読書メモ:加藤文元『数学の世界史』_d0010432_19451523.jpg


 加藤文元『数学の世界史』を読了(この著者は『宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃』を読んで知ったのだが、この本も刺激的だった)。大部分が以前から知っていることあり、また同じ内容の繰り返しも多いので、割とさらっと読めた(それでも、最終盤の第15章で取り上げられる集合論〜多様体〜圏論にかけては全く知識を持っていないため理解を超えていたが)。

 四大文明の中で萌芽したそれぞれの数学が、時代が進むに従ってどのような花を開かせていったかを、具体的な設問を例示しながら丁寧に解説していく。数学がいかに歴史そのものとリンクしていて、さらには地域性を持って進化したかが分かりやすく描かれており、そうした過程が実に興味深い。ただ、古代ギリシャの論証数学が「運動」を否定していた(物が動くことを認めない)という意味はよく分からなかった(それがその後の長年間、ギリシャなどで数学の進化を妨げる一方で、別の形での前進をもたらすことにもなったようなのだが)。

 それにしても、一体どの様にしてこのような解法を思いついたのかと嘆息することの連続。しかしそれらも突発的な思いつきではなかったのだろう。個人的には若い頃にニュートンの微分積分の発明(この本では「発見」となっている)を知った時に知的に興奮したものだが、それにも古くからの伏線があり段階を踏んで生まれたことだと認識した。

 簡潔に書くと、「数字の数学」と「図形の数学」の間での揺れ動きが繰り返され、両者が背中合わせの概念であることから、2つが一体化することで近代の数学が完成し、さらに実体イメージの湧かない抽象的空間概念とでもいうべき論理に突き進んでいく。そんな長いストーリーを振り返ってワクワクさせられた。

 読み通して思うことは、社会や国の発展には数学(に限らず学術全般)の進化が不可欠であったということ。古来より為政者が計算術や測量などに必要な学術を振興した国ほど強くなっていったのは当然だろう。その点、今の日本は国として教育に力を入れていない(教育の無償化をせず、奨学金制度も貧弱で、大学予算もどんんどん削減する)。これでは国力は衰えるばかりだし、実際それが今加速している。政府や大企業が目先の利益しか追わないという姿勢は、取り返しのできない自滅行為だと思う。

 さて次は、ボケ防止を目的に、山本義隆『磁力と重力の発見』に戻って続きを読もうか。それとも最近復刻して話題の(超難解な)ヨハン・ルードヴィッヒ・ノイマン『量子力学の数学的基礎 新装版』に挑戦しようか。学生時代に量子力学を学んでいたので、今読んでどれだけ理解できるかにも興味がある。






# by desertjazz | 2024-04-24 19:00 | 本 - Readings

読書メモ:安岡宏和『アンチ・ドムス 熱帯雨林のマルチスピーシーズ歴史生態学』_d0010432_16483521.jpg



 安岡宏和『アンチ・ドムス 熱帯雨林のマルチスピーシーズ歴史生態学』(京都大学学術出版会、2024)読了。これは同じ著者による『バカ・ピグミーの生態人類学 アフリカ熱帯雨林の狩猟採集生活の再検討』(京都大学アフリカ地域研究資料センター、2011)の増補改訂版ということで、今年2月の出版を心待ちにしていた。

 必要を感じて、このところ手元にあるブッシュマンに関する文献を全て読み直しているのだが、視点を変えて改めて読むと重大な見落としにも相次いで気がついてなかなか興味深い。それでも、ブッシュマンについてばかり読んでいても飽きてきたので、気分転換に『アンチ・ドムス』を読み始めた。しかし研究成果と緻密な思考結果について詳細に綴られ、また脚注もポイントの小さな文字でびっしり書かれているので(全460ページ)、さすがに疲れて読むペースが上がらず、読み終えるのに結構時間がかかってしまった。


