秋の味

秋の味_d0010432_23551420.jpg
 今年も北海道の実家から野菜や果物などがどっさり送られてきた。近所の農家からの頂き物がありすぎて困ってしまうというので、そうした物を譲り受けている(実際に送られてきたのは、写真に映っている量の3〜4倍ほど)。先日も昆布やニンニクなどを沢山もらったばかりなのだが、こうした贈り物は実に有り難い。

 ここ数ヶ月ほどは週末ごとに、小旅行に出かけたり、遠方から来客があってその接待に外で贅沢な食事をしたりするのを除くと、ほぼ 100%自炊生活を送っている(昼は弁当持参を継続中)。夜に外で飲むこともなくなってしまった。なので、こうした食事の基本となる食材がタダで手に入るというのは、本当に助かる。

 そうした生活を楽しむべく、最近面白みを感じているのが、あちこちの市場やデパ地下などを廻り歩くこと。乾物屋で試し買いしたり、漬け物屋で味見したり、そのついでに和菓子屋に立ち寄っては上品な甘味に舌と心が喜んだり。美味しい食材を見つけると、周囲に配ってもいるのだが、こちらも大好評。また、知らない魚を目にする度に、捌いて何か作ってみたくなるものの、生憎まだそこまでのゆとりは持てないでいるのが残念だ。

 こんな廻り歩きを続けていると、新しい味に出会うことによって、生活がもっと豊かになっていくことが期待できそうだ(その分、レコード屋にも書店にも行く機会がいよいよ激減しているのだが)。例えば、、、気に入っていた雑穀ミックスを食べ切ってしまったので、同じものを探したが見つからず。諦めて、別の商品2種を試してみたものの、満足できなかった。そこで気分転換にキヌアのベジタブルミックス(南米アンデスの雑穀キヌアに乾燥野菜やスパイスを混ぜたもの)を米に混ぜて炊いてみたら、何とも美味なこと。くせになりそうな味で、今度弁当にも使ってみることにしよう。



 写真の皿は、先月、自由が丘の J-PERIOD でまとめ買いした食器のうちのひとつ。下に敷いた布は、アンティークもののキサール・イカット Kisar Ikat。鮮明な赤色の数々、極めて細やかなデザイン、ユーモラスな人型たちの連なり、そして大胆に配された黒色と、ミスマッチなようで面白いアクセントを生み出している黄色と緑色がとても気に入っている(いろいろ書きましたが、お気に入りの器と布を紹介したかっただけです)。
# by desertjazz | 2009-10-18 23:00

Moussu T

Moussu T_d0010432_629367.jpg
(Show case for press, Babel Med Music, Marseille 2009)

 この週末、フランスの映画会社とメールでやりとりした。この会社 Moussu T の映画を制作しているとのこと(2010年9月公開予定)。完成が楽しみ。

(この話、後で追記します。)
# by desertjazz | 2009-10-18 22:00

Habib Koite

Habib Koite_d0010432_2255070.jpg
 台湾で開催された Migration Music Festival の出演者たちのうち、唯一メインステージで単独ライブを行った Lo Còr de la Plana を除くと、他は皆 300人程度を収容するサブステージでのパフォーマンスとなった。それらの中で最も台湾人たちに楽しまれたのは、恐らくマリから来たアビブ・コワテ Habib Koite だったのではないだろうか。

 彼のバンド、バマダ Bamada を率いてやってくることはないと誰もが想像するだろう通り、今回はギター1本のみでの弾き語りだったのだが、これが実に良かった。彼のライブは毎度楽しいものなのだが、正直物足りなさを感じていることも事実である。それは、バンドと一緒に穏やかな曲を演奏するともっと音のスペースが欲しくなるということもあるが、一番不満に感じるのはアップ目の曲で乗り切れない点だ。彼のギターやマリのパーカッションがリズミックに演奏され、グルーヴ感が増していくような曲でも、それが頂点まで達し切らない。これは、実際に観たライブでの感想だし(ちょうど10年前には、こんなことも書いている。拙い文章だ)、2003年にリリースされた2枚組ライブ盤 "Habib Koite & Bamada / Foly! - Live Around The World" でも同様な感想を抱き、通して聴くのが辛かったほどである。

 それに対して、今回のソロでは、肩からちからがすっかり抜け、ゆったりとマイペースで演奏される音楽がとても心地よいものだった。完璧なテクニックとまでは言えないまでも、流麗に様々な表情の音を紡ぎ出す指さばきは抜群に素晴らしいく、彼のパーソナルな音楽を自然体で披露するかのような弾き語りが、とても愛おしいものに感じられた。英語で一曲ごとにその内容についてなされた丁寧な解説も、オーディエンスの笑いを誘うもので、語りの上手さも含めて彼のミュージシャンシップの高さを改めて認めたステージだった。
# by desertjazz | 2009-10-15 22:11

Sam Karpienia

Sam Karpienia_d0010432_059465.jpg
 Sam Karpienia のライブを観るのは、今年3月にマルセイユで開催された5回目となる Babel Med Music 以来2回目のこと(このステージ、一緒に観に行った菊地さんに教えていただかなかったら観逃すところだった。ので、菊地さんには改めて感謝!)。これらのライブと新作 "Extatic Malanconi" を繰り返し聴いて、彼らの魅力について考えてみた。

