Reissue of Gëstu de Dakar \"Diabar\"_d0010432_16201426.jpg



 個人的には、アフリカ音楽の中でも、70年代から80年代初頭にかけてのセネガル黄金時代に特に興味を持っている。この時代の音楽についてもっと知りたいと思い、先日紹介した Gëstu de Dakar "Diabar" のリマスター盤を買ってみた。レコードに封入されている4ページの解説に惹かれて。

 今回リマスタリングされた音は、当然ながらオリジナル盤の音には敵わない。そもそも何十年も昔の録音だと、マスターテープの劣化が進んでいて、一般的にリマスターには限度がある。そのことは、ジャズであろうとロックであろうと、ジャンルを問わず変わらないことは言うまでもない。しかし、この名盤が初めてリイシューされたこと自体はとても喜ばしい。

 このアルバム、改めて聴いてみると、アフロキューバン的な曲と、プレ・ンバラ的な曲が混在していて、良い意味で時代を感じさせる。70年代後半から80年代初頭にかけてのセネガルと言うと、Orchestra Baobab、Star Number One、Etoile de Dakar といった名前が真っ先にあがる。だが、このブログで再三取り上げている Le Sahel("Bamba" は 70年代の最重要作品のひとつ)や Guelewear や、この stu de Dakar も個人的には重要視している大好きなバンドたちだ。"Diabar" も、ラテン風なサウンドからンバラへの橋渡しとなっているところが魅力だろう。

 さて、お目当の解説書。期待した通りの内容で、買って正解だった。まず珍しい写真が大判で掲載されている。そしてライナーノートには貴重な情報がいくつも(贅沢を言えば、もっとたっぷり長いものを読みたいのだけれど)。以下、いくつかメモしておこう。

(この解説、フランス語でしか書かれておらず、一瞬困ったのだが、印刷されているQRコードを読み取ると、Syllart 公式サイトの中の英語版ライナーのページを開くことができる。)

Reissue of Gëstu de Dakar \"Diabar\"_d0010432_15341624.jpg



・Gëstu de Dakar は、ダカールの Gibraltar 近郊で、20代の若者たちにより結成されたオーケストラ。リーダーは Ass El Haji Malick Diouf。Gëstu はウォロフ語で「精神的な内省」(spiritual introspection)を意味し、彼らの哲学的野心を表明している。

・結成は 1980年。当初はダカールの Palladium のような小さなクラブ、コロバンのナイトクラブ、チエスの Gorome といった場所でプレイしていた。そして、バオバブのバルテレミ・アティッソの目に留まる。(・・・それで LP の裏にバオバブへの謝辞が書かれているのだな。)

・アルバムがレコーディングされたのは、サンゴール大統領の息子フランシスが 1978年に設立したスタジオ Golden Baobab(または Keur Francis)。このスタジオでは 16トラック・レコーディングが可能で、80年にはセネガル音楽の重要拠点になっていた。

・プロデューサーは 23歳のイブラヒマ・シラ。彼はフランシスとハイスクール時代に知り合い、親友、そして音楽制作のパートナーになった。イブラヒマはパリ留学から帰国し、Baobab や Ouza のアルバム制作を成功させたところだった。そのイブラヒマに Gëstu de Dakar が積極的に働きかけた。

・1981年に行われたレコーディングにおいて、サウンド・エンジニアの助言もあって、バンド編成を拡張。ウォロフとセレレで歌われる一方、メンバーにはソニンケ人やペウル人もいるという、他民族バンド。(・・・いかにもセネガルらしい。)

・タムタムはまだ使われておらず、ドラム、ティンバレス、トゥンバにキューバ音楽からの影響が色濃い。

・1981年にアルバムがリリースされ、クラブ Niney でバオバブの前座を勤めることでファンを獲得。しかし、アルバムはさほど売れなかったようだ。(・・・実際、決定的なキラーチューンはなく、他の有名バンドに比べて優れたシンガーがいなかったことが弱みか?)