 安岡は序章で(1)狩猟採集民はずっと狩猟採集民だったのか、(2)そもそも狩猟採集民とはどのような人々なのか、という2つの設問を提示する。これはいわゆる「ワイルドヤム・クエッション」を受けてのことなのだろう。その上で、自身や同僚たちによるカメルーンの森とそこに暮らすバカ・ピグミーに関するフィールドワークをもとに、ドムス(ドメスティケーションからの造語)、ドムス化、基軸ドムス化、共生成、双主体モデル、マルチスピーシーズ歴史生態学、等の概念を提唱しながら、設問への回答を導き出していく。

 狩猟採集民に関する研究が始まった頃には、彼らは純然たる野生の自然の中で、それら(のみ)を利用して生きてきた人々と捉えられてきた。
 しかし、狩猟採集民の暮らす熱帯には手付かずの大自然など存在し得ず、人々と自然(動植物)との相互作用の結果、森もそこに生きる生物たちも影響を受けてきた(里山がそうであるように、熱帯の森も人間の手が加わることによって荒廃を避け豊かになりうる一面もあることは、近年しばしば指摘されることだ)。
 また、狩猟採集民にしても、ある程度の農耕を行う者もおり、その度合いは絶えず変化してきた。つまり、狩猟採集に頼る割合は変化し続けたはずだろうから、古代からずっと狩猟採集のみに頼っているように見える民族でも、農耕生活から狩猟採集生活に戻った可能性もあるということだ。

 安岡はこうした諸々について論理展開していくのだが、言われてみれば当たり前と感じることばかり。私は研究者ではないので、簡単なことを小難しく語られているようにも感じてしまう。厳密に論理展開するとこうなるのか(完全には理解できていない)、著者の主張は結構批判も受けそうに思える一方で、自分の中で腑に落ちる部分が多いのだから、彼のロジックは正しく、私もそれについて概ね納得しているということか、などと考えるに止まった。いや、最初のフィールド調査から森のキャンプに帯同する幸運に恵まれ、GPSや特殊な撮影機材などを駆使した規模の大きな調査に関心し、その後の精緻な論理展開に苦しみながらも頷きつつ進み、大いに刺激を受け楽しませていただいた。

(序盤に設問設定する段階や最終盤で、ジェームズ・C・スコット『反穀物の人類史 国家誕生のディープヒストリー』が参照され、過去の読書がこのように結びつくのかという面白さもあった。)

読書メモ:安岡宏和『アンチ・ドムス 熱帯雨林のマルチスピーシーズ歴史生態学』_d0010432_16485227.jpg


 ピグミーとブッシュマン、同じく狩猟採集民と呼ばれながらも、一方は「森の民」、もう一方は「砂漠の民」。それなのに共通点の多いことは実に興味深い。狩猟採集生活が時代や地域によって揺れ動いてきたことも共通している(そもそも「ワイルドヤム・クエッション」は、ブッシュマンに関する「カラハリ・ディベート」のピグミー版といえるものだったし。ピグミーには、主要なムブティ、エフェ、アカ、バカを含めて18の民族、ブッシュマンも大別して3語族、細かく分けるとやはり10を超える民族がいて、それぞれが、また極論すれば個人レベルで異なる生活をしているのだが、ピグミーもブッシュマンも一括りにして語ることに限界がある点にも留意すべきだろう)。

 特に興味深いことは近年の動向である。例えばボツワナのブッシュマンは 1997年以降、動物保護区の外での定住が強いられているのだが、カメルーンのバカも自然保護の名のもとで森での狩猟が制限されて(実質的にできなくなって)きているという。そこでボツワナでもカメルーンでも、自然保護派と人権擁護派の対立が深まり、着地点を見出せなくなっている。
 『アクション別フィールドワーク入門』(世界思想社、2008)を読むと、ブッシュマン研究の丸山淳子とバカ・ピグミー研究の服部志帆の2人が、どちらも両陣営の間で板挟みになっている様子が吐露されている。

