数年のワールドミュージックの中ではブラジル音楽が特に気分良く聴けているので、そうした自分の志向が現われたようだ。Seu Jorge のDVDは完全に期待外れ(どうしちゃったんだ?と言いたくなるほど)だったけれど、Partimpim と Ana Carolina の新作が聴けるだけでも嬉しい。と言いながら、読書やらその他のことやらで忙しく、全然聴く時間が取れない。まあ、少しずつでも聴いていこう。



 下に敷いたのは、リオデジャネイロのステーキレストラン Garota de Ipanema のテーブルに敷かれる紙。 イパネマ海岸に向かう途中の通り Rue Vinicius de Moraes に面するこの店は、ヴィニシウスとジョビンにゆかりの店として大変有名だ。こうした店だと味の方がイマイチだったりするのだが、ここはこのエリア内では結構美味い方で、2001年9月(予定では9月11日!にNYC経由でブラジル入りするはずだった)に短期間滞在した際に数度訪れた。そして記念にもらってきたのが、この使い捨ての紙。旅先の土産は買うのではなく、こうしたガラクタめいたちょっとしたものをタダで手に入れてくることを好んでいる。



 今日の夕方、EOS 用の安い単焦点レンズを購入(正確にはポイント交換)。早速試し撮りしてみた。デジタル用の50mmだと、使い方がかなり限定されるなぁ。
# by desertjazz | 2009-11-05 22:51

"Banjo"

\"Banjo\"_d0010432_22552677.jpg
 このところマルセイユからの連絡が続いている。数日前に届いたメールが知らせてきたのは、先月末にアップされた Moussu T の短編ビデオのこと。これは Tatou たちの "Banjo" プロジェクトに関するもので、私が恋したマルセイユの新旧の映像も楽しめる。

 "Banjo" というのは Claude McKay が1929年に発表した小説で、最近の Moussu T はこれに着想を得た音楽作りをしている。ならば、この小説も読んでおくべきかと思い、改めてページを繰ってみたのだが、、、。何とも不思議な綴りの英語だ、特に会話文の部分が。"Purple Hibiscus" もこの "Banjo" も読みたいのはやまやまなのだが、こうした本に取りかかると他の本が全然進まなくなってしまう。最近は読みたい本が山積みになっているだけに悩ましい。
# by desertjazz | 2009-11-04 23:57

Chimamanda Ngozi Adichie

Chimamanda Ngozi Adichie_d0010432_20383274.jpg
 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ Chimamanda Ngozi Adichie の短編集『アメリカにいる、きみ』(河出書房新社)を読了。

 C・N・アディーチェはアメリカ在住のナイジェリア人若手女流作家。最初に読んだ彼女の作品は長編2作目となる "Half of a Yellow Sun" (2006年) だった。ビアフラ戦争(1967-70)をテーマにした作品で、そのとてつもない緊張感の表現と展開のテンポの良さに圧倒された。1977年生まれの彼女がビアフラ戦争を実体験しているはずもなく、それでいながら内戦下右往左往する登場人物たちを描く筆致にリアリティーを感じさせられたことを記憶している。しかし苦手な英語とあって、話の筋が時々分からなくなり、また細かなニュアンスも捉えようがなかった。続いて長編1作目の "Purple Hibiscus" (2003年) に挑んだものの、こちらは全く歯が立たず。

( "Half of a Yellow Sun" では、途中、Rex Lawson の音楽のことが書かれていて、ニンマリした記憶がある。)

 これら2冊、いつか訳書が出ないものかと気にしていた。先日ふと思いついて検索してみたところ、すでに2年前に彼女の短編集が出ていたことを知り、それも当時結構話題になったらしく、慌てて購入。

 『アメリカにいる、きみ』は短編10本を日本独自に編纂したもの。これを読んで、彼女に対する驚きが一気に膨らんだ。 "Half of a Yellow Sun" と同様に、ナイジェリアの庶民の苦しみ(特殊な日常だ)を描いたり、アメリカやイギリスに渡ったナイジェリア人を主人公にしたりと、テーマは様々だが、書くべくして書いているという著者の明確な姿勢、意思や芯の強さといったものが、ひしひしと伝わってくる。 "Half of a Yellow Sun" で感じた緊張感やテンポの良さも、日本語になっても損なわれていない。登場人物は上流階級に属する者ばかりだが、決して嫌みにもなっていない。何より、人の心の少し深いところからふわっと浮いてくるような悲しみや暖かみの描写が絶妙だ。