・アルバム・カバーをデザインしたイブラヒマ・シラの友人 Djibathen Smabou についても触れられている(先日の記事で書き忘れたが、Syllart のレーベルのロゴ・マークをデザインしたのも彼だ)。このジャケット画、ちょっとおどろおどろしい印象の白黒画なのだが、そこにはある強い意味が込められたいた(興味のある方はライナーをご一読ください)。そのために、宗教界から反感を買い、ラジオでのオンエアも拒否されたらしい。

・これだけのバンドがアルバム1枚しか残せなかったのが疑問だったのだが、ヴォーカルの弱さや、ジャケ画への反感も影響したのだろう。その結果、メンバーたちは離散するものの、それぞれ Baobab、Ouza、Kine Lam、Super Diamono、Ismael Lo、Thione Seck などのグループに移籍したり、ヨーロッパに活動拠点を移したり。(・・・まあ、それだけ皆、実力があったということなのだろう。)


 このように活動期間がとても短かった Gëstu de Dakar。しかしそれでも、彼らの唯一のアルバム "Diabar" もまた、セネガル音楽のベルエポックを記録した1枚だと思う。






# by desertjazz | 2021-03-28 10:00 | 音 - Africa

映画:『春江水暖』、『そして俺は、ここにいない。』_d0010432_22153791.jpg


 話題の中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』を Bunkamura で終了間際(残り3日)にようやく観てきた。確かに「傑作」と賞賛されるだけのことはある。

 http://www.moviola.jp/shunkosuidan/

 開発が進む現代中国。風景が変わっていくことと、その中で暮らす家族の関係性がテーマなのだろう。そのストーリーにはドラマ的なありきたりなものを感じたが、それでも(それゆえに)感じさせるものがあった。自身、80年代、90年代に、都合7ヶ月旅した国なので、スクリーンのくすんだ景色を眺めながら、心の中でひたすら「懐かしい」とつぶやいていた(杭州には行ったことないが)。

 映像的には独特な美しさが感じられる。そして、遠目かつ超長回しが特徴。やりすぎ感満載なのだが、ファースト・カットからどれだけ計算しているのか。デート・シーンはそのハイライトだろう。音も秀逸で、SE の選択、音楽の入り方が実にいい。特にアンビエントな音楽が素晴らしい。調べてみるとドウ・ウェイ(フェイ・ウォンの元旦那)だった。なるほど。

 俳優たちの演技が実に自然だと思ったら、本職を演じていたり、夫婦や親子が実際その通りの関係だったり。アジアの家族映画としては、最近では『万引き家族』や『パラサイト』の評価が高いが、個人的には『春江水暖』に惹かれるな。

 それにしても、グーシーちゃん、可愛かった。

映画:『春江水暖』、『そして俺は、ここにいない。』_d0010432_22242713.jpg



 先日観た Netflix の "I'm No Longer Here"『そして俺は、ここにいない。』は、一時期メキシコでクンビアが流行した実話(知らなかった)に基づいた映画。ダサいんだけれど、切ない。なかなか興味深い作品だった。

 https://www.netflix.com/jp/title/81025595?trkid=13747225&s=i&t=twt

映画:『春江水暖』、『そして俺は、ここにいない。』_d0010432_00572050.jpg





# by desertjazz | 2021-03-26 22:00 | 美 - Art/Museum

Syllart Records 40 Years


 問題:これらアルバムに共通することは何でしょう?

Syllart Records 40 Years_d0010432_16413234.jpg


Syllart Records 40 Years_d0010432_16413517.jpg


Syllart Records 40 Years_d0010432_16413886.jpg


Syllart Records 40 Years_d0010432_16414009.jpg


Syllart Records 40 Years_d0010432_16414346.jpg


Syllart Records 40 Years_d0010432_16414611.jpg


Syllart Records 40 Years_d0010432_16414940.jpg


Syllart Records 40 Years_d0010432_16415266.jpg



 アフリカ音楽ファンの多くが長年お世話になってきた音楽レーベルのひとつ Syllart Records が、今年で設立40年になる。イブラヒマ・シラ Ibrahima Sylla がこのシラート・レコーズを始めたのは 1981年。しかし、その前年の 80年には Productions JAMBAAR の名の下でアフリカン・ポップのレコードを5枚制作している。そして翌年から Production Syllart のレーベル名でリリースを始めるのだが、最初の3枚だけカタログ・ナンバーは、その後の SYL ではなく、MINI-B-S- で始まっている。


 Baobab-Gouye-Gui de Dakar "Mouhamadou Mamba" (JM 5000)
 Guelewars Band of Banjul "Taste" (JM 5001)
 Ouza et Teranga International Band "With(Solitude)" (JM 5002)
 Orchestre de Ouza et ses Ouzettes de Dakar "Lat-Dior" (JM 5003)
 Bobab Gouyi-Gui de Dakar "Si Bou Odia" (JM 5004)

 Baobab-Gouye-Gui "Sibou Odia (Marathon) Ca Va Chauffer." (MINI-B-S-15155-01)
 Gestu de Dakar "Diabar" (MINI-B-S-15155-02)
 Ismaila Lo '81 "L'homme Orchestre" "Gor Sabina." (MINI-B-S-15155-03)