 現代、森や砂漠で暮らしてきた人々にとっての問題が解決しにくくなるのにともなって、彼らを研究対象とする学者たちにとっての問題も大きくなり続けている。ボツワナでもカメルーンでも(さらにはコンゴでも)狩猟採集民をフィールド研究するには限界があるのだろう。一時期そう考えるようになり、物によっては調査が制約されたらしく読んでいて苦しくなる研究書もあった。ところがそうとも言えないようだ。

 例えば丸山淳子の『変化を生きぬくブッシュマン 開発政策と先住民運動のはざまで』(世界思想社、2011)は、野生生物が息づく砂漠を追いやられ 1000人を超える大集落で生活するブッシュマンに関する研究であり、なんとも地道なテーマかと思いながら読んだのだが。それがブッシュマンたちが新たな形の狩猟採集を生み出していく姿が生き生きと描かれていて、実に痛快な読み物だった。この著者の大逆転劇にワクワクしながら読み終えた(その後も丸山の文章を探して読んでいるが、どれもが面白い)。

読書メモ:安岡宏和『アンチ・ドムス 熱帯雨林のマルチスピーシーズ歴史生態学』_d0010432_16492041.jpg

 今回読んだ安岡にしても、狩猟採集民研究に対する制約が多くなる中で、新たな研究手法を提示した点でも秀でた論考なのではないだろうか。


 カメルーンに関する研究書の中では、矢内原佑史『カメルーンにおけるヒップホップ・カルチャーの民族誌』も興味深いものだった。バカ・ピグミーに関しては『森棲みの生態誌 アフリカ熱帯林の人・自然・歴史』(京都大学学術出版会、2010)という大著2冊もある。カメルーンのピグミーについてもっと掘りだげてみたくなったので、服部志帆『森と人の共存への挑戦 カメルーンの熱帯雨林保護と狩猟採集民の生活・文化の両立に関する研究』(京都大学アフリカ地域研究資料センター、2012)も取り寄せた。次はこれを読もう。
(服部の名前は、ボニー・ヒューレット『アフリカの森の女たち 文化・進化・発達の人類学』(春風社、2020)の翻訳と挟まるコラムで知ったのだが、この本は構成が散漫でやや残念な1冊だった)。

読書メモ:安岡宏和『アンチ・ドムス 熱帯雨林のマルチスピーシーズ歴史生態学』_d0010432_16495549.jpg

読書メモ:安岡宏和『アンチ・ドムス 熱帯雨林のマルチスピーシーズ歴史生態学』_d0010432_16500535.jpg

読書メモ:安岡宏和『アンチ・ドムス 熱帯雨林のマルチスピーシーズ歴史生態学』_d0010432_16501264.jpg


**




# by desertjazz | 2024-04-20 17:00 | 本 - Readings

New Discs : South African Piano

New Discs : South African Piano_d0010432_13282917.jpg



 このところ、南アフリカ共和国のジャズを聴くことが増えている。それは、軽やかなサウンドが心地よいこともあるが、近年良質なリイシューが続いていて、それらを買い続けているからでもある。

 南アのジャズといえば、1964年の欧州ツアー中に亡命し、その後ロンドンのジャズシーンで大活躍した The Blue Notes の面々が真っ先に思い浮かぶ。Chris McGregor (piano)、Mongezi Feza (trumpet)、Dudu Pukwana (alto saxophone)、Johnny Dyani (bass)、Louis Moholo-Moholo (drums) といった名プレイヤーばかりだ。Dollar Brand (piano) や Hugh Masekela (Trumpet) など、アパルトヘイトから逃れてヨーロッパやアメリカで活動したミュージシャンたちも南ア・ジャズの代表格だろう(2年前に出た Dollar Brand 最初期の録音をコンパイルした "Plays Sphere Jazz" は、モンクなどからの影響が色濃い楽しい作品だった)。