 訳者の解説に紹介されたインタビューでの受け答えを読むと、彼女の頭脳の明晰さが伝わってくる。まだ32歳、これからが大変楽しみだ。"Half of a Yellow Sun" と "Purple Hibiscus" もじっくり味わいたいので、是非日本語版を出して欲しい。
# by desertjazz | 2009-11-01 12:00

Indonesian Textiles

Indonesian Textiles_d0010432_23364657.jpg
 先にアップした写真はコントラストが強すぎて布がよく見えないかと思い、別の写真もアップしてみます。

 写真の布はどちらもスマトラのもの。イカットやバティックは実用的なサイズであるの対して、スマトラのこうした布は幅が狭いので(所有しているものの幅は約25cm)、壁にかけたり、飾り棚に敷いたりして、室内のアクセントとして使うことが多い。よく見るとシミだらけなことが分かる通り、いずれも安物です(本当に価値のあるものだと、数千ドルもする)。



 このところ何故か古くからの友人や知人からの連絡や案内が相次いでいる。自分の生活にわずかながらゆとりのようなものが、やっと生まれかけていることを覗いていたかのようだ。以前と変わらずインターネットに対して心地悪さのようなものを感じ続けていて、このブログも終了しようかと時々思うのも相変わらず。しかし私のことを忘れずにいてくれる人がいるのならば、一度作ったパイプはもうしばらく維持し続けた方がいいのだろうか、などといったことも考える。そのような考えもあって、今月は少しあれこれ書いてみた。布に対する興味が復活してきたこともあって、何となく布を取り上げることが多かったが、まあ誰も関心は持たないだろうな、、、とは思いつつも。しかし、関心ゼロではなかったらしい。いずれにしても、布の話も本の話も音楽の話も、気の向くままに綴っているものなので、悪しからず。



 来月はまたいろいろなことを計画していて、音楽やインターネットからは今以上に遠ざかる暮らし方になりそう。ですので、更新はまた暫く休みがちになると思います。
# by desertjazz | 2009-10-30 23:37

Gamelan / Springsteen

Gamelan / Springsteen_d0010432_1575635.jpg

 アオラさんが "BALI 1928 GAMELAN GONG KEBYAR : BELALUAN - PANGKUNG - BUSUNGBIU" の国内盤サンプルを送ってきて下さったので、早速繰り返し聴いている。古のガムランの音は本当にいいなぁ。今夜は余計なことを語る気が起こりません。



 久しぶりに Bruce Springsteen の公式サイトを見て驚いた。現在進行中のツアーで、"Born To Run" などのアルバム全曲演奏を続けている。しかも事前予告して(昨年一度だけ、"Born To Run" と "Darkness On The Edge Of Town" の全曲演奏を行ったことが伏線になっているように思う)。70年代のアルバムを通して演奏されても、そこに同時代性は感じられるはずもなく、間違いなく冷めてしまうだろうと危惧するし、続出する「懐メロバンド」とある部分で同列視してしまう危険性も感じる。とは言いながら、来月1泊3日か0泊3日でどこかに飛べないものかと調べている(が、ちょっと無理みたいだ)。



 写真の布はスマトラのアンティークもの。王家で使用されていたものだと思う。スマトラの布は紅と金糸の組み合わせの見事さにため息が漏れる。バリ・ガムランの話なので、バリの布を、と思ったのだけれど、バリのアンティークの布はほとんど買っていないのではないだろうか。良質で大きなダブルイカットなどは、とてもじゃないが手が出ない。

 ライトスタンドはバリのN氏がバナナペーパーなどによって製作したもので、4年前に転居祝いとして彼からいただいた(彼の工房の作品は、丁寧に作られた職人芸のかたまりのような素晴らしいものばかり。実際、超高級ホテルのスイートルームなどでも使われている)。心を温めてくれるような暖かい明かりがとても気に入っている。

###

 最近は、CDは買わずに送られて来たサンプルを聴くくらいだし、食器も食材もあまり買わずにもらうことが多い。それで予算を捻出して毎月旅行に出かけているような暮らしです。

###

 22日の夜に "My Mondo Mix" の後に綴った3本も軽く整理してアップしました。まだきちんと読み直していないので、ケアレスミスなどがあればあとで修正します。
# by desertjazz | 2009-10-29 02:31

DJ

by desertjazz