 いずれのアルバムとも、セネガンビアの良質なポップや初期のンバラを楽しめる内容だ。Baobab-Gouye-Gui de Dakar とはもちろんオーケストラ・バオバブのこと。Ismaila Lo はイスマエル・ローで、このアルバムは彼のファーストである。

 ということで、問題の答えは「イブラヒマ・シラのシラート・レコーズが設立する直前・直後のアルバム7枚」。


 実はこれらのアルバムには、もうひとつ共通点がある(最後の Ismaila Lo を除く)。それは Djibathen Sambou なる画家がデザインを担当していること。これらの LP は全てダカールで見つけてきたもので、ジャケットが良いこともあって買い取ってきた。だがその時点では、同じ画家の描いた絵であることまでは気がつかなかった。


Syllart Records 40 Years_d0010432_16542321.jpg



 その Djibathen Sambou 氏は今もお元気らしく、彼の Facebook では最近の作品を見ることもできる。しばらく前にはインタビュー記事も見かけたし、シラートの紹介記事でも彼のことが取り上げられていた。

(参考)https://pan-african-music.com/syllart-lhistoire-continue/


 残念ながらシラさんは 2013年12月30日に亡くなられた。だが、レーベルはお嬢さんの Binetou Sylla さんが引き継ぎ、現在も活動を継続している。注目すべきは、Gestu de Dakar "Diabar" など、上のリストの何枚かが最近 LPフォーマットでストレート・リイシューされたこと。ジャケも音楽内容もいいので、アフリカ音楽ファンは要チェックです!

(参考)https://pan-african-music.com/syllart-de-pere-en-fille/


Syllart Records 40 Years_d0010432_17014705.jpg


(バオバブのこのアルバムに大判のポスターが封入されていることは、以前にもブログに書きました。)









# by desertjazz | 2021-03-07 18:00 | 音 - Africa

New Year 2021

New Year 2021_d0010432_15031605.jpg



 2021.01.01

 また新しい年が巡ってきました。
 しかし「おめでとう」とは素直に言いにくい年明けです。
 今年も困難続きの年になることでしょう。
 それでも、前向きに希望を持って進みたい。
 無理せずマイペースで日々を過ごしたい。
 そして、楽しいことを追い求めたいと思います。

 今年が穏やかな年になりますように。
 そして、皆さんにとって良い1年になりますように。

 本年もよろしくお願いします!


(写真は、2020年12月22日に、新潟県南部の某有名スポットにて撮影。)






# by desertjazz | 2021-01-01 00:00

2020年の終わりに

2020年の終わりに_d0010432_22521355.jpg


 一年の終わりに何を聴こうかと瞬時考えて、選んだのは大好きな2つのアルバム。今まで針を落としていなかったリマスター盤を何となく引っ張り出してきて、久しぶりに通して聴いた。

 今年は、新しい作品よりも昔から好きだった音楽を聴くことが多くなった。コロナで気が沈んでいたのは確かだが、自分に残された時間を考えると、新しい音を追い求めるよりも、本当に好きな音楽を聴いている方が気が楽だった。なぜかコロナで忙しく、時間的余裕がなかったので尚更だ。

 スプリングスティーンのこれら2枚は、決してレコーディングが上手く行ったとは言えない「眠い音」なので、今の音も聴きたくはなるのだけれど。(正直、このリマスターは音が改善されているとは感じなかった。)


 スプリングスティーンについて言えば、昨年までの3年間、オークランド、シドニー、ニューヨークと、追い立てられるように彼のライブに足を運んだ。他にも新たな刺激を求めて、アルメニア、ジョージア、トルコ、ラオスなどを旅した。好きなミュージシャンは観られる時に観ておこう、行きたい所には自分の体が動くうちに行っておこうと、自分に言い聞かせての旅になったのだが。

 それがコロナのために、全く別の形で本当になってしまった。なので、繰り返し海外まで行ってスプリングスティーンを見てきてよかったし、無理してでも海外を往復して本当によかったとも思う。


 人類がコロナとの闘いに勝てるのかどうか、自分には全く分からない。未来について、何も予測できない。そして、どうしても聴きたい音楽も、どうしても行きたい場所も、これまでの経験した以上にはほとんどない。

 でも、またライブを楽しみたい、海外でゆったり寛ぎたい。漠然とそんなことを思う 2020年最後の夜。

 たっぷり飲みながら、そんなことを考えている。






# by desertjazz | 2020-12-31 23:00
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31