New Discs : South African Piano_d0010432_11525638.jpg


 一方で、アパルトヘイト時代にも南アに留まり続け、地道に活動したミュージシャンたちも多い。そうしたミュージシャンたちの録音の発掘/リイシューが着々と進められ、いずれもが良くて歓喜している。

 そのような南ア・ジャズ盤の中で、最近また聴いているのは、ギデオン・ンクシュマル Gideon "Mgibe" Nxumalo とテテ・ンバンビサ Tete Mbambisa という2人のピアニストの関連作品群である。




 ギデオン・ンクシュマルは、1929年ケープ州の生まれ。彼のことは 1991年にリイシューされた "Jazz Fantasia" (Kippie Moeketsi や Dudu Pukwana も参加したライブ盤)を発売直後に買って知った。そのアルバムが 2019年に再びリイシュー。さらにセカンド・アルバム "Gideon Plays" も 2021年にリイシューされた。彼のメイン楽器はピアノであるものの、マリンバなども演奏しているところも面白い。

New Discs : South African Piano_d0010432_11574532.jpg


 彼のリーダーアルバムはこれら2枚だけと思っていたら、"Early-Mart" というもう1枚があり、これも最近リイシューされていることを知って取り急ぎ入手して聴いている。このアルバムは、The Blue Notes でも活動した後に亡くなった音楽仲間のドラマー Early Mabuza に捧げられたものなのだが、ギデオン・ンクシュマル自身もこの作品が録音・リリースされた 1970年に亡くなっている。

New Discs : South African Piano_d0010432_12012577.jpeg


  "Jazz Fantasia" (Renown, 1962)
  "Gideon Plays" (JAS Pride, 1968)
  "Early-Mart" (Soultown ,1970)



 1942年生まれのテテ・ンバンビサは、1960年代に Dudu Pukwana や Johnny Dyani らと共演してきたプレイヤー。彼がメンバーだった The Soul Jazzmen の "Inhlupeko Distress" (1969) が 2015年にリイシューされ、それ以来愛聴している。

New Discs : South African Piano_d0010432_12045369.jpg


 彼は 1970年代に "Tete's Big Sound" と "Did You Tell Your Mother " というリーダーアルバムを2枚出しているのだが、ありがたいことにそれらもリイシューされた。

New Discs : South African Piano_d0010432_12063061.jpg


 そして今度は、これら2枚の間の 1978年になされた未発表?録音がまとめてリリースされたものだから、またびっくり! その2枚組アルバム "African Day" を先日入手して楽しんでいるところだ。

New Discs : South African Piano_d0010432_12113203.jpg


 テテ・ンバンビサの作品を確認しようと思って Discogs を検索したところ、彼のアルバムが近年もう2枚出ていることを知った。どちらもヨーク大学の助力のもとで制作されたものらしいのだが、プレス数が少なかったからなのか、現在では入手不可のようだ。

 それでも、1枚目の "Black Heroes" はデジタル版がネット販売されているのを見つけて、早速ダウンロードして聴いたのだが、これが実にいい。'Black Heroes' や 'Stay Cool' といった長年のレパートリーをピアノ・ソロで演奏していて、例えば Bugge Wesseltoft の "Songs" や Keith Jarrett の "The Melody At Night, With You" のを連想させるような穏やかさなのだが、そこは南ア・ジャズなので弾むような節回しが魅力だ。テテは一人静かにスタジオでピアノに向かって演奏したのだろうと思ったのだが、雰囲気の良い空気が伝わってきて、その中でかすかに響く人の声が混じる。それで、これがライブ録音であることに気がついたのだった。聴いてみたいので、もう1枚の "One For Asa" もリイシューされないだろうか?