 まず、Sam の声。彼の声は Dupain 時代から大好きだった。乾いていて、鋭い刺に毒気を含んだような独得な声質、そこに哀感とセクシーさを感じる。微妙なビブラートのかかった節回しも魅力的だ。そして、2本のマンドーラのコンビネーション。どちらも、10弦張るところを複弦4コースの8本のみで演奏しているのだが、それらの太い音の響きあいが美しい。
 ステージではその Sam の歌と、2本のマンドーラが大爆発する。Sam の激情ヴォイス、それを覆い伏せるかのように掻きむしられるマンドーラ。特にマンドーラのサウンドが凄まじい。まるで爆音ロックで、それがドラムスと一体となってループするときのドライブ感がもう最高。マンドーラ2本+ドラムスというシンプルな編成であるだけに、そのドライブ感の効果は絶大である。
 そして、エフェクターを足で叩いた瞬間、弾く腕のストロークに力がこもり、コンソールのヘッドアンプがオーバーレベルとなったかのような痛いディストーションノイズが響き渡る。歌も演奏もひたすら熱い。台北では1曲目で Sam のマンドーラの弦が切れたほどだ。もう、ただただ音塊を浴びるばかり。それが突然ブレイクする。これの繰り返しで、聴くこちらもエクスタシーの絶頂!

 ただし、こうしたサウンドは好みがはっきり分かれるだろうと思う。台北では客席最前列、PAの真ん前で聴いていたのだが、マルセイユのときよりもやや音がおとなしく聞こえた。それでも1曲目が終わった途端に、最前列の客がほとんどいなくなった。恐らくはあまりの大音量に耐えかねたに違いない。それまでの出演者が弾き語りなど、穏やかなものが続いたために、期待に反して驚いてしまったという理由もあるのだろうが。

 台北での演奏の流れはマルセイユのときとほぼ一緒だったと思う。いずれともマンドーラを中心とする美しい爆音を浴びているだけで気持ちが良かったのだが、その一方でこのユニットにはこれから先にやり方は残っているのだろうかという疑問も浮かんで来た。シンプルな編成で音楽をやっているだけに、限界も感じられ、この先の展望が想像できない。レコーディングは "Extatic Malanconi" 1枚だけで終わる可能性もあると思う(幸先よく、このアルバムはフランスで好セールスとなっているらしいのだが)。

 こんなことを危惧していたら、Sam は現ユニット以外にも複数のプランを持っているとのことで、そのあたりについても Sam と Manu Theron が話してくれた。彼らが語ってくれたことについては、整理して改めて紹介したい。



 つい先ほどマルセイユから Moussu T に関する面白い情報(初耳!)が関係者から入ってきた。今夜もかなり酒が進んできたので、これについても後日とします。



(追記)

 Toshi さん、同じタイミングでライブの感想をアップしたのは奇遇ですね。

 ・ サム、もう一度弾いてくれ
# by desertjazz | 2009-10-15 01:46

Autograph / Sam Karpienia (cont.)

Autograph / Sam Karpienia (cont.)_d0010432_11794.jpg
 昨夜の続き。

 綴っている途中で気がついたのだが、サインをもらう気が薄れた原因として、アルバムのフォーマットが12インチ盤LPからCDに移行したことが大きいのだと思う。アルバムジャケットならば部屋に飾りたいと思うけれども、それよりもずっと小さなCDでは飾ってもあまり絵にならない。確かにCDにサインしてもらったことはほとんどなく、Youssou N'Dour などもほとんど古いアナログ盤のジャケットにサインをいただいている。

 今回台湾で Sam karpienia に会えるかも知れなかったので、新作CDを持っていって、それにサインをいただくことも考えた。しかしこれでは能がないというか、面白みに欠けるというか、そう思って、今度は違ったことを試みることにした。何かというと、自分が撮った写真にサインをいただくということ。昔フランスで撮った Dupain のステージ写真を A4サイズの印画紙にプリントし、コンサート会場まで携えていった。

 その Sam はバンドとしての出番がなかった3日の夜、ロビーに出て来た姿を見つけ「日本から来たあなたのファンです。この写真にサインを下さい」とお願いした。その一瞬 Sam は変な顔。それはそうだろう。まさか台湾で自分のファンが現われることなど、想像していなかったはず。それ以前に、自分のことは全く知られていないと信じて疑わなかったことだろうし。それでも、ニコニコ顔で受付の女性に「ここにサインするんだって、、、」と語りかけながら、しばらく思案してサインしてくれた。これがきっかけとなったのか、すっかり打ち解けて、いろいろなことを語ってくれるまでになった。配色を考えて選んだ銀色のペンの文字もいい感じで、今回の作戦は成功だったかな。額装して飾ることにしよう。



 背景に使った布は、インドネシアのバリ島のすぐ南に浮かぶ小島 ヌサペニダ Nusa Penida(ペニダ島)のもの。私のコレクションの中心をなすイカットでもアンティークのものでもない。だけれど、色具合がとっても良くて、結構気に入っている。大振りな布で、オーダーメイドした180cm長のダイニングテーブルの上にかけるとちょうど良いあんばいの大きさであり、色の相性も良いために、自宅で登場する出番の多い一枚になっている。
# by desertjazz | 2009-10-14 02:42

DJ

by desertjazz