New Discs : South African Piano_d0010432_12232402.jpg


 そのテテさん、80歳を超えた今もお元気らしい。時々ライブも行っているようで、近影もネットで拝見することができる。

New Discs : South African Piano_d0010432_12254659.jpg


 "Tete's Big Sound" (The Sun, 1976)
 "Did You Tell Your Mother" (The Sun, 1979)

 "Black Heroes" (JISA, 2012)
 "One For Asa" (JISA, 2017)

 "African Day" (As-Shams Music/The Sun, 2024)



 ピアノ奏者以外にも目を向けると、Winston "Mankunku" Ngozi (tenor sax) の名盤 "Yakhal' Inkomo" や、そのマンクンクも参加した The Chris Schilder Quintet Featuring Mankunku "Spring" がリイシュー。Basil Mannenberg Coetzee (tenor sax) や Kippie Moketsi (alto sax) の参加作も As-Shams Music/The Sun から次々とリイシューされている(Pat Matshikiza & Hippie Moketsi "Shona!"、Pat Matshikiza "Sikiza Matshikiza"、Lionel Pillay & Basil Mannenberg Coetzee "Shrimp Boats" など)。

 Matsuli Music などからリイシューされているこうした南ア・ジャズのアルバムは、ほとんどがヴァイナル・リリース。ジャケは丁寧な作りで、レコード盤の厚いものが多いことはいい。その一方で、クレジットが記載されていないものの多いことは不満だし、まれに傷盤(これは Matsuli 盤ではない)を手にして品質管理ができていないことにもガッカリ。

 そして、とにかく高い! 円安のせいで、それがますます加速している。「高すぎだ」とぼやき続けながらも何とか買い続けているのだけれど。

 Tete Mbambisa の "Did You Tell Your Mother " は内容がとても良いものの、元々持っていなかったのでフィジカルが欲しい。しかしリイシュー盤ですら出た時に 6000円くらいしたのでさすがに諦めたのだが、今は1万円出しても買えない。やっぱり買っておくべきだったかと思いつつ、ストリーミングで聴いている。

 渡英組のリイシューも着々と進んでいて、Dudu Pukwana などの主要ミュージシャンをフォローするだけでも一苦労だ。変わったところではイギリスのライター Chris Searle の最新評論集 "Talking The Groove: Jazz Words from the Morning Star" (Jazz in Britain, 2024) の付属 CD(2枚セット)に Chris McGregor の 1967〜1970年の未発表録音がたっぷり収録されている。共演ミュージシャンは、Mongezi Feza、Dudu Pukwana、Dave Holland、Malcolm Griffiths、Mike Osborne、John Surman、Louis Moholo、Harry Beckett、Nick Evans、Alan Skidmore、Harry Miller などという豪華さ(John Stevens、Kenny Wheeler、Trevor Watts、Tubby Hayes、Stan Tracey らの未発表録音も収録)。ただしいずれも個人蔵の音源からの復刻で、発売できるクオリティーには程遠いのが残念。

New Discs : South African Piano_d0010432_13283966.jpg


(南ア・ジャズのリイシュー、ピアニスト以外も取り上げ始めるとキリがないので、そうした作品の紹介はまたいつか改めて。)



 リイシュー続く南アのジャズ。それを後押ししているのには、現代の南ア・ジャズが活況を呈していることも大きいだろう。

 その筆頭はンドゥドゥゾ・マカティーニ Nduduzo Makhathini だ。大手ブルーノートと契約した1作目 "Modes Of Communication: Letters From The Underworlds" も良かったが、続く "In The Spirit Of Ntu" の素晴らしかったこと。近年のジャズの中でも傑出した1枚だと思う。

New Discs : South African Piano_d0010432_13133638.jpg


 そのンドゥドゥゾ・マカティーニがまもなく新作をリリースするので楽しみで仕方ない。彼は今話題の Shabaka Hutchings 改め Shabaka の最新作にも参加している。このアルバムもとてもいい。







# by desertjazz | 2024-04-19 14:00 | 音 - Africa

読書メモ:鳥海基樹『マルセイユ・ユーロメディテラネ:文化化と享楽の衰退港湾都市再生』_d0010432_14132304.jpg


 鳥海基樹『マルセイユ・ユーロメディテラネ:文化化と享楽の衰退港湾都市再生』(美学出版、2022)読了。陣野俊史『ジダン研究』(カンゼン、2023)で参考文献に挙げられているのを目にして即座に購入し、この年末年始貪るように読んだ。

 南仏マルセイユの近年の都市再開発について詳述した専門書/研究書であり、またかなり厚い本でもあるので、一般人向けの読み物とは言い難い。しかし私はここ約30年の間、ほぼ3〜4年おきに都合8回マルセイユを訪れていることもあって、とても興味深く読んだ(テキスト量も膨大だが、写真や地図、図表もふんだんに掲載されているので、サクサク読み進む)。

 近年マルセイユは「欧州地中海派遣都市建設構想(ユーロメディテラネ)」を掲げて、再開発を大規模に押し進めてきた。旧港南部の商業施設の整備、Fiesta des Suds(南のフェスティバル)の開始、そのフェスの Le Dock から J4 への移転、ショッピングセンター横の地下遺跡の展示、欧州文化都市に選出(2013年)、中央駅(サン=シャルル駅)の整備(その前の巨大な石段の浄化)、駅に隣接するバスターミナルの建設、駅周辺のホテル建設(東横インも!)、マグレブや貧民層が多く暮らすベルザンス地区の再開発、エクス門周辺の整備(高速道路のルート変更)、トラムの整備とそのルート延伸、新港の大規模開発、旧港の観光開発(当初評判の悪かった巨大ミラーの日除け)、欧州地中海文明博物館(MuCEM)と空中回廊と地中海ヴィラの建設(前の2つは美しい建築だがヴィラは醜悪)、等々。この本の中で語られる様子は随時目撃してきたので、ある意味、定点観測してきた立場からマルセイユの近年の歩みを振り返ることができた。

 丘の頂に建つノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院がマルセイユのシンボルとして有名であるのに対して、港の脇にある巨大な大聖堂を気にすることが長年なかった。それがここ最近はマルセイユに行く度に目にとまって、それで自然と足を運ぶようになっている。このようにマルセイユ大聖堂が前景化したのには、その足元に「マジョールのヴォールト」なる広大なブティック街が出来たからで、これもユーロメディテラネがもたらしたものだったのだ(私がこの周辺を歩き回るのには Fiesta des Suds の会場とアーティストが宿泊するホテルが近いこともあるが)。

 そうした近年の大規模開発は、欧州文化都市(2013年の1年限りだが。この時テーマソングを歌った Gari Greu に Fiesta des Suds でインタビューしたことが懐かしい)の役割を果たすべく、マルセイユ自らが積極的に動いて実現させたものだと思っていた。しかし、実際は中央政府の力で動いた部分が多く、そのことが意外だった。マルセイユは長年右派と左派の対立が続き、互いの足のひっぱり合いが繰り返され、何も決められない/何も進められない「マルセイユ病」に陥っているという。マルセイユをそのような状態から救うには、外圧がどうしても必要だったということか。

 マルセイユを訪れても、距離的に近いプロヴァンスの周辺自治体の情報に触れることがほとんどない。例えばエクス=アン=プロヴァンスとも連携関係が全く感じられず不思議に思っていたのだが、それも実際その通りであることを今回知った。同じフランス南部同志で手を繋いで発展するよりも、互いを競争相手と見做し分断と対立が顕在化していたようだ。

 ここ20〜30年のマルセイユの文化面とスポーツ面を象徴するのは、ヒップホップとジダンだろう。この本ではジダンや Massilia Sound System(特に Tatou)をマルセイユの重要なアイコンとして描いている点も読みどころだ。

 繰り返し読んでいる深沢克己『マルセイユの都市空間 幻想と実存のあいだで』(刀水書房、2017)が、紀元前まで遡って語られるマッサリア〜マルセイユの通史であるのに対して、この本は濃密限りない現代史であり、両者を合わせて読むことでマルセイユへの理解が深まる。

 街の見た目は少しずつ綺麗になり、治安も改善してきた一方で、「マルセイユ病」に象徴されるように問題も山積。しかし、私はこの街が恋しくて仕方ない。残念なことに、ベルザンスや旧港エリアにあったお気に入りのクスクス・レストランも、同じくベルザンスに並んでいたカセット/CDショップも全てなくなってしまった。それでも『マルセイユ・ユーロメディテラネ』を読んだがために、無性にまたこの街に戻りたくなっている。







# by desertjazz | 2024-03-30 17:03 | 本 - Readings

読書メモ:パオロ・ジョルダーノ『タスマニア』_d0010432_16053887.jpg


 素晴らしいデビュー長編『素数たちの孤独』ですっかりハマってしまったイタリアの小説家、パオロ・ジョルダーノの新作『タスマニア』を読了。

 今回のテーマは原爆? 気候変動? そのようなことは予想していなかったのだが、物理学者らしく、興味深い科学情報が随所に折り込まれ、ストーリーの中で微妙に結びついていく面白さがあって、今回も楽しませてもらった。

 舞台はフランスやイタリア、カリブ、さらには日本へと行ったり来たり。やたらと地名、通り名、店名、ホテル名、料理名などが出てくるので(まるでウエルベックの小説みたいだ?)、その度にネット検索/Google Map 検索。そのためか、次第に旅行日誌を読んでいるような気分にもなってくる。いつもと比べて何かおかしいと感じていたら、最後にネタ明かし。やはりそうだったのか(ネタバレになるのでこれ以上は書かない)。ただし、その分だけ小説としての味が削がれているようにも思うのだが。

 そのような作品なので、『素数たちの孤独』や『天に焦がれて』のような、ある種の切なさのようなものを求めて読むと、その期待は裏切られるかもしれない。

 この作品は著者の新たな挑戦であり、世界的なパンデミックの中で『コロナの時代の僕ら』を著した影響も大きく作用していることだろう。また著者自身が心の避難場所を求めているようにも感じられた(しかしどうしてタスマニア?)。

 全体的に不要と思われる細かな記述が散見され、また最終章は弱いとも感じた。しかしそれらは彼の挑戦の結果であり、また著者の真摯さと生真面目さの表れでもあるのだろう。


(全くの偶然なのだが、オーストラリアでタスマニアのワインを堪能して帰国し、友人がタスマニアを旅行中(トレッキング中)に、この小説を読み終えた。)




 余談になるが、パオロ・ジョルダーノの出身地トリノには昔、1996年に一度だけ滞在したことがある。憶えているのは、雪をいただいたアルプスの美しい眺めと、薄焼きのピザが美味かったことと、あるレストランのこと。

 美味い店がどこにあるかはドライバーに訊けという格言の通り、土地勘のないトリノでも乗ったタクシーで「美味いレストランは?」と訊ねた。紳士風のそのドライバーが薦める店に予約を入れ開店時刻に行くと、入り口付近のテーブルに全く同じ赤ワインが50本ほど並べられ、しかも全て栓が抜かれている。それだけ店が自信を持っているワインということなのだろう。実際、その後にやってきた客は誰もがそのワインを飲んでいたし、迷わずそのワインを選んだ私たちも本当に美味しいと感じた。もちろん料理も抜群に美味しかった。ドライバー氏に感謝!

 レストランの名前は La Capannina、ワインの銘柄は Dolcetto D'alba。ネット検索すると公式サイトがすぐに見つかった。この店は今も続いているようだ。







# by desertjazz | 2024-03-30 17:02 | 本 - Readings

DJ

by desertjazz